2017年02月

【会報888】 球団公式「ALL for CHIBA」ページ 着実に更新されるもイースタン情報はまだなし3

■やはり福浦はかっこいいですな。 球団公式より。
image


球団公式をさらさらと見ていたら、「ALL for CHIBA」のページが着々と更新されていました。
一軍については対象試合、Tシャツ・ユニフォームの配布試合もまとめられていましたし。

ただトップページに記載があるので問題はないかと思いますが、「イベントページ」を見ると一部4月16日(日)もTシャツ配布があるのかと誤認されそうな箇所がありましたので、その箇所だけは訂正した方が良さそうです。
(Tシャツ配布は4月15日(土)の先着20,000名のみ)


■ここだけ見ると、16日もTシャツ配布があるように思えなくもないかと・・・。 同じく球団公式より。
image


あとはグッズのカテゴリーに情報が追加されれば、一軍の試合だけで見ればほぼ完成なのでしょうね。

ユニフォームに関していえば「来場者配布ユニフォームには市名入りロゴは掲出しません」だそうで、5月7日(日)の鴨川市デー、7月1日(土)の浦安市デーにもらえるユニフォームに「鴨川市」「浦安市」の表記はないようです。

「浦安市」はまだしも「鴨川市」はある意味レアな感じがしますが・・・。
さすがに無料配布ユニフォームにそこまで手間暇かける気はなかったのでしょうが、せっかくなので都市名ロゴ付で配布した方が面白かったような気がします。


そして、千葉県内各地で試合を開催する正に「ALL for CHIBA」なイースタン千葉県内主催試合情報は見事なまでにノータッチ。

5月以降の開催となる各地はまだいいですが、新球場のこけら落としとなると思われ、かつ収容人数も最も少なく(2,500人見込み)チケットの売切れも考えられる、4月1日(土)の浦安開催(vs読売)の情報さえないのが気になります。

googleで検索しても、まだ新球場の詳細情報が掲載されていない浦安市のホームページと当ブログの記事、あとは実際に球場の様子を見に行かれた方のインスタグラムあたりしか見つかりませんでしたから、本当に情報がまだないものと思われますが。

ただ、さすがに開催まであと1ヶ月となりますから、球団主催なのであればきちんとした情報をそろそろ球団公式に掲載して欲しいですね。


◆◇◆一軍開幕2戦目とかぶるが、イースタン浦安初開催にも注目しています という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報887】 2017マリーンズ新応援歌発表 ヒットテーマ以外は・・・2

昨日(26日)、沖縄・那覇で行われた読売との行われたオープン戦で、「2017年マリーンズ新応援歌」が発表されました。

「どんな曲?」という方はこちらにてご確認ください。


上のリンク先にあるYou Tube内のコメントにもありますが、正直

ヒットテーマ以外は選曲者のセンスを疑うデキ

ですね。

*すべて元曲があるようなので、あえて「選曲者」としております。


コメントの中には「現場に来ない奴が文句言うな」とか「文句言うならもっと声を出せ」などというものもありますが、現場に多く足を運ぶからえらい訳でもないし、この選曲センスでは声を出す気自体も無くしかねないかと。

パラデスは盛り上がりのポイントがわからない、ダフィーは「昔の平下かよ!」とツッコミたくなりますし、試合開始のテーマが「星に願いを」では、「さぁ!これから戦うぞ」という雰囲気にはならないでしょう。

田村の応援歌を併用でもう一曲作る意味も見えてこないですし。

まぁ「星に願いを」は今年から行われる「イースタン浦安開催」限定で、ご当地応援歌的にやるのであればありかもしれません。


外国人2人の応援歌について正直このレベルであれば、ナバーロとかホワイトセルの流用の方がまだ盛り上がったかと。
ダフィーはワトソンの流用が最適かと個人的には思っていますが、あの時代の応援歌復活はまた揉めそうですしね・・・。


いずれにせよ現応援団のセンスのなさは来年以降も改善されないでしょうから、(現応援団が解散するか、ジントシオ氏が復活でもしない限り)もうこうなったら応援歌も一般から公募したらどうでしょう。


①1月中旬に応援歌作成対象(選手・シチュエーション)を応援団から発表
②募集期間は1月末まで データファイルで指定のメールアドレスに送信
③2月1日~20日頃 応援団内で選考
④選考完了次第結果発表 できれば沖縄本島でのオープン戦をお披露目の場とできるようにする。



このようにすれば、現応援団は候補の中から選ぶことになりますから、自ら選曲(作曲?)する手間が省けます。

また選考理由や選考された楽曲の応募者は未公表のがいいですね。
名前とか出してしまうと、無用なトラブルの原因になりかねませんし。

あと「沖縄本島のオープン戦をお披露目の場」と定めておけば、JTBが展開するオープン戦観戦ツアーのポイントとしてうたえる可能性もありますから、その部分でJTBから何かメリットを享受できるかもしれません。

