2016年05月

【会報791】 5/26(木) 函館行きました。 その1  ~JALと北海道新幹線と海鮮丼~

DSC07929


マリーンズは一軍主催試合の他地区での開催が2005年の
北陸以来ありませんので(今年の東京ドーム開催も11年ぶりの
千葉以外での開催)、いわゆる「遠征」での観戦ともなると
ビジターでの試合となります。

札幌・仙台・大阪・神戸・福岡・・・ セ・リーグも名古屋・
甲子園・広島・・ (神宮・東京ドーム・横浜・所沢は遠征
じゃないし・・・)は既に足を運びましたし、後は北九州・
旭川かなとも思いましたが、仕事柄平日連休が夏休み以外
取りづらいので、なかなか足を運びづらい現実がありました。

そんな中でのハム主催函館開催。
球場自体にナイター設備がない為、平日でもデーゲームです。

これなら日帰りで行ける!

ちょうどゴールデンウイークに出社したので、5月中に消化が
ベストの代休もあります。

さぁ「行くしかない!」とANA・JALの前売り航空券の発売開始に
合わせて検索をかけますが、平日なのに意外と高い・・・。

往復3万円弱が最安値です。

那覇・福岡・大阪・札幌は格安航空会社(LCC)があるので安く
行けますが、函館は就航がないのでやや高止まりなんでしょうね。

あと宿泊しないのでホテル付のフリープランは使えませんし。

AIR DOは飛んでますが、今は「格安」を売りにはしていない
ですしね。

あと3月に運行を開始した北海道新幹線も選択肢にはありましたが
始発・最終を利用しても函館到着が遅く(11:30前)出発が早い(18:00)
こと、あと「えきねっと」のお先にトクだ値を使っても往復34,000
円ぐらいするので、「高くて遅い」んだと選択肢にはなり難いかなと。

北海道新幹線の乗車率か芳しくないという話も聞きますし、早期
購入かつ座席数限定でいいので、目引きとなる運賃があれば
多少時間がかかるのも目をつぶって利用できるのかなと思い
ますが。

さて、なんだかんだ出発の2ヶ月少し前に航空券を購入し
会社の代休も取得。
観戦チケットは日ハムの球団公式で現地受け取りで購入。

一瞬雨予報だった天気も曇り時々晴れまで持ち直し、出発当日を
迎えます。


羽田空港まで電車利用・空港リムジンバス利用いずれにしても
6時前に自宅を出る必要がありますが、通勤定期を活用できる
分交通費が安くなる電車利用としました。

たださすがに浜松町まで座れなかったので、東京モノレールは
先着となる空港快速ではなく、到着が遅くなっても座れる普通
にしましたが。

羽田にはフライト出発の35分前に到着。
結構ギリギリですが、一昔前と違って搭乗手続がいらなくなった分
余裕が持てるようになりました。

お手洗いだけ済ませて手荷物検査場に進もうとしましたが、
お手洗いの中でなんだか鼻がヌルッとします。

なんだ?
うわっ、鼻血!!

普段鼻血なんて滅多に出ないのですが・・・。
この間の牛久開催の時は足の捻挫がありましたし、なんか野球
観戦の前はありますね・・・。

ただすぐ収まったので、念の為目立たないように鼻に紙の栓を
詰めて手荷物検査場へ向かいます。

いやぁ、止まらなかったらどうしようかと思いましたが
なんとかなって良かったです。

羽田からの函館行はJAL便。 7時50分の出発です。

DSC07917

DSC07914

DSC07916

DSC07918


予約時にプラス1,000円のクラスJも空いていたので
そちらにしました。
(基本倹約路線ですがちょっと特別)

フライトは出発2日前の時点で全席満席。
クラスJもぎっちり埋まっています。

image

DSC07921


何年か前にクラスJに乗りましたが、こんなに広かった
でしたっけ・・・ って感じです。

座席も皮張りに変わり、足周りもかなり余裕があります。

DSC07928

DSC07919


JAL国内線はコーヒーがおいしいと前乗った時に思い、
今回も機内ドリンクサービスでいただきました。
いつの間にかアイスコーヒーもありました。(のでそちらに)

DSC07922


これは普通席も共通ですが、各自のタブレットやスマホで
見られる無料動画サービスがあり、かつキャンペーン中で
機内Wifiも15分無料。
2つ合わせて楽しんでいたらあっという間に函館に到着。

