2017年09月

【会報968】 ロッテ 井口に次期監督の就任を打診 !?1

image


<プロ野>ロッテ 井口に次期監督の就任を打診

プロ野球・ロッテが、今季限りで現役引退する井口資仁(ただひと)内野手(42)に、次期監督の就任を打診していることが23日までにわかった。球団関係者が明らかにした。

 ロッテは今季、開幕直後から低迷が続き最下位(23日現在)。就任5年目の伊東勤・現監督が8月、シーズン終了をもって、引責辞任すると表明した。

 球団側は、次期監督の人選を進め、韓国ロッテで1軍打撃コーチを務めるOBのフリオ・フランコ氏(59)の名前も挙がったという。しかし、井口は監督経験はないものの、大リーグでプレーするなど経験豊富な点や、後輩選手からの信頼も厚いことなどが高く評価された。本拠地・ZOZOマリンスタジアムで24日に行われる井口の引退試合の後、交渉が本格化する見込みだ。

 現役最年長野手の井口は、1996年ドラフト会議の逆指名1位で、青山学院大からダイエー(現・ソフトバンク)入り。2005年に米大リーグ・ホワイトソックスに移籍し、ワールドシリーズ制覇に貢献した。その後、フィリーズなどを経て、09年にロッテに移り、日本球界に復帰した。日米通算で2407試合出場、2252安打、294本塁打、1220打点を記録している。
(毎日新聞より)



さすがマリーンズ。
今年で引退する井口に次季監督の白羽の矢を立てましたね。

ホント安直。
ホント目先の事しか考えていない。
フランコはダメですか?
掛布は? 思い切って落合は?

「井口監督」そのものに反対ではありません。
ただ来季ではなく、解説やコーチで外部から客観的に野球を見てからでも全然遅くはないと思うのです。 まだ42歳ですし。

二木、酒居、佐々木と若い力が出てきましたがまだまだ信頼できる頭数の足りない先発陣、絶対的存在のいない中継ぎ、抑え。
パワー不足、かつ一軍半クラスが多くメンバーを固定できない野手陣。

直さなくて、鍛えなくていいところなど皆無に近いのに、その舵取りを現役を引退したばかりで専属指導者経験のない井口に託そうというのですから、「チームを安定して強くしよう」というプランニング、ビジョンが皆無なんでしょうね。

井口には「外から野球を見て勉強したいのでお断りします」と球団からの打診を一蹴して欲しいですが、まぁ受けてしまうのでしょうね。


◆◇◆「井口監督」は解説やコーチで外部から客観的に野球を見てからでも全然遅くはないと思う という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報967】 酒居ナイスピッチ!5

~2017パ・リーグ公式戦 ZOZOマリンスタジアム~ 2017年9月20日(水)
公式戦132試合 47勝84敗1分  vsライオンズ 7勝16敗1分

ライオンズ 1 - 3 マリーンズ

M 100 000 200 3 8 0
L 010 000 000 1 4 0

勝 酒居 4勝1敗
敗 十亀 8勝6敗
本 山川19号① 吉田3号②

投手:M 酒居
   L 十亀―シュリッター-野田

※詳細結果はこちら(スポーツナビ)


昨日はチバテレビで4回から中継を見ていましたが、ルーキー酒居の球数少ないかつ安定したピッチングに惚れ惚れしました。

最終的には115球での完投勝利でしたが、5回終了で60球いくかいかないかの投球数。
最近のマリーンズ若手先発投手陣でこんなにサクサクと投げられる人はいたかな・・・ と思わせるぐらいです。

フォアボールも7回2アウトから5番森に与えたひとつのみ。
9回最後のアウトを取った4番山川に対してもカウント0-3から3-2まで整えてライトフライに打ち取ったように、不利なカウントから結局フォアボールを与えてランナーためて自滅・・・ がないのが大きいかと。
1~3回は見ていないので詳細はわかりませんが、明らかな失投は2回に山川に19号ソロを浴びた高めのボールぐらいでしょうか。

残り試合であと2回は先発機会があるでしょうから、ぜひあと2つ勝っていただいて「今季6勝1敗」、そして来季の先発ローテーション定着&2桁勝利の足がかりにして欲しいなと思います。

勝ち越しの3号2ランホームランを放った吉田も見事でした。
初回の3番鈴木大地のタイムリー以降、結局ライオンズ先発十亀の前に抑えられていましたし。
ただ7回、1アウトから7番肘井がレフト前ヒットで出塁した後、平沢-吉田と並ぶ打順を見て、「これは肘井が2塁までさえも行けないかもしれないな・・・」と思ったのは事実です。 すみません。


◆◇◆「酒居には来季2桁勝利を期待!」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報966】 台湾遠征してる場合か?2

11月9日~13日の期間、マリーンズは台湾遠征を行い台湾代表チームと3試合の交流試合を行うとのこと。

Yahooコメント欄等で多くの方がコメントされていましたが、

交流試合をやる前に秋の鴨川キャンプで一から鍛え直した方が良いのでは・・・?

