鉄道ネタ

【会報993】 寝台特急「サンライズ出雲91号」を見かける

昨日(28日)夜、JR東京駅を通ったところ、島根県出雲市に向かう臨時の寝台特急「サンライズ出雲91号」を見かけました。

寝台特急「サンライズ出雲」は四国・高松行の「サンライズ瀬戸」と岡山まで連結し毎日運転されていますが、「サンライズ出雲91号」は年末年始、ゴールデンウイーク、お盆などの繁忙期にそれとは別で出雲市まで単独で運転されます。

車両はサンライズ出雲で使用されている285系電車の、予備車としてキープされている一編成を使用しています。


■サンライズ出雲91号 東京22:21発出雲市行。
IMG_20180428_221535HD

IMG_20180428_221540HD



■8番線ホーム下の出発案内。
IMG_20180428_221257HD

IMG_20180428_221312HD

IMG_20180428_221251HD



■8番線ホーム下の出発案内 出雲市の下が成田って…。
IMG_20180428_221511HD



■向かいのホームには常磐線特急。
IMG_20180428_221434HD
IMG_20180428_221436HD



■車両の案内表示は毎日運転の「サンライズ出雲」と一緒。
IMG_20180428_221609HD



■6号車のドア付近(出雲市側先頭が1号車)。
IMG_20180428_221652HD

IMG_20180428_221655HD



■先頭車側にはこれから乗車される方やファンの方が集まっていました。
IMG_20180428_221902HD



■最も設定部屋数が多い「B寝台個室シングル」を外から。
IMG_20180428_221947HD



■ドアを閉めて出雲市に向けて出発!
IMG_20180428_222101HD


個人的には「サンライズ」が好きで、デビューしてからの20年で3回(それでも3回…)利用しています。

シングルデラックス・サンライズツイン・シングルと利用しましたので、次は寝台料金なしで乗れる、カーペット敷きの「ノビノビ座席」かなとも思いますが、どうやら床がそれなりに硬いようでして。

腰痛の気が最近出てきたので、少し悩むところでもあります。

【会報984】 秋葉原→柏の葉が最速29分に!

以前 【会報977】 つくばエクスプレス ダイヤ改正2018 で取り上げた、3月17日(土)のつくばエクスプレス ダイヤ改正。

とりあえず「せっかく作った守谷駅の待避設備を使いたい」という、つくばエクスプレスの思いが伝わってくる、裏を返せば柏の葉キャンパスや柏たなか的にはデメリットな面の方が多い改正(そもそも「改正」ではないのか… 改悪?)というのは以前お知らせした通りです。

そんな中でも唯一の目玉(!?)、「秋葉原→柏の葉キャンパスが最速29分」(改正前比1分短縮)に実際乗りました。

対象列車は平日の1日1本、秋葉原22時ちょうど発の快速つくば行を利用するケースのみ。

この快速、他の快速と停車駅が同一にもかかわらずなぜか若干速く、流山おおたかの森にも最速の秋葉原から所要24分で到着します。

それに伴い、流山おおたかの森で待避している普通つくば行の出発も早まることになり、秋葉原→柏の葉キャンパス間が最速の29分で結ばれます。


IMG_20180316_173958
(つくばエクスプレス公式より)


わずか1分ですので、実際「速くなったなぁ」という体感はもちろんありませんが、やはり「30分」が「29分」になると見た目は速くなったように見えます。

「1,000円」と「980円」だと、20円の差ですが980円が実際の差額よりもお得に見えるのと同じかと。

マンションの広告あたりは「秋葉原から最速29分!」と謳っていいですね。
もちろん「うそ、大げさ、まぎらわしい」(昔のJAROのCM)ではありませんので。

ただひとつ疑問なのが、この快速の前の区間快速や普通の間隔が比較的空いており、そこそこに混み合うこの快速が最速運転できるのに、日中やこの後に走る秋葉原23時発の快速が最速運転できないのは謎。

秋葉原→北千住間を区間快速・普通は11分で走るのに、最速達タイプのはずの快速だけ秋葉原22時発以外は12分かけて走っていますからこれですかね、原因は。

まぁ早く走らせるなら、平日の快速に関しては浅草・南千住は通過でいいと思いますがね。 わざわざ全列車を止めるだけの利用者数はいませんし。


◆◇◆「30分」が「29分」になると見た目は速くなったように見える・・・ と思われた方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

【会報981】 ZOZOマリン観戦 → JR武蔵野線沿線は帰りづらい・・・ ので連絡時刻表を更新してみた 2018

20180317 head


当ブログで何回も取り上げていますが、ZOZOマリンスタジアムで野球観戦をした後JR武蔵野線沿線に帰宅するのは正直不便。 

日中~夜間は多くて1時間に6~7本の運行本数のものを、西船橋で南船橋・海浜幕張方面と舞浜・東京方面に分けて走らせていますから当然といえば当然なのですが、特に土休日や夜間はディズニーや通勤需要が旺盛な舞浜・東京方面への運行本数確保が重視され、南船橋・海浜幕張方面は30分近く運転間隔が空く時間帯も。

特に夜間(21時台後半~22時台)の西船橋発は曜日にかかわらず混み合っていることが多いにもかかわらず、1時間4~5本の運行本数のまま放置するJR東日本もどうかと思いますが、今年3月のダイヤ改正でもまったく改善されませんでしたので、今シーズンも利用者側で対策をするしかありません。
(ここまでの文章、昨年2017年3月20日にアップしたものと99%同じです・・・)

