2018年02月

【会報976】 柏の葉キャンパス駅東口「オークビレッジ」が撤退2

image

image


柏の葉キャンパス駅東口に「オークビレッジ」の名前で農園・バーベキュー場・ビアガーデン・ベーカリー・イタリアンレストランを展開していた「KCJグループ」が、柏の葉から撤退することになりました。

撤退日は3月30日(金)ということで、既にバーベキュー場・ベーカリーは今年1月で閉店済です。

■文字が取れたままのバーベキュー場案内と、閉店済のベーカリー
image


農園は規模がかなり縮小され、ウエディングも受けていたイタリアンレストランも一時期の賑わいは失われてきています。

ただ先日、実際にイタリアンレストランに足を運んでランチをいただいたところ、サラダバイキングの野菜もパスタもおいしかったですし、店員の方の接客も満足いくものでした。

■イタリアンレストランの外観
image


頻繁ではないものの、ベーカリーやバーベキュー場も利用しました。
こちらも値段はそれなりにはするものの、味や量含め満足いくものでしたので正直残念ですね。

今後は地元企業が新たにテナントとして入り営業するとのことですが、柏の葉キャンパス駅周辺は開発を手掛けている三井の思惑が強いのか、業種やテナントが偏る傾向があるので、より地元住民が生活しやすくなる業態の店舗ができて欲しいです。

現在もベーカリーショップがららぽーと1階にある1店舗だけなのに、タリーズコーヒーは3店舗もあったり、隣駅の流山おおたかの森や柏たなかには深夜まで営業しているスーパーマーケットがあるにもかかわらず、柏の葉キャンパスはららぽーと内の東急ストアが22時で閉店してしまうと、もうコンビニかマクドナルドかチェーン居酒屋しか食の選択肢がないのも「・・・」過ぎます。

「オークビレッジ」の建物をそのまま生かすのであれば業種は限られますが、スクラップ&ビルドするのであれば、深夜(24時or1時)まで営業しているスーパーマーケットと、オリジン弁当やほっともっとなどの弁当屋ができると個人的にはありがたいのですが。

まぁ果たしてどのようになるのか。 「オークビレッジ」跡地の動向もあわせて見ていきたいと思います。


◆◇◆「快速も止まらない、出入口もひとつしかない駅の周辺にタリーズコーヒー3店舗は明らかに多いのではないかと思う」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
にほんブログ村

【会報975】 イースタン茂原開催追加の告知は?

image


先日ふとNPB(日本野球機構)のホームページを見ていたら、イースタン・リーグ試合日程の変更記載があったのでクリックしてみました。

開催球場の変更
月日     カード 球場・開始時間
9月15日(土) M-F ロッテ 13:00 → 茂原 13:00 に変更


昨年、2009年以来8年ぶりの試合開催が予定されるも強弱をつけながら降り続く雨により2回でコールドゲームとなってしまった、茂原・長生の森公園野球場でのマリーンズ イースタン主催試合が再度追加で組まれました。

*昨年2017年のようす
【会報936】 8年ぶりのマリーンズイースタンリーグ主催試合 2017/6/18(日) 茂原・長生の森公園野球場 試合直前~ レポート → 14:10過ぎ 2回裏1アウトM2-7Sの時点で雨天ノーゲーム



普通はこの後球団公式のニュースで「イースタン茂原追加しました!」ってお知らせするものでしょうが、それさえやらないのが「マリーンズクオリティ」。(本日26日月曜日時点で何も追加告知されていません) 

球団公式「2軍情報」内のスケジュールはいずれも更新されていますが、さすがにここの詳細変更に気づく方は当ブログ管理人のような普段からイースタン開催に目を向けている人間ぐらいでしょう。

2018M Eastern Chiba

2018Sep M Eastern Calender
(いずれも球団公式より)

こういったところのインフォメーションの甘さが、「マリーンズ イースタン千葉県内主催試合」の盛り上がりを削いでいることにいい加減気づいて欲しいですね。 このこと自体は小さなものですが、情報告知は様々な積み重ねが大事だと思いますし。


◆◇◆「イースタンとはいえ、試合会場の変更はきちんとニュースで告知した方がいい」と思われる方はぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報974】 2018年マリーンズ イースタンリーグ(ファーム/二軍) 千葉県内主催試合について4

結構前になりますが、先月23日に2018年のイースタンリーグ公式戦日程が発表になりました。

あわせてイースタンリーグ マリーンズ千葉県内主催試合の概要も発表になっています。

image
(球団公式より)
+茂原長生の森(9月15日土曜日開催)・・・。


やたらと浦安が多くないか!?

