2014年09月

【会報239】 「パ・リーグTV」の一時解約をお忘れなく

いよいよ明日(1日)のQVCマリンでの西武戦
が今年のマリーンズ(1軍)ラストゲーム。

ということで、「特に他チームの試合は
見ないです」という方は、本日30日(火)
23:59までに「パ・リーグTVの一時解約」

をお忘れなくお済ませ下さい。

他チームの試合もダイジェストだけなら
Yahoo内の「Sports Navi → プロ野球」から
無料で見ることができますし。

解約が明日1日(水)になると、

TEAM26会員  1,026円(税込)
それ以外    1,566円(税込)


の10月1ヶ月分の利用料がまるまる追加請求
されます。

1試合(厳密には翌日昼まで)のみ観戦可能な
「1試合チケット」が「648円(税込)」です
から、「明日の西武戦だけは見たい」と
いう方も明日になる前に一旦解約して、
明日になってから「1試合チケット」を
購入した方が少なくとも378円はお得になる
計算
です。

昨年は10月まで加入を継続する意味が大いに
あったんですがね…。

残念ながら「試合消化がスムーズなBクラス
確定チームの宿命」
といったところで
しょうか。


※パ・リーグTVに加入されていない方は
「あ~ そういうものなのね」と思って
いただけたら幸いです。


◆◇◆「パ・リーグTV」忘れずに一時解約しておきます。 という方はぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報238】 角中の値千金の8号2ランで、里崎の引退試合と涌井の今季マリン初勝利に花を添える

~2014公式戦 9月28日(日) QVCマリン~
対オリックス 11勝13敗
2014通算 65勝76敗2分 5位

千葉ロッテ 4-2 オリックス

勝 涌井 8勝12敗
敗 吉田一 5勝6敗
S 西野 1勝1敗31S
本 角中8号②


スコアはこちら


今季限りで引退する里崎の引退試合と、涌井
の移籍後QVCマリン初勝利に花を添えたのは
この日4番に入った角中の一発でした。

3回、先頭の岡田がセカンドへの内野安打で
出塁し、1アウト後二盗を決めます。

マウンドには「必勝」を期してか先発の吉田
一をこの回途中からリリーフしたマエストリ。

カウント2-1から角中が放った低い弾道の
打球はそのままライトスタンドへ。

角中の8号2ランが貴重な追加点となり、
この試合の決勝点となりました。

先発涌井は6回までなんとか2失点ピッチング。

4回は大嶺翔の2エラーに足を引っ張られ
ましたが、変化球のコントロールがままならず
5回以外毎回ランナーを許していましたから、内容としては8回に崩れた前回登板(21日
日曜のオリックス戦)の方がいくらか良かった
ように思えます。

まぁこれで涌井はやっとQVCマリン初勝利。
一時期は昔の前田・園川ばりに「15敗」とか
するのかと思いましたが、なんとか移籍
1年目は「8勝12敗」で踏ん張りました。

でも年棒には全くもって見合ってませんけど…。
2億2,000万なら最低限勝ち負け反対ですね。
(12勝8敗)

大嶺翔の2エラーは…。
前日のイースタンの横須賀では土のグラウンド
で守備位置がショート→セカンドでしたし
勝手が違うのはわかりますが、もう少し
確実性を上げないと一軍「定着」は厳しそう。

あと「肩が痛いのでもう今季の登板はなし」
と言われていた西野が9回に登板。
オリックス打線をあっさり3人で抑えました。

本人曰く「マスコミが大げさに書きすぎ」
らしい
ですが…。
まぁ無理してなければいいんですけどね。


里崎の引退セレモニーは試合後に引き続いて
中継を行ってくれた「パ・リーグTV」で
見ていましたが、球団オーナーから監督・
コーチ、選手、裏方さんにまでまんべんなく
お礼の言葉を述べていたのが里崎らしく
好感が持てました。


場内を一周する際にはフィールドウィング
シートのほぼすべての観客とハイタッチをし、
またセレモニー終了後は球場正面ステージ
で9年ぶりに歌を披露するなど最後まで
ファンを大事にする姿も変わらなかった
ですし。

残念なのは試合中、セレモニー時とも
応援団が現応援歌(とセレモニー時はチャンス
テーマ1)しか演奏しなかった
ことでしょうか。

セレモニーの後、YouTubeで2005年のプレー
オフ第5戦の逆転タイムリー2塁打や2006年・
2007年の雨の神宮での「里崎ドカン」、
2010年クライマックス第1Sの神懸かり的な
活躍や日本シリーズでのフジ三宅アナの
名実況などを個人的に見ていましたが、
やはり2005年~2007年の活躍時には
旧チャンステーマの「SKINHEAD RUNNING」
が後ろで流れており、得点をあげた後は
「Kissは目にして」なんですよね。