DSC07925


基本機内販売等は購入しないのですが、機内のカップ麺
「○○deすかい」のお試しセットが気になりました。
送料抜きだと実質1食100円そこそこなので高くはないです。

DSC07926


出発は5分程遅れましたが、到着は5分程早着。
「北海道エアシステム」とはかなりレアです。

DSC07929

DSC07927

DSC07930

DSC07931

DSC07932


函館帝産バスの空港リムジンでJR函館駅へ向かいます。
さすが観光地函館。
平日でもぎっちり満席です。 結構運行本数もあるんです
けどね。
バスは左側に海を望みながら函館市中心部へ。

DSC07933

DSC07934


ちなみに函館滞在の予定は、

1 函館駅からJRはこだてライナーで北海道新幹線新函館
  北斗駅へ往復し、北海道新幹線見学

↓↓↓

2 函館駅に戻り、函館朝市で海鮮丼の昼食

↓↓↓

3 千代台公園野球場(オーシャンスタジアム)で13時30分開始の
  ファイターズvsマリーンズを観戦

↓↓↓

4 中央競馬(JRA)十競馬場の中で、唯一訪問したことのない
  函館競馬場を(入口だけ)見学
  (実は競馬も好きなのです)

↓↓↓

5 湯の川温泉で一風呂浴びてから函館空港へ



滞在時間は10時間20分ありますから、野球が長引かなければ・・・
と思いますがどうでしょうか。


函館駅に定刻よりやや遅れて到着。
降車客が多く降りるのに手間取ります。

函館駅

DSC07935


普通はこだてライナー 新函館北斗まで各駅に止まる「普通」と
五稜郭のみに止まる「快速」があります。

DSC07937


五稜郭停車。 津軽海峡線から転換された「道南いさりび鉄道」
はここから分岐します。

DSC07940


20分少々で新函館北斗駅に到着。
はこだてライナーは専用の1番ホームに入ります。

DSC07943

DSC07944


隣の2番線には札幌からの特急「スーパー北斗」が到着。
(動画あり)
修学旅行らしき団体が多数降りてきました。
 


DSC07952

DSC07954

DSC07956


その2番線の線路が草に埋もれそう・・・
草むしりしなくていいんですかね・・・

DSC07945

DSC07947

DSC07949


1番線・2番線から北海道新幹線発車ホームの11番線への
乗換は同一フロアで連絡改札を通るだけです。

DSC07950

DSC07959

DSC07960


新函館北斗駅(在来線側)の駅名票。

DSC07955


一旦在来線の改札口から出てみます。
北海道新幹線の広告には日ハム大谷。

DSC07963


2階に新幹線と在来線の改札口が並んでいます。

DSC07964


駅の外に出てみました。
駅前広場から駅を望みます。

DSC07966


駅周辺にはレンタカー会社の営業所と週末のみ営業するらしい
イベントショップぐらいしかないです。
ホテルは建設中でしたが。

DSC07965

DSC07967


それでは入場券を購入して、新幹線側のホームに入ってみましょう。

入場券も新幹線のきっぷサイズ。

DSC07978


「北海道新幹線を使って東京旅行へ!」のポスター。

DSC07968


新幹線改札近くの発着案内・時刻表。
(動画あり)
 



DSC07970

DSC07971

DSC07973

DSC07969


在来線乗換改札と発車案内。

DSC07974

DSC07975


12番線は現状到着専用ホームなので、発車案内は未表示です。

DSC07976


新幹線ホームには10時49分発の東京行、はやぶさ18号が停車して
いました。

DSC07990

DSC07979

DSC07980

DSC07981

DSC07982

DSC07989


E5系の10両編成。 グランクラスの乗車口にはアテンダントの
方が待機していました。

DSC07984

DSC07983


駅の札幌方は行き止まりです。

DSC07986


ホームドアの内側には座席表。 同じ仕様のE5系とH5系しか
発着しないのでできる技です。

DSC07987

DSC07994


そして定刻の10時49分、東京に向けはやぶさ18号が発車。
結構見学だけの人もいました。
(動画あり)




新幹線側の駅名票。

DSC07993

DSC07992

DSC07996


新幹線ホーム

DSC07995

DSC07997


はやぶさ18号を見送り、連絡改札を通ってはこだてライナー
の出発する1番線に戻ります。

DSC08003

DSC07999


はこだてライナーの車内。
寒冷地が故にドアには押しボタンがついています。
車内には開業記念ポスターが吊られています。

DSC08000

DSC08005

DSC08001

DSC08006


帰りのはこだてライナーは「快速」。
函館までは途中五稜郭にのみ停車。

DSC08002


車内にもまた大谷。(翔平)