がとりあえずの印象です。

昨年4月にマリーンズのイースタンリーグ公式戦でこけら落としをした「浦安市運動公園野球場」。
JR京葉線舞浜駅から徒歩10分少々と立地も上々。
さすがに年6試合も開催して観客が集まるのか・・・ という気もしますけれど。

球団としては昨年は市原ゼットエー、一昨年は船橋でまとめ開催して最終的には観客を集め切れなくなっていますから、新しい球場でかつ昨年は開催した3試合ともそれなりの観客動員(1試合平均約1,900人)を記録した浦安に期待なのかもしれませんが。

ということで、現時点で球団公式からデータがピックアップできる、2008年以降のロッテ浦和球場以外で予定されたイースタンリーグ マリーンズ主催試合数を表にしてみました。(「予定」ですので、中止となった試合も数に含めています)

2008-2018 M Eastern Chiba


2008年は千葉マリン(現ZOZOマリン)でなんと12試合も組まれていました。
この頃は週末にデーゲームで一軍、ナイターで二軍の今とは逆の親子試合がありました。

鹿児島県の薩摩川内や鴨川など、最近ではイースタンの試合開催がされていない球場での試合も組まれていたのですが、この年以降はロッテ浦和以外の開催試合が減っていき、2011年は東日本大震災の影響もあってかわずか4試合となります。
(8月21日土曜に開催予定だった柏の葉開催が雨天中止となった為、実際の開催は3試合)

実はこの年、成田の開催球場が大谷津球場から、前年にオープンしたナスパスタジアムにひっそりと変更(!?)になっています。

その後、2012年から千葉マリン(現ZOZOマリン)の試合が徐々に増え、2015年からは船橋、2016年からは習志野秋津、2017年からは浦安、今年2018年は佐倉での開催が追加になっています。

他にも一時期開催がなかった市原ゼットエー・茂原長生の森開催が復活、茨城・牛久市の市制施行30周年記念試合もありました。


今年2018年は20試合がロッテ浦和以外での開催と、調べがつく限りでは過去最多の試合数となりました。

イースタンリーグ マリーンズ千葉県内主催試合の拡大は望ましいことですが、後は開催時期についてもう少しバランスが取れていると更に良いのですが。

シーズン開幕戦3月17日(土)の浦安開催の後、ZOZOマリン以外での試合開催は6月9日(土)の市原ゼットエーまで開催が2ヶ月半も空いています。

起案が遅いのか、球団や後援会の動きが遅いからなのかはわかりませんが、夏休み期間中や9月初旬のデーゲームはさすがに観る方も暑さで辛いかと。

今年は柏の葉・佐倉・成田ナスパ(薄暮かナイターにすればいいのに)あたりがそれにあたります。

4・5月の週末でロッテ浦和開催が4週ありますから、こちらに振り分けた方がいいと思うんですけどね。

まぁ柏の葉は球場(柏の葉公園野球場)の利用頻度が高いこと、あとは後援会がちょっとアレ(はっきり言えばやる気に欠ける)なのも理由かと思いますが。
また、柏の葉は一昨年2016年に「マリンフェスタ開催」で4,126人もの観衆を集めていることからも、初回開催から維持されてきた年間1試合開催(2014年は開催なし)をもっと広げても良いと思いますが、ここも後援会の絡みで試合を増やせないものと個人的には推測しています。

球団の直接開催にすれば、今年2018年の浦安(6試合)までは・・・ としても、年間2~3試合は開催できると思いますし、試合告知次第ではそれに値する観客動員数も見込めると思いますが。


ところで、当ブログでは今年イースタンリーグ マリーンズ千葉県内主催試合が開催される10球場すべてに実際訪問しています。
ZOZOマリン(今さら載せるまでもないので・・・)を除く9球場について、以下に当ブログ発信情報をまとめましたので、観戦の参考にしていただけますと幸いです。