いずれにせよ「応援活動」がマリーンズのひとつのウリと認知されている以上、現応援団の取り組み姿勢は遅かれ早かれ改めないといけないでしょうね。

先日当ブログで行った「2017年、マリーンズ公式応援団に期待したいこと アンケート」でも得票数1位となった「新外国人 ダフィー・パラデスの応援歌は盛り上がるものを希望」さえ、もう即刻裏切っていると言われても仕方のない状況ですし。


◆◇◆「新応援歌のセンスのなさには正直残念」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報886】 イースタン茨城・牛久開催はハム主催 あと土浦も4

DSC07568


あてもなくNPB(日本プロ野球機構)のサイトを見ていたらこのようなニュースが・・・。


イースタン・リーグ公式戦開催球場変更のお知らせ

北海道日本ハムファイターズは9月2日(土)、3日(日)に鎌ケ谷スタジアムで開催を予定しておりましたイースタン・リーグ公式戦、千葉ロッテマリーンズ戦の開催球場を変更することになりましたので、お知らせいたします。
なお、本件は1月に発表した筑波大学発ベンチャー「(株)Waisportsジャパン」および筑波大学リサーチユニット「スポーツ環境デザイン」との産学官民連携プロジェクト、「茨城県西南地域でのスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト」の一環として開催するものです。

イースタン・リーグ公式戦開催球場変更

<変更前>

9月2日(土)vs.千葉ロッテマリーンズ(鎌ケ谷スタジアム、13:00試合開始)
9月3日(日)vs.千葉ロッテマリーンズ(鎌ケ谷スタジアム、13:00試合開始)

<変更後>
9月2日(土)vs.千葉ロッテマリーンズ(茨城県牛久市・牛久運動公園野球場、13:00試合開始)
9月3日(日)vs.千葉ロッテマリーンズ(茨城県土浦市・川口運動公園野球場、13:00試合開始)


なお、チケット販売概要などにつきましては、6月上旬頃、北海道日本ハムファイターズホームページなどで発表する予定です。

<茨城県西南地域でのスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト>
http://www.fighters.co.jp/news/detail/00000007.html
(ファイターズ球団公式より)



情報についてはより詳しい情報が載っていたファイターズの球団公式から引用しましたが、昨年牛久市制30周年を記念してマリーンズがイースタン主催試合を行った牛久運動公園野球場と、今年7月にスタンドの増築工事が終了するらしい土浦・川口運動公園野球場でファイターズがイースタンの主催試合を行うとのこと。

ファームの本拠地鎌ケ谷からは確かに遠くはありませんが、一軍の本拠地は札幌のファイターズがなぜ急に茨城でイースタンの主催試合を組んだのか。
その背景は以下のプロジェクトにあるようです。


茨城県と北海道の架け橋に!茨城県西南地域でのスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト


北海道日本ハムファイターズは、茨城県西南地域において筑波大学発ベンチャー「(株)Waisportsジャパン」および筑波大学リサーチユニット「スポーツ環境デザイン」と共同で、産学官民連携によるスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクトをスタートいたします。

北海道日本ハムファイターズの本拠地は、札幌市(1軍)と千葉県鎌ケ谷市(ファーム)にありますが、プロ野球フランチャイズの空白地である茨城県西南地域での様々な取り組みが日本野球界の普及・振興・育成につながり、暮らしやすさで注目されるつくばエクスプレス沿線でのスポーツナレッジを活用した新たな魅力創出、さらに地域間交流を深めて茨城県と北海道の架け橋となることに意義を感じております。産学官民および地域住民の皆様とプラットフォームを形成しながら、本プロジェクトを通じて新たなチャレンジを推進してまいります。


主なプロジェクト内容
(1)茨城県西南地域のイベントなどと連携した事業
(2)野球教室など当社ベースボールアカデミーに関連する事業
(3)東京ドーム主催試合と連携した事業
(4)イースタンリーグ公式戦主催試合
※詳細は決定次第、発表させていただきます。
(ファイターズ球団公式より)



「vsマリーンズ戦」を選んだのには、ある程度ビジターの観客を見込んだふしもありそうですが・・・。

それにしても、「地元筑波大学発のベンチャー企業と筑波大学本体と手を組んで、プロ野球球団空白地域である茨城県西南地域での様々な取り組みを・・・」 って、こういったものは昨年のイースタン主催試合開催できっかけを作ったマリーンズが先立って進めておくべきではなかったのでしょうか。

昨年、圏央道が東関道とつながったことにより(大成JCTまで)、茨城県西南地域から幕張地域への車でのアクセスは確実に向上した訳ですし。

ファイターズは鎌ケ谷にファームの本拠地があるとはいえ、一軍の試合が比較的間近で見られるのは東京ドーム開催の年7試合(2017年)のみ。

一方のマリーンズは依然茨城県西南地域から鉄道でのアクセスには難があるとはいえ、年70試合以上の一軍の試合が比較的間近で見られる訳ですから、本来はどちらの球団がこの地域へのアプローチをしておいた方がよかったかは明白でしょう。

まぁイースタンの地方開催主催試合でも地域と手を組んでプロジェクトとして進めるファイターズと、後援会主導の試合は主催試合であっても丸投げ感の強いマリーンズ。(柏の葉開催のことだ!)