DSC08004


乗車してしばらくすると、多くの乗客が乗り込んできました。
東京からの一番の新幹線(東京6時分発)が到着したようです。
当然(!?)ながらマリーンズユニフォームやグッズを身につけた
方も多数いらっしゃいました。

帰りは快速なので16分で函館に到着。
でもこの新函館北斗~函館間の移動はちょっと長いですね。

DSC08012

DSC08011


続いて駅の向かって左手にある「函館朝市」 に向かいます。
朝市と言いつつも14時頃まではやっているそうですが。

駐車場を挟んで駅の向かいにある「どんぶり横丁市場」内のお店で、
「朝市五色丼」を注文。
サーモン、いくら、かに、うに、えびの5種類がのっていて
税込1,500円ですからまぁリーズナブルかと。
まぁ昼食にしてはリッチですが。

image


「朝市五色丼」をおいしくいただいた後は、朝市内のお店を
少し散策しますが、呼び込みがややうるさく一回りして撤収。

個人的に呼び込み好きじゃないんですよね。
気になる商品があったら声をかけるので、静かに選ばせてくれ
って感じです。

結局みやげものは函館駅に入っていたおみやげ物屋で購入し
12時を大きく過ぎたので、試合会場の函館市千代台運動公園
野球場(函館オーシャンスタジアム)に市電で向かいます。
 

その2へ続く →


◆◇◆「函館訪問記 結構おもしろいぞ!(ありがとうございます)」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報790】 外国人2人の一発と石川の粘投、岡田の好守でハムに先勝  ただ・・・ 解説岩本がうるさ過ぎるだろ(汗)4

~2016年公式戦~ 2016年5月24日(火)
47試合 27勝19敗1分 2位 vs北海道日本ハム 6勝4敗
*札幌ドーム

北海道日本ハム 1 - 3 千葉ロッテ

M 200 001 000 3 6 1
F 000 000 010 1 8 0

勝 石川 4勝2敗
敗 有原 5勝1敗
S 西野 2勝1敗12S
本 デスパイネ10号② ナバーロ2号①


今日からの日ハム戦は火曜札幌ドーム → 木曜函館の変則
2連戦。

3位日本ハムとは1.5ゲーム差ですから、連敗すると3位転落の
危機でしたが、デスパイネとナバーロの外国人らしいパワー
溢れるホームラン2発であげた3点を、石川→大谷→益田→
内→西野のリレーで守り切り先勝。

勝ったのはもちろん良かったのですが、パ・リーグTVで
リプレイを少し見たところ、初回から解説の岩本が騒ぎ
過ぎ(苦笑)


1回表 1アウト2塁から清田見逃し三振・・・
岩本(以下岩):へぇ~ぃ~っ!(かなり得意げ)


2アウト2塁からデスパイネの10号2ランを見て・・・
岩:レッツグォ~ッ すごいパワーだ・・・


デスパイネのホームランをリプレイで見て・・・
岩:もぅ、ロッテファンが大変なことになってますよぉ。
  デスパ、いいね~
 

1回裏、1アウト2塁から田中賢のセンター前ヒットで
ホームに向かう陽を岡田が好返球でアウトにして・・・
岩:ちょっと待てれぇ~!
  いいボール返ってきたなぁ・・・。



うるさいっちゅうの!


今日はマリーンズが勝ちましたからまだいいですが、こんな
のハム優勢の試合で聞かされたらたまらないですね。

パ・リーグTVで岩本解説試合を観戦の際は、マリーンズが
劣勢ならもれなく「球場音声のみ」にチェンジで間違いない
でしょう。


この後初回は5番角中・6番ナバーロの連打と7番鈴木大地の
フォアボールで満塁としますが、8番岡田がサードファール
フライで追加点ならず。

あとのヒットは2回の高濱の2塁打と、6回のナバーロの2号
弾丸ランナーソロアーチだけですから、ここまで今シーズン
無敗だった日本ハム先発有原を効率よく攻略できたと言えます。