あとは2009年まで使われた「旧応援歌」も
6年以上マリーンズファンの方にはおなじみ
でしょうし。

応援歌・応援団が変わった経緯を考えると
難しいのは重々承知ですが、最後のセレモニー
の時ぐらいは「旧応援歌」「SKINHEAD RUN
NING」もあわせて演奏するぐらいの
演出
があっても良かったように感じます。


◆◇◆「里崎現役最後の日ぐらい、旧応援歌・旧チャンステーマも聴きたかった」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報237】 イースタンが優勝した瞬間に手のひらを返すなよ…

去る今月15日(月・祝)にイースタンリーグ
優勝を決めたマリーンズのファーム(二軍)。

優勝決定戦の予告もなく、(まぁ申し訳ない
程度の観戦設備しかないロッテ浦和球場に
お客が集まり過ぎるのを懸念したのかも
しれませんが…)試合が終わってからやっと
「優勝しました」と球団公式で報告。


イースタンリーグについては当ブログで
「優勝決定戦の告知」や「成田・袖ヶ浦
開催告知」や「成田開催レポート」「試合
テキスト速報」などを行いましたが、「試合
テキスト速報」以外は本来球団公式でやる
べきこと
ではないかと。

ちなみに横浜DeNAはイースタンの本拠地で
ある横須賀スタジアム以外でも開催試合の詳細
を球場ごとにホームページにまとめています。

こちら(横浜DeNA公式)

これぐらいはマリーンズもやって欲しいです
し、しかもマリーンズの場合は2010年から5年
間イースタンの主催試合はロッテ浦和・QVC
マリン・柏の葉・成田・袖ヶ浦の各球場のみ
ですから、一度作って、後は毎年日程が決ま
ったタイミングと、球場に改装があったり、
足となる交通機関が変わったりした際に
変更をかければいいだけですから、いくらでも
やりようはあるかと。


そんなロッテ球団ですが、イースタン優勝
記念グッズを23日(火・祝)にちゃっかり発売
しています。

詳細はこちら(球団公式)

う~ん、「弟V」という表現はどうかと
思いますが、デザインは悪くないです。

グッズ的には「買い」でいいでしょうが、
球団側の「普段はあまり気にかけていない
けど、今回はお金になるからグッズ作る」的
姿勢が見えて嫌ですね。

グッズを作るぐらいであれば、普段から
もっとイースタンの事を気にかけて欲しい
です。
まぁ合宿所の近くで自前の球場(ロッテ浦和)で
やるのが最もお金がかからないから、日ハム
やDeNAのようにファーム開催でファン拡大や
地域振興というものに結びつけることもなく
「経費をかけない」事を重視してやっている
んでしょうけど、せめて読売のようにイース
タンの戦評を詳しくするとか、柏の葉・成田
・袖ヶ浦開催の告知を適切な時期にきちんと
行う事ぐらいは「お金をさほどかけずとも」
できるハズですし。


あと来週4日(土)に宮崎で行われる「ファーム
日本選手権」の観戦ツアー
も発売されて
ましたが、こりゃまた高い。

宮崎の1泊2日、よく旅行会社で扱っている
往復フライト+ホテルのフリープランと
なっているツアー商品でも3~4万円の
ところ56,800円(宿泊先は2名1室利用)。

予約受付は先週25日(木)で締め切った
そうですが、果たしてどれだけ人が集まった
のでしょうか。

春先の沖縄キャンプ・オープン戦の時も
「値段が高い」と当ブログで取り上げました
この「球団公式観戦ツアー」。


それでも継続されているということは
参加者がいるんでしょうね。

確かにサインボールやグッズがもらえたり、
球場までの足が確保されているという
メリットはありますが、格安ツアーや
格安航空会社(LCC)を上手に使った場合との
価格差が大きすぎるように個人的には
思います。

ちなみに2月末の沖縄本島でのオープン戦&
練習試合。(名護市営・沖縄市コザしんきん
での土日2連戦でした)
観戦ツアーは1泊2日で5万円以上しましたが、
こちらでは宿泊を海沿いのリゾートホテルに
しても同じ1泊2日で約25,000円で収めました。

この料金差…。
それでも「観戦ツアー」に参加する理由が
どこかにあるのかもしれませんが…。


◆◇◆ロッテ球団はもっと「ファームの告知や環境整備に力を入れた方が良い」とお感じの方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報236】 2014年イースタン全日程終了(64勝41敗3分) 来週4日はファーム日本選手権

