2016年11月

【会報847】 2017年パ・リーグ公式戦の日程が発表される4

■正に「行くぜ北へと南へと」・・・
 マルチテーマM状態

image

image
(球団公式より)


少し前の話となりますが、11日(金)に2017年のパ・リーグ公式戦
日程が発表されました。

ですが、さすがに18試合のセ・パ交流戦と異なり、全125試合は羅列
できませんので、気になった点だけをピックアップしていきます。

なお、ホームゲームは現在のところ全試合現・QVCマリンでの
開催予定。
ソフトバンクに完封負けした試合内容はともかくとして、
白いユニフォームが観客席を埋めつくした「東京ドーム主催
試合」の2年連続開催
はないのでしょうかね。

年一回とはいえ東京ドームを満員にする集客力がある訳ですから
「千葉移転25周年特別企画」とせずに、毎年一試合は恒例で
開催しても良さそうですが。

また、開幕直後はやたら週末ホームゲームが多いのも目につき
ますね。

福岡での開幕ソフトバンク3連戦が週末ですが、その後は3週続けて
週末がホーム3連戦。 ゴールデンウィーク前半となる4月末の週末
は西武ドームですが、ゴールデンウィーク後半の5月1週目の週末は
再度ホーム3連戦。 ちなみに翌週末はビジターでの日本ハム戦
ですが3試合いずれも東京ドーム開催。
更に5月3・4週目の週末もホーム3連戦と、「これで観客集められ
なくてどうする」
と言わんばかりです。

ちなみにこの翌週はもうセ・パ交流戦ですね。

ということで、千葉周辺在住で土日休みのマリーンズファンは、
観戦しようと思えば8週続けてマリーンズ戦をライブで見れます。

(遠征すれば福岡でも広島でも見れますが、それは言いっこなしで)


ビジターゲームでは4月に楽天主催で1試合、5月に日本ハム主催で
3試合の東京ドームでの試合(セ・パ交流戦読売戦を含めると計7試合)が
あります。

楽天主催は25日の火曜日開催なのですが、平日開催にもかかわらず
毎年「楽天お客様感謝デー」的スタンスで行われるので、不明瞭に
チケットが取りづらいというのがあります。

まぁ一般発売枠を制限し、お得意様にチケットをばらまいているので
しょうけど。

あと、注目は6月下旬の西武主催の那覇2連戦と、7月下旬の日本ハム
主催釧路・帯広2連戦ですね。

西武が那覇で主催試合・・・。
春季キャンプも宮崎県南郷ですし、新しいプリンスホテルが那覇に
できるという話も調べた限りはなさそうですが。

※「那覇 プリンスホテル」でgoogle検索したところ、
 こちらのプリンスホテルが出てきましたし・・・。

どうやら沖縄・那覇での西武主催試合は1961年(昭和36年)以来56年
ぶりだそうで。
しかもその56年前は、今回試合が行われる沖縄セルラースタジアム那覇
(奥武山野球場)の開場後初のプロ野球公式戦だったとのこと。
沖縄自体が日本に返還されたのが1972年(昭和47年)ですから、
それ以前に日本のプロ野球は沖縄で試合を行っていたのですね。


一方の釧路・帯広はマリーンズが対戦相手として選ばれるのは
2007年以来9年ぶり。
日本ハムとしても釧路での一軍主催試合は2009年以来だそう。

釧路市民球場の改修工事が終わったことで一軍主催に耐えうる
仕様になったという判断から、以前開催されていた釧路・帯広
2連戦の復活となったのでしょうが、こちらはナイター設備が
両球場ともありませんので、平日(火曜・水曜)開催ながら
デーゲーム2連戦でしょう。

まぁ平日でもデーゲーム2連戦であれば、どちらか一方であれば
日帰り、両方観戦でも1泊2日で行けますから時間のないファンに
取ってはそれはそれで良いのかもしれません。

あとは12月中旬にオープン戦、来年1月下旬にイースタンリーグの
日程発表がされると来季の試合開催概要が明らかになりますが
そちらはそちらで楽しみに待ちたいと思います。


◆◇◆2017年も「東京ドーム主催試合」をやって欲しい! という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報846】 2017年セ・パ交流戦の日程が発表される4

昨日(9日)、2017年のセ・パ交流戦日程が発表されました。


日付    対戦相手 球場
5月30日(火) 阪神   QVCマリン (現)
5月31日(水) 阪神   QVCマリン (現)
6月 1日(木) 阪神   QVCマリン (現)
6月 2日(金) 広島   マツダスタジアム
6月 3日(土) 広島   マツダスタジアム
6月 4日(日) 広島   マツダスタジアム

6月 6日(火) 中日   QVCマリン (現)
6月 7日(水) 中日   QVCマリン (現)
6月 8日(木) 中日   QVCマリン (現)
6月 9日(金) ヤクルト QVCマリン (現)
6月10日(土) ヤクルト QVCマリン (現)
6月11日(日) ヤクルト QVCマリン (現)

6月13日(火) 横浜DeNA 横浜
6月14日(水) 横浜DeNA 横浜
6月15日(木) 横浜DeNA 横浜
6月16日(金) 読売   東京ドーム
6月17日(土) 読売   東京ドーム
6月18日(日) 読売   東京ドーム