マリーンズ石川は初回岡田の好返球で救われましたが、あまり
調子が良くなかったのか5回まで82球を費やし被安打6。

無失点でしたが早めに5回でお役御免となりました。

6回以降1イニングずつ4人でリリーフしても1失点で済むなら
まぁ安心と言っていいかと思いますが、内が登板過多からか
やや精彩を欠きつつあるのが気になりますね。

さて次戦は木曜の函館での試合ですが、こちらはナイター設備
がない球場ですので平日のデーゲーム。
二木先発が濃厚ですが、約1ヶ月ぶりの3勝目を期待したい
ところです。


◆◇◆デスパイネ・ナバーロのパワーに驚き! 解説岩本のうるささにも驚き・・・ という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報789】 5/21(土)マリーンズ イースタン船橋開催関連会報 多数閲覧のお礼

天候にも恵まれ、マリーンズも勝利(試合内容は満点とは言え
ませんが・・・)と良いこと続きだったとも言える21日(土)の
マリーンズ イースタン船橋開催。

そんな中、当ブログでも驚きの事態が起きました。

昨年初めてのマリーンズ イースタン船橋開催が行われる前に
実際に会場の船橋市運動公園野球場を訪問して作成した

  
【会報400】 祝・イースタンリーグ公式戦開催 船橋市民球場に行ってみた


が試合前の短期間でなんと約1,400PVを記録。

著名ブログならまだしも、管理人の更新がまちまちだからか
登録している「にほんブログ村」の順位もさっぱり上がらず、
かつ1,876人の観客規模の試合についての内容ですから。

もっと何万人も集まるイベントならわかりますが。

来場者がひとり1PVしていると換算すると、なんと来場者の
3分の2以上が閲覧をしていることに!
(それはナイナイ・・・)


こんなにたくさん閲覧していただけたのも感謝ですが、
コメント欄に「こちらのblogの情報が助かりました」と
残していただけたのも合わせて感謝ですね。

一軍の試合直後にすぐブログを更新する時間も文才もない
ので、「ブログランキング」の順位は低空飛行のままなの
かもしれませんが、これからもマリーンズファンの役に
立つ情報を提供できるようなブログでありたいなと改めて
思いました。

もしできればブログ上に「マリーンズ イースタン主催試合
開催球場を網羅したポータルサイト」みたいのを作れたら
いいかなと。

そうすればそこから一括検索できますので。

ちなみに次の千葉県内開催(QVCマリンを除く)となる、「習志野
秋津球場」についてはアクセス案内もできていますし。


【会報756】 習志野秋津球場に行ってみた


柏の葉はもちろん、袖ケ浦も案内を作れる素材がありますし、
ゼットエーボールパーク(市原臨海)も今年の開催前に一度訪問し、
船橋のような訪問記を作れればと思っています。


◆◇◆マリーンズ イースタン主催試合開催球場のポータルサイトがあれば便利だと思う! という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報788】 船橋で今年初のイースタン開催 5/21(土) 千葉ロッテ - 北海道(鎌ケ谷)日本ハム 観戦記

DSC07907
 
 
当ブログで試合速報 = 現地観戦ということで、恒例
となりつつある現地観戦記です。

今回(5月21日土曜日)は船橋開催。 午前中の用事を済ませて
正午にJR船橋駅着。

北口3番バスのりばから、12:10発の二和道経由鎌ケ谷大仏
行の船橋新京成バスに乗ります。

昨年のイースタン開催時はバス停の前に長い列ができて
いましたが、この日に関しては明らかに野球観戦目当ての
客が多かったものの、バスに乗り切れないとかそういう
レベルの混雑ではありませんでした。
  
