先日、新応援歌(ターニングポイントテーマなど
先日発表されたもの)を聞こうかとYou Tube検索
をしていたところ、見つけたYou Tube動画の
コメント欄に新応援歌や最近の応援団のリード
に関する不満がチラホラと。

個人的にも最近のマリーンズ応援団に関しては
さほど良い印象を持っていなかったのですが、
同じように考えられている方が複数いらっしゃ
るんだなと。

ものすごく個人的で恐縮ですが、最近のマリー
ンズ応援団に良い印象を持てない理由をまとめ
ると、

①コール(選手名連呼やかっとばせ!かっ
 とばせ!○○)が長すぎる。

②①が長いが故に応援歌に入るタイミング
 が悪い。

③選手応援歌をあまりやりたがらない。
 (これはコールリーダーによりますが)
 
④「○○のテーマ」を作りすぎて、実際に
 ほとんど使われないものが多い。
 (例:シャナナ、チャンステーマ2など)
 
⑤もったいぶっているのか「チャンス
 テーマ」をやらな過ぎる。
 (特にチャンステーマ1)
 
⑥応援団員により吹けない曲があるの
 では?
 
⑦新応援歌(ターニングポイントテーマ等の
 4月に発表された3曲)が正直イマイチな
 感じを受ける。


といったところでしょうか。

④は「シャナナ」あたりに至っては実戦で
使ったことがあるのかというレベル。
ロマンシングサガと星のカービィが原曲の
「チャンスメイクテーマ」もかなり利用頻度は
低いかと。

⑤については、昨日10日の西武戦を例に取ると
11得点をあげながら一度もチャンステーマは
演奏されずじまい。

正に「チャンスばかりの試合」といっても
過言ではなかったのですが。

特に「チャンステーマ1」については、そのまま
利用権利ごと台湾プロ野球のLamigoに渡して
しまったのかと思いたくなるような未使用ぶり。

You Tubeの動画を探してみても、今季1軍公式
戦で「チャンステーマ1」が明らかに演奏されて
いるのは、4/21(水)のオリックス戦 9回裏
一打サヨナラのチャンスでの岡田の打席ぐらい
かと。(他にありましたら申し訳ありません)

だいたいこの手の話になると、「昔のMVPは
どうのこうの」という話題が出てきますが、
過去を振り返っても仕方ないですのでそれを
不問にしたとしても、ホントに選手の後押し
の為、またファンが一体となって盛り上がる
為に応援団が活動している
のか、自分達と
まわりの一部の人間だけが盛り上がればいい
という意識や、CDや楽譜を売るために新応援
歌を作ってないかという点で若干疑問に思え
る節がありましたので、ちょっと厳しい指摘
をさせていただきました。
(応援団の方も大勢の前に立って、かつ指揮を
する訳ですから、我々が想像する以上に大変
なのでしょうが)


◆◇◆「応援団が大変なのも頑張っているのも理解しているが、正直最近の活動全般は以前と比べあまり評価できない」と思われる方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村