と当ブログ管理人も思います。

台湾プロ野球で今季72勝35敗1分(9月19日現在)の圧倒的な勝敗を誇り、前後期共にリーグ首位をキープするLamigo相手に今年のマリーンズが互角に戦えるのかさえ不安なのに、更に他3球団の主力を集めた代表チーム相手では更に厳しい戦いになる気しかしません。

唯一の救いは台湾代表チームとの対戦となると、Lamigoの快進撃を支えている外国人先発投手陣が出てこないことですかね。

なにしろ史博威(Zeke Spruill)、道恩斯(Darin Downs)、賽格威(Zack Segovia)の3人で36勝12敗 勝率.750の貯金24ですからね。
リーグのレベルは違えど、今のマリーンズで果たして攻略できるのか・・・ という感じもしますし。


ロッテが11月に台湾遠征、チャイニーズ・タイペイ代表チームと交流戦3戦
山室球団社長「3試合全て勝つという気持ちで挑みます」


ロッテは18日、11月9~13日に台湾遠征を行い、チャイニーズ・タイペイ(台湾)代表チームと3試合の交流試合戦うと発表した。ロッテの台湾遠征は2014年以来となる。

キャンプではCPBLラミゴと交流試合を定期的に行っているロッテ。山室晋也球団社長は、今年2月に石垣島でラミゴ劉?廷GMと会った際に「今シーズン終了後、また台湾で交流試合を行えれば」と話をしたという。ラミゴとは来年も石垣島で交流試合をすることが決まっているが、11月は代表チームとの対戦で実現した。

山室球団社長は「このたびは、再びマリーンズの台湾遠征が決まり嬉しく思っています。2014年、桃園球場にて行われたラミゴとの交流試合『パワーシリーズ2014』では、熱狂的なファンの皆さんの応援がとても印象に残っています」とし、「再び交流試合に招待してくれたことに感謝します。また、CPBLにはチャイニーズ・タイペイ代表チームと試合を行う計らいをしていただいたことに感謝します。マリーンズとしては、3試合全て勝つという気持ちで挑みます」と意気込んだ。

試合は11月10~12日の3日間、台湾・桃園市にある桃園国際棒球場で開催される。2014年には台湾・桃園市にてラミゴと交流試合を3試合行い、1勝2敗の戦績だった。
(フルカウントより)



山室球団社長は「3試合すべて勝つという気持ちで・・・」「このたびは、再びマリーンズの台湾遠征が決まり嬉しく思っています。2014年、桃園球場にて行われたラミゴとの交流試合『パワーシリーズ2014』では、熱狂的なファンの皆さんの応援がとても印象に残っています」 と話していますが、その割に試合や遠征のPRはあまりしないですよね。

・ZOZOマリンでの主催試合で随時告知するとか。(各種ビジョン・ポスター・ちらしなど)
・観戦ツアーを旅行会社(いつものJTB?)に造成させるとか。
・球団公式ホームページ内に特集ページを作るとか。
・Lamigo球団や台湾プロ野球と交流があることを示す展示を行うとか。


いくらでもPRのしようはあるかと。

ホント目先の金になることしかやらない印象ですが、告知に力を入れることで相互理解は深まるでしょうし、台湾の野球ファンをZOZOマリンへ呼び込むことの一助になると思うのですが。

実際台湾の野球ファンは陽岱鋼見たさに札幌ドームや東京ドームに多数足を運んでいる訳ですし。

成田・羽田両空港からリムジンバスで一本とアクセスもいいですし、Lamigoと提携している球団の野球を見てみようという需要は少なからずあると思います。


最後に台湾遠征をお考えの方向け情報ですが、台湾の格安航空会社「タイガーエア台湾」が明日21日から「就航3周年記念セール」、シンガポールの格安航空会社「スクート」が今日20日から「友達と一緒に旅に出ようセール」を開催。