DSC07871
 
DSC07872


バスに乗ること約15分、運動公園前バス停に到着。
バス停の道路を渡るとすぐ運動公園(野球場)の敷地
です。
 
DSC07874
 

船橋新京成バス。
昨年ほどの台数ではありませんでしたが、「イースタン
船橋開催」をアピールする横断幕がつけられていました。
  
DSC07873


船橋新京成バスが試合開催のスポンサーになっている
のかもしれませんが、このあたりの徹底ぶりは素晴らしい
ですね。
 
駐車場は早々と満車になったようで、バスを降りた観戦客が
ゾロゾロ歩いて球場に向かっています。
 
DSC07875


球場正面脇には試合開催を告げるポスターが。
昨年とはデザインも一新。
前年の使いまわしではなく、きちんと新しく作成しているのも
好印象です。

DSC07876
 
DSC07878
 
DSC07877


入場券(1,000円)を購入し入場。

DSC07913


昨年は余ったマリーンズの卓上カレンダーや近隣のスーパー
銭湯の入浴無料券を配布していましたが、今年は特になかった
ですね。

内野席で試合速報作成に集中しようかと思いましたが、おおかた
席が埋まっていたので外野席へ。
 
DSC07893
 
DSC07884
 
DSC07885
 
 
さすがに日本ハム側となる一塁側は空いてましたが・・・
 
DSC07886
 
 
そういえば、近隣にもかかわらず日本ハムの鎌ヶ谷応援団
は一名それらしき方の声が聞こえた以外は不在だったよう
ですね。
昨年の成田ナスパには来場していて、4人で10人分ぐらい声を
出していましたが・・・。


ちなみに外野席は内野席が混み合ったら解放するのが船橋開催の
一応ルールらしいです。(毎回解放しているような気がしますが)
 
DSC07908


芝生になっている外野席は結構余裕のある状況。
まぁ応援に気合いを入れるファンが集まる場所ではないです
からそんなものでしょうね。
 
DSC07883


「応援に気合いを入れる」といえば、当ブログで苦言を呈して
いるイースタンのマリーンズ主催試合にやってくる若者応援
集団。
今日もやはりいましたが、多少なりとも周囲のファンたちと
意思疎通が取れるようになったのと、まともに応援のリードを
取れる人がひとりいましたので、少しは改善ですかね。

ただ応援を間違えた人に対して小バカにするような素振りを
したり、野次ったりするのは人としてダメですね。

場に合わない応援を勝手にし続けて、周囲に迷惑をかける
レベルにまでなっていれば別ですが。

メンバーの中にまともな大人みたいな人もいましたが、自制
させることはできないものでしょうか。
 

スタメンはこちら。
  
DSC07879
 
DSC07892

DSC07891
 
DSC07880
 

さて、この時点で昼食をとっていなかったので、昼食を
探しにケータリングカーを探しに行きますが、丼ものと
焼鳥とピザの三択。

ピザですと牛久の二の舞ですから、丼ものを提供して
いたケータリングカーの列に並びますが、並んで数分しても
列が動かず試合が始まってしまいそうだった為断念しました。

ちなみにこの船橋市運動公園野球場、アルコール類の販売が
試合開催時でもされていません。

周囲で観戦をされていた方に伺ったところ、少々離れた
コンビニまで買いにいく必要があるようです。

まぁ空きっ腹にビールはある意味厳しいですから、今日の
ところは良かったですが。


試合は定刻13時に試合開始。

先発はマリーンズが川満、ファイターズが瀬川。

初回、マリーンズ先発川満は先頭の松本をフォアボールで
出塁させると、1アウト2塁から3番石川慎にレフト前に
運ばれ1点を先制されます。

その裏、マリーンズは先頭の伊志嶺が1号先頭打者アーチを
放ち同点に追いつきます。

伊志嶺は試合前にレフトスタンドからのマリーンズファン
からの呼びかけに時折応えてくれていましたが、その伊志嶺
が同点アーチを放ったということでレフトスタンドも盛り上
がりを見せます。

2回以降マリーンズ先発川満は制球に苦しみながらも、ファイ
ターズ先発瀬川は淡々と相手打線を抑えていきますが、4回
裏にマリーンズは2番肘井がセンター前ヒットを放つと、
センター石川慎がボールの処理にもたつく間に2塁へ進み
ます。
3番サブローの外野フライで肘井は3塁に進むと、4番井上の
内野ゴロの間にホームイン。 マリーンズが2-1と勝ち越し
ました。

川満は5回の1アウト満塁は4番大嶋を4-6-3のダブルプレーに
打ち取り切り抜けますが、6回の1アウト1・3塁のピンチは
8番石川亮・1番松本にタイムリーヒットを許し逆転をされて
しまいます。

6回裏、先頭の伊志嶺がヒットで出塁し盗塁を決めると、
2アウトから5番青松の代打根元がライト前に運びすぐ同点に
追いつき、8回にはライトスタンド前列(両翼が90mと狭い
この球場でなければ・・・ という感もありましたが)に
飛び込む肘井の7号3ランなどで5点をあげ突き放しました。

ファームでも絶賛炎上中だった田中靖がきちんと2イニング
を無失点に抑えたことにより流れがマリーンズに向きました
かね。

9回表は3番手宮崎がセカンド大木の悪送球もあり(捕球自体は
一二塁間の当たりを正に「ナイスキャッチ!」だったの
ですが)、2点を献上しますが、最後は金森が締めてゲーム
セット。