DSC08123

 
 
~2014イースタン公式戦 9月27日(土) 
             横須賀スタジアム~
対横浜DeNA 12勝5敗1分
2014通算 64勝41敗3分 1位

横浜DeNA 3-2 千葉ロッテ

勝 三嶋 5勝4敗1S
敗 中後 3勝3敗
S 平田 1勝4S


当ブログのテキスト速報はこちら


一軍より早くファームは今日27日(土)が
ラストゲーム。

神奈川・横須賀スタジアムでの横浜DeNA戦
です。

マリーンズは中堅~ベテラン勢(今江・福浦・
井口・サブローなど)が「おつかれさま枠」で
ファーム落ちしており、純粋なファームの
メンバーでスタメンを組もうとするとかなり
人員がカツカツですが、そこは今日一軍の
試合がないことから伊志嶺・大嶺翔・清田
・井上・吉田らが出番を求めてかやってきて
いました。
 
DSC08109

 
大松・ハフマン・清田のクリーンナップで
井上・青松のイースタン2桁ホームランコンビ
が6・7番。

一方のDeNAまでは4番まではかなりネーム
バリューのあるメンバー。
去就が注目される中村紀は「4番 指名打者」
での出場です。
 
DSC08110

 
 
今日はDeNAも今季イースタン最終戦で
セレモニーもあることからか観客もかなり
多め。


試合開始直前には座席もかなり埋まり、
ライト側のみ外野席も開放。

ライト・1塁側(ホーム)から3塁側ベンチあたり
まではDeNAファンが埋めましたが、
そこから3塁側はかなりの数のマリーンズ
ファンが。

その中でも10人前後の熱いマリーンズファン
が応援団不在にもかかわらず応援歌を熱唱
してました。

神戸の応援の時はしっかり3つにコールを
分ける徹底ぶりには驚きでした。

ちなみに試合には直接関係ないですが、
試合前に球場最寄りの京急追浜駅の駅そば屋に
立ち寄り昼食を取ると、駅そばにも
かかわらず三浦半島・佐島のしらすを乗せた
しらす丼セットや三崎のまぐろを乗せた
ねぎとろ丼セットがありました。

ねぎとろ丼セットを注文しましたが、
値段(560円)の割に十分な味。

駅そば屋だと画一化されたメニューな事が
多いですが、こういう地域感があるのは
いいですね。


さて試合は1回、DeNAが先頭の荒波が
フォアボール、1アウトから多村がボテボテの
内野安打の後、4番中村紀がレフトにタイム
リーヒットを放ち1点先制。
 
■中村紀
DSC08112

 
■中村紀の日本で所属した球団のユニフォーム
 を持って応援する方たちも・・・(修正あり)
DSC08111a

 
続く飛雄馬のセンターフライを伊志嶺が
落球するというイージーミスで1アウト満塁
のピンチを迎えますが、なんとか加藤・
赤堀をマリーンズ先発中後が打ち取り
追加点は許しません。
  
■先発の中後
DSC08114

 
一方マリーンズ打線はDeNA先発三嶋の前に
5回まで角のバントヒット1本のみ。
フォアボール2つももらいますが、結局3塁
も踏めません。

中後は5回裏、1アウトから渡邉雄にデッド
ボールを与えると、続く荒波の右中間に
フラフラと上がった当たりはライト清田の
前に落ちるポテンピット。

これで1・2塁とされ、乙坂は三振に仕留め
ますが、多村に代わって途中出場していた
関根にセンターへのタイムリーヒットを
許し2-0とされます。

続く中村紀の代打、昨日引退を表明した
外国人の育成枠キャッチャー モスカテルを
セカンドゴロに打ち取りこの回で降板。

この回で中後は降板となり、5回を被安打4
四死球3 自責点2 とまずまずの内容
でしたが、四死球がいずれも失点に絡む
悪い癖は相変わらずといったところで
しょうか。

マリーンズは6回に先頭の伊志嶺がレフト
フェンス直撃の2塁打、大嶺翔がフォアボール
大松に代わって入っていた肘井が送りバント
を決め1アウト2・3塁と、この回からマウンド
に上がったDeNA2番手小林寛を攻め立てますが
ハフマンの代打塀内、清田の代打神戸が
連続三振で無得点。

この二人、今年は一軍昇格もない事から
そろそろ首が危ない感じ
もするのですが…。


6回裏は中後に代わって荻野忠がマウンドに
上がりますが、先頭の飛雄馬にフォアボール
を与えると、続く加藤の送りバントを荻野忠
がお手玉しノーアウト1・2塁に。
 
■荻野忠
DSC08115

 

