DSC00325
 

今日27日(日)のオリックス主催でのマリーンズ戦が行われる「わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)」。

一昨年(2016年)冬に京都へ行った際、そういえば外周だけですが見てきていましたので、簡単にまとめてみます。

プロ野球の公式戦開催は3年ぶりだそうで。
女子プロ野球は随時開催しているイメージがありますが。


わかさスタジアム京都であす 3年ぶり公式戦 /京都

わかさスタジアム京都(京都市右京区)で27日午後2時から、3年ぶりのプロ野球公式戦、オリックス-ロッテがある。前回に続いて試合を主催するオリックスは、前身の阪急が改称前の西京極球場で1965年の府内初のプロ野球ナイトゲームをはじめ、多い年は年間15試合程度の公式戦を昭和40~50年代に開催。1967年の阪急のパ・リーグ初優勝も西京極で決め、後に野球殿堂入りする名監督、西本幸雄さん(2011年没)が胴上げされている。

それを受けて今回の試合はオリックスの監督、コーチ、選手が阪急の復刻ユニホーム(1985~88年のビジター用)を着用。1976年から3年連続最優秀選手に輝き、阪急の全盛期を支えた通算284勝のサブマリン投手、山田久志さん(69)が試合前に記念投球をする。また、プロ野球マスコットの草分け的存在として人気を博したブレービーも復活し、始球式は宇治市出身の女優、中村静香さんが務める。
(26日毎日新聞 京都版より)


JR京都駅・地下鉄東西線 太秦天神川駅・四条河原町から以下の通りバスでも行けるようです。

<バス利用の場合>

◆京都市営バス「西京極運動公園前」下車 徒歩5分
京都駅前
↓ 京都市営バス・73号
西京極運動公園前


◆京都市営バス「西京極運動公園前」下車 徒歩5分
太秦天神川駅前
↓ 京都市営バス・80号
西京極運動公園前


◆京都市営バス「西京極運動公園前」下車 徒歩5分
四条河原町
↓ 京都市営バス・32号、80号
西京極運動公園前
(京都市体育協会ホームページより)



あとは阪急京都線の西京極駅から徒歩約10分です。

阪急西京極駅は京都側始発駅の河原町駅から4つ目、停車するのは準急と普通のみです。

阪急西京極駅情報
(阪急電鉄公式より)

■阪急西京極駅。
DSC00358
 
DSC00309


■阪急電車 どの車両も落ち着いたカラーリングです。
DSC00307
 
 
■阪急西京極駅を出て右手に5分ほど歩くと、阪急電車のガード(歩行者用通路もあり)があり、くぐってすぐ先の横断歩道を渡るとすぐ向かいが「わかさスタジアム京都」のある「西京極総合運動公園」の敷地です。
DSC00312
 
DSC00315
 
 
■公園の敷地に入るとすぐ「わかさスタジアム京都」が見えてきます。 これは3塁側内野スタンド。
DSC00317


■球場の周辺は遊歩道(ランニングロード?)になっています。
DSC00318
 

■メインスタンドの外観。 かなり年季が入っています。
DSC00324
 
DSC00321

DSC00333


■チケット売り場。
DSC00322


■スタンドのご案内。
DSC00323


■フェンスに貼られていた電車とバスの時刻表。 記載内容は2016年冬のものです。
DSC00326

DSC00327


■ライト側外野通用口。 ちょうどライトポールの脇のところです。
DSC00334


■中には入れませんでしたので、外周からスコアボードを撮影。
DSC00336


■1塁側スタンド。
DSC00338

DSC00342


■メインスタンド。 いずれも一昔前の野球場な感じです。
DSC00341


■グラウンド全景? 影が・・・。
DSC00340


■3塁側スタンド(客席)。
DSC00345


■グラウンドには無数のタオル(?)が干してありました。
DSC00345
 
DSC00346


■ライト側外野席とスコアボード。(レフト側は撮影できず。 今回はレフト=マリーンズ側)
DSC00347


■阪急西京極駅には臨時改札口があります。 今回使用されるかは???ですが。
DSC00357

DSC00313


■臨時改札口からは阪急電車と線路がよく見えます。

DSC00354

DSC00355


◆◇◆「わかさスタジアム京都」についてなんとなくわかった! という方はぜひクリックをお願いします◆◇◆