マリーンズが8-5で勝利しました。

もう少し詳しい試合内容はこちら


■川満
DSC07881
 
DSC07882
 
DSC07887
 
DSC07888
 
DSC07889
 
DSC07890

DSC07898
 
 
■伊志嶺  ファンへの応対もGood!でした
DSC07896
 
DSC07897


■宮崎
DSC07902
 
DSC07903


■勝利の瞬間
DSC07904
 
 
■その後軽くミーティング・・・
DSC07906
 
 
試合終了後、サイン会やベースランニングに参加するから
か観客の引きが驚くほど早く、気づいたら周囲に人がいなく
なっていましたので早々に退散します。

せっかく勝ったのですから「歓喜のテーマ」ぐらい歌って
帰ればいいのにと思いましたが。
(まぁ球場整理の人にとっては迷惑なので程々に・・・ ですが)


■球場正面の各種告知・掲示物
DSC07911
 
DSC07909
 
DSC07910

3枚目の「イースタン千葉県内主催試合を告げるボード」、
何かが足りないと思ったら、成田と袖ケ浦が抜けているん
ですよ。

「主催元が違うので・・・」(成田後援会や袖ケ浦体育協会)と
言いたいのでしょうが、観客に取ってはそれは関係ないことで
あり、マリーンズ主催試合であることに変わりはありません。

同じように千葉県内で開催されるイースタン主催試合なので
すから、正しい告知をする意味でも分け隔てなく紹介するべき
だと思います。

このあたりの目線を見ると、球団側もまだまたま足りないなと
いう感じがしますね。

試合もまぁ勝ちましたし、おおかた楽しめた「2016年イースタン
マリーンズ主催試合船橋初開催」でしたが、最後の試合告知記載
の件は少し残念でした。

あと今後の「イースタン船橋開催」の課題を上げるとすると、

1 球団公式での開催告知、ポスターの掲示、船橋新京成バス
  での横断幕掲示など比較的試合告知については恵まれた
  環境にも関わらず、観客数の伸び悩みが見て取れます。
  (土曜のデーゲームで1,876人)

  開催告知も十分ではなく、アクセス面でも明らかに船橋に
  劣る成田・袖ケ浦でも1,500人以上の観客を集めていること
  を考えると・・・。


2 試合開催時のイベントについても、サイン会・ベースラン
  ニング・ダンスステージなどややマンネリ化しているので
  ヒーローインタビューの実施やQVCマリンで行っている
  勝利後の「We are!」など、費用をかけなくでもできること
  に関しては導入していった方が良いのかなと思います。

  後は同一球場で年間2試合以上する場合は、試合ごとに
  イベント内容を変えても面白いかもしれません。 


3 以前神宮球場で行われたヤクルト主催のイースタン公式戦に
  公式な応援団の方が来られてリードをされていましたが、
  鳴り物使用ができないとしても、マリーンズの組織的応援を
  「売り」として考えるのであれば、やはりきちんと観客全体
  を盛り上げることができるよう、公式な応援団の方に2名程度
  来ていただいてリードを取っていただけたらと思います。

  

まぁ、2と3については船橋に限らずの課題ですが、同じことを
繰り返していてもマンネリ化するだけですので、何か新しいこと、
より良くすることを念頭に置いて企画・実行して欲しいですね。


◆◇◆「マリーンズ イースタン公式戦船橋開催」がこれからもより盛り上がるようになれば尚良いと思う という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報787】 船橋で今年初のイースタン開催 千葉ロッテ - 北海道(鎌ケ谷)日本ハム 試合速報4

image
 
 
■2016イースタンリーグ公式戦
 千葉ロッテマリーンズ vs 北海道日本ハムファイターズ
 試合速報 5/21(土)


天気:はれ ~試合終了~ 13:00開始
試合時間 約3時間18分  観衆 人

ファイターズ 100 002 002 5 11 3
マリーンズ  100 101 05X 8 11 1
 


【投手】
フ 瀬川ー石川直―●田中豊―屋宜
マ 川満ー○田中靖―宮崎―S金森

【本塁打】
フ なし
マ 伊志嶺1号① 肘井7号③


【ゲームトピックス】

1回表 先発川満はいきなり先頭の松本にフォアボール。
    岸里が送って1アウト2塁。
    3番石川慎がレフト前へタイムリーヒットを
    放ちファイターズ1点先制。
    