赤堀にヒットを打たれ満塁とされた後、嶺井に
代わって守備に入っていた西森、渡邉雄は
抑えますが、荒波に代わり1番に入った
鶴岡の打席で痛恨のワイルドピッチ。

3塁ランナーがホームインし3-0。

正に荻野忠の「独り相撲」で追加点を許し
てしまいます。

荻野忠も故障続きの中マウンドに登れる
ようになっただけ進歩なのかもしれませんが、
年齢も年齢(32歳)だけに先を見据えると
結果を出したかったと思いますが…。
 
■ピッチャー「荻野貴」? 「忠」ですよ~ すぐ直りましたが
DSC08116

 
7回表、DeNA3番手大原に対しやっとマリー
ンズ打線が反撃を見せます。

井上に代わりファーストの守備に入っていた
金澤がフォアボールを選び、1アウトから
これまた角に代わりショートの守備に入って
いた細谷と吉田が連打で満塁のチャンス。

トップに返り伊志嶺がライトへの犠牲フライ
で3-1。 そして大嶺翔が二遊間を破る
センターへのタイムリーヒットで3-2と
1点差に。

なお1・2塁とチャンスは続きますが、肘井が
三振で2点止まり。

この回に追いつければ流れも変わったん
ですけどね。
肘井に代打G.G.佐藤 → そのままレフトの
守備という手もありましたが、イースタン
での打率自体は肘井のが上ですし、G.G.佐藤
は最近さっぱり打てていませんから、「左腕
相手でもそのまま肘井」という判断だったの
でしょう。

この後、マリーンズは南・阿部がDeNA打線
を抑えますが、DeNAのルーキー平田の前に
打線が沈黙しそのままゲームセット。

今季イースタン最終戦は3-2で敗れ
通算64勝41敗3分 勝率   2位DeNAと5.5
差でシーズン終了。
 
■試合終了
DSC08117

 
来週土曜日(4日)に宮崎で行われる「ファーム
日本選手権」にイースタンリーグ優勝チーム
として参戦します。

まぁファームとはいえ「日本一」を決める
戦いですから、今日のような凡ミス多めだと
少し厳しいかなと。

1試合で明暗が分かれますから、もちろん
勝っては欲しいですが、最低限「つまらない
試合」にはならないよう願いたいところ
です。
 
■最後はマリーンズの選手も挨拶
DSC08118

 
DSC08119

 
■3塁側スタンドにあった応援幕
DSC08120
 
 
■セレモニーの後に今日で引退のDeNA モスカテル
 を胴上げ 「外国人で捕手」はピッチャーとのコミュニ
 ケーション等大変だっだと思いますが・・・
 お疲れ様でした

DSC08121

 
DSC08122



◆◇◆それでも「(ファームは)日本一になろうぜ♪ かなら~ず」と思われる方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【特別版】 9/27(土)2014イースタン最終戦 横浜DeNA-千葉ロッテ(横須賀 14時~) テキスト速報

image


■「速報見ました~!」 下記「クリック」もよろしくお願いします。(更新の励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