預ける手荷物や機内食は別料金ですが、なんと成田(一部羽田)~台北往復が14,000円~20,000円程度と破格値です。

座席数には限りがあるのでもちろん早めの予約・決済が必要ですが、この価格なら休みさえ取れれば台湾に遠征したくなりますね。
(当ブログ管理人はさすがに今年行きすぎたのでもう行けません)


■タイガーエア台湾 詳細はこちら
image


□スクート 詳細はこちら
image




◆◇◆「台湾遠征する前に鴨川キャンプで鍛え上げる方が優先では?」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報965】 2017年9月16日(土)イースタンリーグ公式戦 マリーンズvsファイターズ ~千葉市原・ゼットエーボールパーク~ 試合経過&観戦記

DSC03126
 
 
■2017イースタンリーグ公式戦
 千葉ロッテマリーンズ vs 北海道日本ハムファイターズ
 試合経過 9/16(土)


天気:あめ一時くもり ~試合終了~ 16:00開始
試合時間 約2時間55分  観衆1,004人

ファイターズ 100 000 000 1 5 3
マリーンズ  000 511 00x 7 8 1

勝 西野 2勝4敗
敗 立田 5勝6敗

【投手】
フ 立田ー瀬川ー榎下
マ 西野ー東條ー益田ー高野

【本塁打】
フ 浅間5号① 
マ 香月一9号①


【試合経過】
※管理人の球場到着が4回裏でしたので経過もそこからとなります。

■4回裏 投手:立田
初回先頭打者浅間のホームランでファイターズ1点リードで迎えたこの回、マリーンズが一気に畳みかけ5点を奪い逆転します。

7番三家のレフトへのタイムリーヒットでまず1-1の同点、8番江村のレフトへの犠牲フライで2-1と勝ち越し。
そして9番大木のタイムリーヒットで4-1。
先頭に返って1番サントスのショートゴロをファイタース平沼がエラーし5-1。
2番岡田も再びショートゴロもまたまた平沼がエラーしなおも2アウト1・2塁。
 
3番ダフィーの代打、8月初旬に左ひざを痛めて以来戦列から離れていた井上がフォアボールを選んで満塁。
しかし4番根元は見逃し三振。

根元はこの判定を不服とし審判に対し声を発しますが、これが侮辱行為とみなされ退場となってしまいました。

   
□5回表 投手:西野  ファースト:根元→猪本  代走脇本(岡田の代走)→ライト
2アウトから1番浅間にショート内野安打、2番平沼にフォアボールを与えますが、3番岡を初球センターフライに打ち取り反撃をかわします。


■5回裏 投手:立田  (イニング途中) ライト:姫野→岸里 姫野が打球を追ってフェンスに衝突した為。
1アウトから6番香月一が右中間スタンドに飛び込む9号ソロホームランを放ち6-1とします。


□6回表 投手:西野
1アウトから5番高濱の強い当たりのセカンドゴロがイレギュラーし、大木が取れずエラーとなりますが、西野が後続2人をきっちりと打ち取ります。


■6回裏 投手:立田→瀬川
先頭の9番大木はサードライナーに倒れますが、1番サントスがフォアボールを選び出塁。
続く2番脇本の打席でサントスが盗塁を試みると、キャッチャーからの送球が悪送球となってサントスは一気に3塁へ。
脇本はきっちり犠牲フライを打ち上げマリーンズが更に1点追加。 7-1とします。


□7回表 投手:西野→東條 柴田:レフト→センター サントス→レフト伊志嶺 キャッチャー:江村→柿沼
6回を4安打1点にまとめた先発西野に代わり、2番手として東條がマウンドへ。
東條は相変わらずの制球難で、先頭の8番郡、1アウトから1番浅間、ファースト猪本のファインプレイに救われた後の2アウトから3番岡と3四球で満塁のピンチ。
しかし4番近藤の代打宇佐美をセカンドフライに打ち取りなんとか無失点。
あのまま近藤が打席に立っていたら2~3失点はあったかもしれない内容でした。


■7回裏 投手:瀬川
先頭の4番猪本が空振り三振、5番柴田がフォアボールを選ぶも6番香月一が6-4-3のダブルプレーで3人で攻撃終了。

    
□8回表 投手:東條→益田
本来ここ(ファーム)にいてはいけない益田が3番手として登板。
先頭の5番高濱を空振り三振、6番森本をファーストフライ。
7番今井にはライトヘのヒットを許しますが、8番郡をファーストへの小フライに打ち取るまずまずの内容を見せました。