    大嶋のセカンドゴロを香月一が落球も、1塁
    ランナー石川慎が守備妨害でアウト。

    宇佐美はセンターフライでチェンジ。

1回裏 伊志嶺が先頭打者アーチを放ち1-1の同点に。

2回表 先頭の高濱がフォアボール。
    大田が送って1アウト2塁。
    石川亮はショートゴロ、しかし姫野は初球が
    当たりデットボールも松本凡退で3アウト。

2回裏 青松・香月一・柿沼とあっさり三者凡退。

3回表 岸里ショートゴロ、石川慎もショートゴロ。
    大嶋は右中間を破る2塁打。
    しかし宇佐美は凡退で無失点。

3回裏 大木ピッチャーゴロ、大嶺翔見逃し三振、
    伊志嶺セカンドライナーで三者凡退。


4回表 高濱レフトフライ、大田ライトフライ、
    石川亮三振で三者凡退。

4回裏 先頭の肘井がセンター前ヒット、センター石川慎が
    処理をもたつく間に2塁へ。
    サブローの外野フライで3塁に進み、井上の内野ゴロ
    でホームイン。 マリーンズ勝ち越し。
   
5回表 1アウトから松本がセンター前ヒット、岸里はバット
    を折られながらもレフト前に落ちる2塁打。
    1アウト2・3塁。
    石川慎はストレートのフォアボールで満塁。
    しかし大嶋を4-6-3のダブルプレー!に打ち取る。

5回裏 柿沼見逃し三振、大木初球をショートフライ、大嶺翔
    ファーストファールフライで三者凡退。

6回表 宇佐美セカンドゴロ、高濱右中間への2塁打。
    大田レフト前ヒットで1アウト1・3塁。
    石川亮のセンター前タイムリーヒットで
    ファイターズ同点・・・。
    
    なおも1アウト1・2塁。
    姫野は真ん中の変化球を見逃し三振。

    しかし松本はライトへのタイムリーヒット。
    ファイターズ逆転・・・。 2-3。

    岸里は凡退。

6回裏 伊志嶺がヒットで出塁し盗塁を決める。
    肘井は空振り三振、サブローの代打福浦は浅い
    センターフライ、井上はデットボール。
    青松の代打根元かライトへのタイムリーヒットを
    放ちマリーンズ同点!
    しかし後続が倒れ勝ち越しはならず。

7回表 田中靖があっさり三者凡退に打ち取る。

7回裏 ノーアウト満塁から肘井・福浦の代打大松・井上が
    三者連続三振・・・。
    
8回表 ランナーひとりを出すもダブルプレーで切り抜ける。
    田中靖は2イニングを無失点。

8回裏 柿沼のタイムリーで勝ち越し、バッテリーエラーで
    5点目。
    そして肘井のライトスタンドに飛び込む7号3ラン
    ホームランでリードを5点に。

9回表 3番手宮崎が姫野の代打矢野、松本に連打を許す。
    岸里は三振、しかし石川慎への3球目を寺嶋が
    後逸し2・3塁。

    そして石川慎は三振、大嶋は一二塁間のゴロ。
    なんとか大木が止めるも、ファーストへ悪送球。

    ランナー二人が返り8-5。

    ここで金森にスイッチ。
    金森は宇佐美をショート後方へのフライに打ち取り
    ゲームセット。

◆◇◆「イースタンの途中経過がわかるので、この速報なかなか使えるぞ(ありがとうございます!)」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 
 
【スタメン】
□ファイターズ
1 二 松本
2 左 岸里
3 中 石川慎
4 一 大嶋
5 指 宇佐美
6 三 高濱
7 遊 大田
8 捕 石川亮
9 右 姫野 → 代打矢野 → 代走平沼
投   瀬川 → 石川直 → 田中豊 → 屋宜


■マリーンズ
1 左 伊志嶺 → センター
2 右 肘井
3 指 サブロー → 代打福浦 → 指名打者 → 代打大松 → 指名打者
4 一 井上
5 三 青松 → 代打根元 → レフト
6 二 香月一 → サード
7 捕 柿沼 → 寺嶋
8 中 大木 → セカンド
9 遊 大嶺翔
投   川満 → 田中靖 → 宮崎 → 金森
記事検索
にほんブログ村 ランキング