茨城県西南地域の立場からしてみれば、どちらが良いかは言うまでもなさそう。

ホント、ファイターズの球団運営には見習うことが多いです。
唯一難があるとすれば、札幌ドームのビジター応援席を繁忙期以外指定席にしてくれないことですかね。

早々に札幌ドームに行って場所取りをする時間が無駄なので、週末についてはビジター応援席も指定席にして欲しいのですが・・・。


当ブログとしては昨年牛久運動公園野球場に行きましたので、今年は土浦訪問かな・・・ という感じですかね。


◆◇◆こういった「地域との連携」という点で見ると、マリーンズもまだまだだなと思う・・・ という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報884】 2017オープン戦初戦 vs東京ヤクルト ~沖縄・浦添~ を現地から生レポート4

■当会Facebookも活用し現地からweb生レポートの予定です。
image


いよいよ2017年オープン戦が開幕。
マリーンズの初戦となる、沖縄・浦添市民球場での東京ヤクルト戦を当ブログ及び当会Facebookにて生レポートいたします。
(スポーツナビでテキスト速報があるようですので、当ブログでテキスト速報は行いません。 またCS放送「フジテレビone」で中継があるようです)

よろしければぜひご覧ください。

当会Facebookはこちら


【以下、現地からのレポート(抜粋)です】

■ 那覇空港に無事到着しました。
まだ少し試合開始まで時間がありますので、浦添市民球場に向かう前に那覇で早めのお昼にしたいと思います。

image


■マリーンズ先発は大嶺祐、スワローズ先発は小川とのこと。
image


■この日のスタメン 新外国人のパラデスが4番、ダフィーが6番でスタメンです。
image


ちなみに新外国人(パラデス・ダフィー)の新応援歌発表はしないそう。
応援団の人手不足だそうで・・・。 なんだそれ。(その後、明日26日の那覇で発表する旨説明あり)



■初回先頭の中村がフォアボール、3番清田のレフト前ヒットで1・2塁とすると、5番鈴木大地のライト前タイムリーヒットでマリーンズ1点先制!
注目の新外国人はパラデスが空振り三振、ダフィーがフォアボール。

image


□2回には清田のタイムリーとパラデスの来日第1号アーチで4点を追加!
image


■更に3回にはダフィーの来日第1号アーチでもう1点!
image


この時点てまは試合時間3時間半超えを覚悟しましたが、この後があまりにサクサク進んで16時よりかなり前に試合終了。

0-6でオープン戦初戦を快勝しました。

まぁ3回までにヤクルト先発小川から6点を取りましたが、その後は石川―館山―近藤(元オリックス)の前に無得点。

マリーンズ投手陣は先発の大嶺祐がフォアボールで崩れることなく5回無失点、2番手以降の松永―南―高野もランナーは出しつつも無失点で切り抜けました。

松永が先頭打者の坂口にぶち当ててデッドボールにしてしまったり、南がブレイク前の一昨年を彷彿とさせる不安定な制球を見せるなど、ややコントロールに課題は残りましたが・・・。


◆◇◆「オープン戦現地レポート」、なかなかよかったと思う。(ありがとうございます) という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報883】 台湾発「マリーンズ応援歌動画」が秀逸な件

マリーンズと石垣島で交流戦を行っている「台湾プロ野球 Lamigoモンキーズ」の各種応援歌を聴く際、You Tubeにアップされている「Toshihiko Hayashi様」の動画をよく再生していますが、この度マリーンズ関連の動画も作成され、私などが評価するのはおこがましいながら秀逸な完成度でしたので、当ブログでも紹介させていただきます。

動画はこちら。



「【千葉ロッテマリーンズ】MIDI 2000~2016年外国人選手応援曲メドレー」


デスパイネ・ナバーロなど最近の外国人選手のみならず、ジェフ・バリーとかリック・ショートとか入っているのがツボ過ぎます。

まぁ全166評価(2/21現在)のうち、163が高評価になっているのもうなうなずけますね。

他にもLamigoをはじめとした台湾各球団の応援歌、WBC台湾・韓国代表の応援歌など、様々な動画を作成されておりどれもハイクオリティですので、まだご覧になられていない方はぜひこちらからどうぞ。


◆◇◆「確かに納得のハイクオリティだ!」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
記事検索
にほんブログ村 ランキング