~2015公式戦 7月30日(木) QVCマリン~
対埼玉西武 10勝6敗1分
2015公式戦通算 43勝44敗1分 4位

千葉ロッテ 2-0 埼玉西武

 000 000 000 0 2
M 000 100 10X 2 5
 
勝 イ・デウン 9勝2敗
S 西野 2敗21S
敗 郭俊麟 3勝6敗

L 郭俊麟-武隈-バスケス-増田
M イ・デウン-大谷-西野


マリーンズ先発のイ・デウンが7回でちょうど
100球、西武先発の郭俊麟が6回で113球と、
両チーム合わせて7本というヒット数、2-0と
いうスコアからも伺い知れるように投手戦で
ありながら、やたらとピッチャーの球数だけは
要している試合となりました。

そんな中でもマリーンズ先発イ・デウンは中継ぎ
転向前の6月始め以来の先発でありながら、7回を
被安打2 10奪三振の好投。

荒れ球がある意味持ち味ですから3四球は致し方
ない範囲でしょうし、初回にクルーズのエラー
と自身の暴投、5回に2四球でピンチを迎えつつ
も無失点で切り抜けたことを考えれば申し分の
ない内容と言えるでしょう。

打線も西武先発郭俊麟の前に6回までは3安打と
抑え込まれましたが、4回は2番角中フォアボール
3番清田のヒットでノーアウト1・3塁から、
デスパイネのサードゴロの間に角中がホームイン
し1点先制。

そして7回には、2アウト満塁から角中が押し出しを選び2点目。

4回も7回も結果満塁までいっていますから、
もっと得点が取れたような気もする
のですが、
今日のイ・デウン-大谷-西野の2安打完封
リレーの前には十分な援護だったのかもしれ
ません…。(と思うことにします)

この勝利で3位西武とゲーム差なし、勝率は
わずか1分3毛差
となりました。

明日からは苦手の日本ハム戦(今季4勝7敗)、かつ
札幌でのゲームで更に相手先発予想が吉川(予
告先発)-大谷-メンドーサあたりとなりそう
とはなから苦戦が予想されますが、ここで
勝ち越せれば勢いも本物のような気もします。


◆◇◆せっかく3位西武を3タテしほぼ追いついたので、日本ハム相手にもぜひ勝ち越して勢いが本物であることを見せて欲しい… という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村