■柏の葉(千葉県立柏の葉公園野球場)
【会報808】 柏の葉公園野球場へ行ってみた

□船橋(船橋市民球場 ※船橋市運動公園野球場)
【会報400】 祝・イースタンリーグ公式戦開催 船橋市民球場に行ってみた

■浦安(浦安市運動公園野球場)
【会報899】 2017年4月オープン! 浦安市運動公園野球場に行ってみた

□習志野秋津(習志野市秋津野球場)
【会報756】 習志野秋津球場に行ってみた

■市原(ゼットエーボールパーク)
【会報799】 市原・ゼットエーボールパーク(市原臨海球場)に行ってみた

□袖ヶ浦(袖ヶ浦市営球場)
【会報807】 袖ヶ浦市営球場へ行ってみた

■茂原(千葉県立長生の森公園野球場)
【会報900】 茂原・長生の森公園野球場に行ってみた

□成田(ナスパスタジアム)
【会報186】 成田ナスパ・スタジアム訪問記

■佐倉(長嶋茂雄記念岩名球場)
【会報932】 6月4日(日)イースタンG-M戦開催 千葉・佐倉 長嶋茂雄記念岩名球場に行ってみた


(情報はすべて当ブログ管理人訪問時のものです)

なお、更新可能な情報は随時アップしていく予定ですので、その際はまたお知らせします。


◆◇◆「2018年イースタンリーグ マリーンズ千葉県内主催試合」もなにげに楽しみ! という方はぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報973】 2018年「マリーンズの応援」について4

DSC07446
 

昨年も当ブログでは「マリーンズの応援」について複数回取り上げました。

公式応援団のFacebookに書き込みをすると、応援団を擁護されていると思われる方から否定的なコメントをいただきましたので、今年は当ブログ内で書いて終わりにします。

正直今の応援団には期待をしていません。

ただ毎年変わらないことをやっていては、娯楽・趣味が多種多彩にわたる今の時代「マリーンズを応援し楽しもう」という選択は徐々に得られなくなると思います。

基本は変えずとも変化も忘れない。

毎年そのような姿勢を公式応援団には持って欲しいと思うのですが、そのような期待を抱くのも酷なのかもしれません。

以下は当ブログが考える今年の応援についての提案です。


①井口の応援歌を有効活用しよう。
以前のバレンタイン監督や西村監督(西村ダンス)に応援(!?)歌があったのですから、井口監督にあってもおかしくはないです。

別に「新曲」を作る必要はなく、現役時代の応援歌2曲そのままでいいと思います。

「6番背負った 男の心意気~」は正に歌詞もそのままで違和感ありませんし、「井口打て~」は打てを「マクレ」に変えればまぁおかしくはないでしょう。

♪井口マクレ 井口マクレ ラララ…(繰り返す)
 マクレ~井口 頼むぞ井口(繰り返す)


試合中ではなく、試合前や勝利の後に用いるイメージですかね。


ついでと言っては何ですが、ファームでは今岡新監督のマリーンズ選手時代の応援歌を使っても面白いと思います。

♪渾身のその采配 手腕に願い込めて 
 Go Let's Go Go Let's Go 我等の今岡


元応援歌の「一打」を「采配」、「バット」を「手腕」に変えてみました。
応援歌2回繰り返し → 「今岡マリーンズ」コール4回とかだとしっくり来るでしょうか。

ファームの試合に公式応援団は来ませんので、こちらは有志で応援をされている方々に期待です。


②新チャンステーマ?の「CHARGE」はどうする?
昨年11月に台湾・桃園国際棒球場で行われた台湾代表との交流試合で、マリーンズのチャンステーマとして用いられた、台湾のプロ野球球団 中信兄弟のチャンステーマ「CHARGE」。

個人的にはノリも良く盛り上がる曲だと思いますので、ぜひ今年のマリーンズの応援で使用して欲しいのですが、今の応援団が果たして有効に活用できるのかどうか・・・。

どちらみち意味のわからない「チャンステーマは5回以降縛り」は今年も続けるのでしょうから、試合前半のチャンスでは「CHARGE」を使うとか、工夫とわかりやすい線引きをするのがよいかと。

あと振り付けも中信兄弟がやっているものをそのまま使うのか、マリーンズ用にアレンジを加えるのか。
このあたりも決めるのがいいですね。


③選手応援歌をきちんと決めよう。
ジントシオ氏がマリーンズ応援団から離れて以来、選手個人の応援歌は必要最低限のものだけ作成しているイメージで、気づけば「♪汗をかいて~ 涙を流し~」の若手のテーマ適用の選手が中堅どころにまでなっている状況・・・。

以前作った応援歌の流用でかまわないと思いますので、選手応援歌は決めた方がいいです。

〈案〉
・平沢

2010 西岡流用
♪~ たいが ♪~ Let's Go!
♪~ スピードスター! ♪~ たいがー ひらさわ


西岡の流用だと「スピードスター」というワードが入りますので、平沢はそこまでスピードスターではないだろ・・・ ということであれば、今江の流用でも良いかと思います。

2011~ 今江流用
♪~ (前奏) たいが!
更なる未来 目指して突き進め 頂点狙え ひらさわたいが x2
たいが! たいが! たいが! たいが!