■8回裏 投手:瀬川→榎下
2アウトから9番大木が二遊間を破るセンター前ヒットで出塁しますが、1番伊志嶺が低めのストレートに手が出ず見逃し三振。


□9回表 投手:益田→高野
ライトの守備についた脇本からライトスタンドにいるファンにちょっとしたサプライズがあり、ライトスタンドが盛り上がります。
2週間前の土浦では崩れましたが、ファームでは安定した投球を続ける高野(防御率1.67)が4番手として登板。

先頭の9番岸里を空振り三振、1番浅間をファーストフライ、2番平沼をピッチャーへの小フライに打ち取り試合終了。

ライトスタンドからは「ちょっとしたサプライズ」を仕込んでくれた脇本に「ありがと!ありがと!脇本」のコールがありました。

※試合経過は管理人が手元で控えたもので公式記録とは異なる場合があります。 予めご了承ください。


🔶試合感想&雑記
・昨年(習志野秋津→柏の葉)に続いて、柏の葉開催の前日からイースタン連続観戦です。
(柏の葉は残念ながら雨天中止になりました)

・仕事終わりにJR総武快速線でゼットエーボールパーク最寄りの内房線五井駅に向かいます。 今にも泣きだしそうな曇り空でしたが、津田沼駅を過ぎたあたりからついに雨が降り出しました。

・五井駅西口から小湊鉄道の臨時バスが20分おきで走っているということでしたが、結局乗り場が見つからずタクシー(ちょうど1,000円)を利用することに。 五井駅西口で工事をしており通常の路線バス乗り場もわかりづらかったのですが、臨時バスの乗り場はどこにあったのでしょうか。

・球場に着き入場券を購入して中に入ると4回裏、ちょうどマリーンズ打線が畳みかける瞬間でした。

・西野は5回・6回と安定した内容でまとめ、やっと今季ファームで2勝目をあげました。

・途中一旦雨が止む時間帯もありましたが、基本ずっと雨降る中での試合でした。
 そして試合終盤には雨脚も強まり、試合途中で球場を後にする人も多く見受けられました。

・今年2017年は市原ゼットエーボールパークで3試合のマリーンズ イースタンリーグ主催試合を開催しましたが、観客動員数が1,086人、1,009人、1,004人と他の開催球場と比べても最低ランク。

広報不足なのか観客の絶対数が少ないのか・・・。 いずれにしても来年以降は開催数の見直しが入りそうです。


◆以降写真です。 あわせてどうぞ。
□球場正面チケット売り場に設置された試合案内表示。
DSC03097
 
DSC03096
 
 
□球場到着時は0-1だったのが・・・。
DSC03098
 
 
□あっという間に5-1に!
DSC03099
 
 
□マリーンズ先発は西野。 今年2回目のゼットエー登板。
DSC03102
 
 
□正直観客の入りは悪いです。 天気が悪いせい・・・ でもないみたいですし。
DSC03100
 
DSC03101
 
DSC03103

DSC03114
 
DSC03115
 
 
□5回裏終了後は恒例「魚のテーマ」♪
DSC03109
 
DSC03108
 
DSC03107

DSC03106
 
DSC03110
 
 
DSC03111
 
※魚のテーマ = サンボマスター「ミラクルをキミとおこしたいんです」。


□マリーンズ3番手益田。 ここにいてはいけないピッチャーなのですが・・・。
DSC03113
 
DSC03117
 
DSC03119
 
DSC03120

DSC03123
 
 
□試合終盤は雨も強まり、お客さんがどんどん帰っていきます・・・。
DSC03124
 
 
□試合終了。
DSC03125
 
 
□試合開催を告げるちらし。 積極配布しているんでしょうかね・・・?
DSC03131


おまけ/帰り道 つくばエクスプレスの上り最終北千住行を見かけました。 北千住行は1日1本なので貴重かと。

DSC03127
 
DSC03128
 
DSC03129


◆◇◆「西野の好投、中盤の集中打&香月一の一発となかなかいい試合だったのではないか」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報964】 2017柏の葉開催は雨天中止

image


当ブログとして最も広報活動に力を入れる地元柏の葉でのマリーンズ イースタン主催試合ですが、台風とそれが連れてくる秋雨前線には勝てません。

2018年開催に期待します。
※購入済のチケットはすべて購入個所で払い戻しとなります。


◆◇◆「イースタン柏の葉開催中止はとても残念」という方、よろしければクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
記事検索
にほんブログ村 ランキング