*日程・開催球場は変更の可能性あり


の18試合。

今年とホーム・ビジターが入れ替わったのはvs広島・vs中日
の2カードだけ。

vs阪神・vsヤクルトは2年続けてQVCマリン(現)開催、vs横浜DeNA・
vs読売は2年続けてビジター開催となっています。

日程組みが難しいのは当然あるでしょうが、できれば各カードの
ホーム&ビジターは隔年で入れ替わるのが理想でしょうね。

関東圏はまだいいですが、関西のマリーンズファンは2年続けて
甲子園で観戦ができなくなりますし。


興行面で考えると、3週間で土日のホームゲームが2試合、
かつビジター動員が多いとは言えないヤクルト戦というところで
「旨味」はなさそう。
平日でも阪神戦はある程度埋まりますが。
(今年も平日3連戦で20,024人/24,148人/20,202人の動員)

15,000人入れば上々の平日ナイターですから、「タイガース効果」
に来年も期待ですかね。

またチーム的には広島以外は遠征がなく関東圏滞在ですから
こちらは負担少なく日程を消化できそう。
蒸し暑くなってくる時期でもありますし。
(これで大きく負け越したりしたらそれはそれで驚きです)


最後にマリーンズファンお楽しみの「遠征」について触れますが
広島戦(マツダスタジアム)が週末開催なので、土日休みの方に
取ってはまたとない遠征のチャンスかと。

安く抑えるなら成田空港~広島空港間を現在1日2往復している
格安航空会社「春秋航空日本」の利用ですね。

定期的に開催されているセールで航空券を購入できれば
片道3,700円ぐらいですから、格安航空会社特有の支払手数料・
座席指定料を含めても往復10,000円程度で広島までの足は
確保できそう。

後は成田空港・広島空港への地上交通費、広島での宿泊・食事代、
観戦チケット代がかかりますが、うまく収めれば土日の1泊2日
遠征(2試合観戦)が25,000円程度でできそう。

難点は往路の成田発が朝7時頃、復路の成田着が21時頃と朝早く
夜遅い為、成田空港が遠い方にはやや厳しいかもしれません。


利便性で言えば東京駅~広島駅を4時間弱で結ぶ新幹線ですが、
のぞみの指定席で片道約19,000円しますね・・・。

往復の新幹線+宿泊がセットになったプランも25,000円ぐらい
からあるようですが、今見る限り「土曜出発」が設定外に
なっているのが気になります。

まぁまだ来年の商品設定はわかりませんし、金曜~日曜で
「3連戦がっつり見るぞ!」という方には金曜がナイターで
ある(と思われる)以上、時間帯の融通がきく新幹線利用のが
良いのかもしれません。


◆◇◆来年の日程発表はいつも楽しみにしている という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報845】 2016マリーンズイースタン主催試合 柏の葉開催(マリンフェスタin柏の葉) アンケートを振り返る4

2016kashiwanoha_an
を振り返ります。


9月末に当ブログで行いました、「2016マリーンズイースタン
主催試合 柏の葉開催(マリンフェスタin柏の葉)」アンケートに
ついて、今更ですが振り返るのを忘れていたので振り返ります。


今年は開催自体が決まったのが8月初旬と遅かった上、当日は
朝方まで雨が残るなど試合開催自体も心配されたこともあり
ましたが、イベント試合「マリンフェスタ」としての開催で
あったこと、またサブローのイースタン最終出場試合で
あったことから、柏の葉開催(過去5回)史上2番目となる4,126人
の観衆を集めました。

今年のマリーンズイースタン主催試合の中ではダントツの
観客動員数(2位は4月24日日曜の茨城・牛久開催で3,025人)となり
昨年(もマリーンズイースタン主催試合ではトップの観客動員数
3,250人でした)同様動員力の強さを見せた結果となりました。

まぁ今年に関しては柏の葉・牛久と試合告知に対して当ブログが
苦言を呈した2開催が観客動員数では1位2位となりましたが
裏を返せばそれだけのポテンシャルがある地域ということなの
かもしれません。


ではアンケート結果について振り返ってみましょう。


■設問1
image


■設問2
image
image
image


う~ん、試合開催(9月11日)からアンケート開始(9月24日)まで
間が空いてしまったせいか、投票数自体が少なすぎですね。

予めアンケートを用意しておくなど、試合終了後に速やかに
意見を投票できるような環境作りを来年以降の課題としたい
と思います。

ただそのような中でも、

・ 試合の詳細は「マリーンズ柏の葉後援会(非公式)」ブログ
 (当ブログ)で確認した。

・当ブログ 柏の葉後援会(非公式)の「球場アクセス情報」が
 役に立った。


に票をいただけるなど、当ブログの情報を活用いただけた部分は
あったようです。
ありがとうございます。

来年以降も「マリーンズイースタン主催試合 柏の葉を含む
千葉県内開催」については当ブログにて積極的に取り上げて
いきます
ので、引き続きご覧いただけますと幸いです。


◆◇◆マリーンズイースタン主催試合の情報を積極発信するブログもありだと思う(ありがとうございます) という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
記事検索
にほんブログ村 ランキング