9/27(土)イースタンリーグ公式戦
横浜DeNA vs 千葉ロッテ
~横須賀スタジアム~
ベイスターズ 3-2 マリーンズ
         ~終了~

試合開始:14:00
天気:くもり
  

【9回表 マリーンズの攻撃】
ベイスターズ投手:平田

8細谷   セカンドライナー
9吉田 → 代打小池
9小池   空振り三振
1伊志嶺  ライトフライ

試合終了


【8回裏 ベイスターズの攻撃】
マリーンズ投手:南 → 阿部

5飛雄馬  空振り三振
6加藤   センター前ヒット
      1アウト1塁

7赤堀   セカンドライナーダブルプレー


【8回表 マリーンズの攻撃】
ベイスターズ投手:大原 → 平田

4塀内 → 代打 G.G.佐藤
4G.G.佐藤 空振り三振
5神戸   セカンドゴロ
6金澤   フォアボール
      2アウト1塁

7青松   ショートゴロ


【7回裏 ベイスターズの攻撃】
マリーンズ投手:荻野忠 → 南

2乙坂   三振
3関根   キャッチャーフライ
4モスカテル 空振り三振


【7回表 マリーンズの攻撃】
ベイスターズ投手:小林寛 → 大原

6金澤   フォアボール
      ノーアウト1塁

7青松   ライトフライ
      1アウト1塁

8細谷   ライト前ヒット
      1アウト1・2塁

9吉田   レフト前ヒット
      1アウト満塁

1伊志嶺  ライト犠牲フライ
      2アウト1・2塁
横浜DeNA 3-1 千葉ロッテ

2大嶺翔  センター前タイムリーヒット
      2アウト1・2塁
横浜DeNA 3-2 千葉ロッテ

3肘井   空振り三振


【6回裏 ベイスターズの攻撃】
マリーンズ投手:中後 → 荻野忠
塀内 → 指名打者
神戸 → ライト
角 → ショート 細谷
大嶺翔 → セカンド


5飛雄馬  フォアボール
      ノーアウト1塁

6加藤   送りバントを荻野忠がエラー
      ノーアウト1・2塁

7赤堀   ライト前ヒット
      ノーアウト満塁

8西森   ショートゴロ
      1アウト満塁

9渡邉雄  空振り三振
      2アウト満塁

1鶴岡   荻野忠ワイルドピッチ
      2アウト2・3塁
横浜DeNA 3-0 千葉ロッテ

1鶴岡   センターフライ


【6回表 マリーンズの攻撃】
ベイスターズ投手:三嶋 → 小林寛
嶺井 → キャッチャー 西森
赤堀 → ファースト 鶴岡
赤堀 → ライト
関根 → センター

1伊志嶺  レフトフェンス直撃2塁打
      ノーアウト2塁

2大嶺翔  フォアボール
      ノーアウト1・2塁

3肘井   ファースト送りバント
      1アウト2・3塁

4ハフマン → 代打 塀内
4塀内   空振り三振
      2アウト2・3塁

5清田 → 代打 神戸
5神戸   見逃し三振


【5回裏 ベイスターズの攻撃】
マリーンズ投手:中後

8嶺井   ファーストゴロ
9渡邉雄  デッドボール 1アウト1塁
1荒波   ライト前ポテンピット
      1アウト1・2塁

2乙坂   低めのスライダーを空振り三振
      2アウト1・2塁

3関根   センター前タイムリーヒット

横浜DeNA 2-0 千葉ロッテ

4中村紀 → 代打 モスカテル
4モスカテル セカンドゴロ


【5回表 マリーンズの攻撃】
ベイスターズ投手:三嶋

6井上   サードゴロ
7青松   フォアボール 1アウト1塁
8角    センターライナー 2アウト1塁
9吉田   サードファールフライ


【4回裏 ベイスターズの攻撃】
マリーンズ投手:中後
大松 → レフト 肘井

5飛雄馬  セカンドゴロ
6加藤   アウト
7赤堀   サードフライ


【4回表 マリーンズの攻撃】
ベイスターズ投手:三嶋
乙坂 → レフト
多村 → ライト 関根

3大松    センターライナー 
4ハフマン サードゴロ
5清田   ライトライナー


【3回裏 ベイスターズの攻撃】
マリーンズ投手:中後

2金城   フォアボール
代走 金城 → 乙坂

3多村   ショートゴロダブルプレー
4中村紀  ショートゴロ


【3回表 マリーンズの攻撃】
ベイスターズ投手:三嶋

8角    サード前バントヒット
9吉田   ファースト前バント 1アウト2塁
1伊志嶺  セカンドゴロ 2アウト2塁
2大嶺翔  レフトフライ


【2回裏 ベイスターズの攻撃】
マリーンズ投手:中後

8嶺井   見逃し三振
9渡邉雄  サードゴロ
1荒波   見逃し三振


【2回表 マリーンズの攻撃】
ベイスターズ投手:三嶋

4ハフマン フォアボール ノーアウト1塁
5清田   ライトフライ 1アウト1塁
6井上   見逃し三振  2アウト1塁
      
      三嶋ワイルドピッチ
      2アウト2塁

7青松   セカンドゴロ 


【1回裏 ベイスターズの攻撃】
マリーンズ投手:中後

1荒波   フォアボール ノーアウト1塁
2金城   ショートゴロ 1アウト1塁
3多村   ピッチャー前内野安打
      1アウト1・2塁

4中村紀  レフト前タイムリーヒット
      1アウト1・2塁

横浜DeNA 1-0 千葉ロッテ

5飛雄馬  センターフライを伊志嶺が
      落球… 1アウト満塁

6加藤   ショートフライ 2アウト満塁
7赤堀   セカンドゴロ


【1回表 マリーンズの攻撃】
ベイスターズ投手:三嶋
 
1伊志嶺  サードゴロ
2大嶺翔  ショートゴロ
3大松   カウント3-2から空振り三振


※速報内容は公式記録と異なる場合があり
 ますので、予めご了承をお願いします。
記事検索
にほんブログ村 ランキング