結構しっくり来ると思うのですが。


・三木
三木は昨年那覇での西武戦限定で使用された、的場の流用でよいでしょう。
単純に盛り上がりますし。

2010~ 的場流用
♪~ (前奏) いっけー!いけいけいけいけ みきりょう!(音楽)
ヨッシャーいくぞ! ラララララ(みきりょう) ラララララ(みきりょう)
さぁみきりょうの出番だ 俺たちの期待に応えて それ打てみきりょう~



・井上
G.G.佐藤(サントス)の流用か神戸の流用か。
どちらでもいけますね。

2013~ G.G.佐藤流用
♪~ せいや せいや いのうえせいや ララララララ~ラララ~
 ラ~ラ~ララララ~
 せいや せいや いのうえせいや ララララララ~ラララ~
 ラ~ラ~ララララ~
 Go!Go! いのうえせいや Go!Go! いのうえせいや

2010~ 神戸流用
♪~ (音楽) せいや!せいや! せいや!せいや! せいや!せいや!
 せいや!せいや!



・香月
南(竜介)の応援歌流用はどうでしょう。
南風ではなくマリンの風に乗せて。

2010~ 南(竜介)流用
♪マリンの風に乗せて~ 大きく飛ばそう 打てよ打てよ打てよさぁ
 ここで燃えろ香月~


ビジターと富山と東京ドームはどうしましょうかね。


・三家
三木ジャンプならぬ「三家ジャンプ↑」で。

♪みーけ みーけ みーけ みーけ みーけ みーけ・・・
(繰り返し)



・肘井
細谷が登場曲の「BOOWY/DREAMIN'」からそのまま応援歌に
入れるように、肘井も登場曲の「少林サッカー」からそのまま
応援歌に入ってみてはと思います。

イメージは以下動画の「台湾プロ野球 中信兄弟 林智勝応援歌」
をテンポアップさせる感じですかね。




歌詞は「♪お~」が中心で、曲の最後だけ「♪おおおお~ りゅうぞう」
で締めで。


・大木
背番号つながりで早坂流用ですね。
昨年ファームの試合ではこれで応援されている方が既にいましたし。

2010~ 早坂流用
♪ ~ (音楽) 早坂Go! (音楽)  早坂Go! (音楽) 早坂Go! (音楽)
 早坂ブッチ切れ~



ほぼ既存の応援歌流用ですが、だいぶバリエーションが豊富になりました。

「新曲ほぼなしだし、これぐらいはできますよね? 公式応援団!」と言いたくなります。

ルーキーは最初は 「♪汗をかいて~ 涙を流し~」の若手のテーマ適用でいいですが、初年度から一軍である程度の成績を残すようであれば、清田や伊志嶺のようにシーズン途中から個人応援歌を作って欲しいところ。

既存応援歌の流用でもまだネタありますし。(渡辺正、久雄・・・?)


以上、「今年のマリーンズ応援」に対する当ブログからの勝手な提案でした。

まぁでも何より大切なのは、「選手の後押しとなる応援」「ファンが盛り上がる応援」をいかに作り出せるかでしょう。

当ブログからの提案は、その手段のひとつに過ぎない訳で。

今の公式応援団の活動は正直選手もファンもあまり見ていない、ある意味「自己満足」な気がしてなりません。

公式応援団のFacebookに何をコメントされてもノーリプライなのは、「ボクたち一般ファンの意見は聞きません」という意思の表れなのでしょうし。

まだ2月中旬、開幕まで1ヶ月半ありますので「今年はちょっと違う」公式応援団の姿を見れたらいいなとは思います。 前述のように期待はしていませんが。


◆◇◆「マリーンズの応援」 2018年はより良い変化を遂げて欲しい という方はぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
記事検索
にほんブログ村 ランキング