ということで、ZOZOマリンスタジアム最寄りの海浜幕張駅からJR武蔵野線への連絡時刻表を2018年度版に更新してみました。
とは言っても、調べた結果1本以外運行時間はまったく変わらなかったのですが・・・。

タッチの差で武蔵野線もしくは武蔵野線へ乗継可能な列車に乗り遅れ、30分近く海浜幕張駅で待たされるのも苦痛ですから、よろしければこちらを参考にしていただいで効率良く帰宅をされると良いかなと思います。

ちなみに、平日用はナイターに合わせて海浜幕張発21時以降、土休日用は13・14・17・18時試合開始に合わせて海浜幕張発16時~22時台で作成しております。


20180317 weekday

20180317 weekend

20170304 notice



*時刻表データは間違いのないように作成をいたしておりますが、万が一誤りがありましたらコメント欄にてお知らせいただけますと幸いです。

また万が一ご利用になられて損害を被られた場合でも、当ブログでは責任を負いかねますのでご了承ください。


◆◇◆「確かにZOZOマリン→JR武蔵野線沿線は帰りづらいのでこういった時刻表があるとよい(ありがとうこざいます!)」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報924】 JR東日本 485系お座敷電車 「華」使用 快速「お座敷外房号」に乗ってみた4

DSC01252


チーム打率は少し背の高い人の身長並(.183)、チーム防御率も12球団最低(4.50)でもう負けることが日常茶飯事となってきたマリーンズ。(5月4日現在)

そんなマリーンズの試合観戦以外で海浜幕張に行く用事があり、帰りにちょっと回り道をして蘇我から秋葉原までJR東日本の485系お座敷電車「華」を用いた臨時快速列車「お座敷外房号」に乗ってきました。(列車そのものは安房鴨川→外房線→蘇我→千葉→総武線・中央線→新宿で運行)

今回はそちらを取り上げます。

海浜幕張から10分少々、京葉線で蘇我に向かいます。
蘇我駅は2番線から発車です。


■蘇我駅の発車案内
DSC01245
 
DSC01246
 
DSC01247
 
DSC01248
 
DSC01249


■蘇我駅ホームの様子。 鉄道好きと思われる方もチラホラ。
DSC01250


■定刻18時28分、安房鴨川から2時間半弱をかけて外房線を走破してきた「お座敷外房号」が蘇我駅に到着します。

DSC01251


京葉線や外房線の普通列車は東京・千葉方が1号車だったのですが、この「お座敷外房号」は新宿方が6号車と車両の向きが反対。

1号車(もっとも鴨川寄り)の指定券を持っていながら、先頭車両となる6号車のあたりで電車を待っていたので、慌ててホーム上を移動します。

お座敷列車がゆえに客席内に通路がない為、駅停車中以外に車両間を移動しようとすると、「靴を脱いで手に持つ → お座敷内を移動 → 再度靴を履いて隣の車両に移動」というひたすら面倒なことの繰り返しとなります。

さて、なんとか1号車にたどり着き乗り込みます。

DSC01253


■1号車のデッキ部分。 お手洗い(洋式と男性用)が1つずつ、洗面所があるのとお座敷への出入りに靴の脱ぎ履きが必要となるからかかなり広めにスペースが取られています。
DSC01273
 

■傘立てと業務用と思われる冷蔵ケースも備わっています。
DSC01274
 
DSC01272


■1号車の座席(座イス?)案内。
DSC01277


■車内は6人がけ(一部8人がけ)の掘りごたつが並んでいます。 既に一部宴会状態のお客さんもいました。
DSC01268a


■座席は座イス。 壁に座イス番号が書かれたシールが貼られていますので、それを指定券と照らし合わせて自らの座イスを確認します。
DSC01261


■テーブルはこんな感じ。
DSC01271
 
DSC01262


■掘りごたつなので脚もラクです。 奥にはこたつのスイッチがありました。
DSC01263


■天井の照明。
DSC01259


■進行方向左側の窓に沿ってイス兼用の荷物入れが並んでいます。  ちょっとした手荷物なら問題なく収納できて便利です。
DSC01258
 
DSC01270
 
DSC01269


■1号車と6号車には運転室に面して展望スペースがあります。 前方(後方)の風景もここから楽しめます。
DSC01257
 
DSC01266


■途中、総武快速線・総武線各駅停車と並走しながら一路新宿を目指します。 途中駅での発車案内は「快速」表示。 それにしても日常感あふれる路線を見ながら、お座敷車両でくつろいで移動するのは優雅な感じです。

DSC01265
 

途中、秋葉原駅で非常停止ボタンが押されたとのことで手前の浅草橋駅で3分程度停車しましたが、この車両であれば多少長く乗っていてもかまわない・・・ と思える快適さでした。

そのまま多少の遅れで秋葉原駅に到着。
総武線各駅停車も当然のように遅れているからか、ホームには長蛇の列。
ちょっと降りた時点で「場違いな感じ」がありました・・・。

DSC01278
 
DSC01279
 
DSC01280


蘇我から秋葉原まで約50分あまりのお座敷列車利用でしたが、非常に快適に移動できました。
指定席グリーン券が770円しましたが、1車両に24~28人しか乗車できないB寝台車以下の定員設定ですから致し方ないかと思います。

※好評の為かほぼ満席の状況でしたので、車内全体の写真撮影ができておらず申し訳ありません。

なお、この485系お座敷電車 「華」を使用した臨時快速電車ですが、ゴールデンウィーク中は明日6日(土)まで運行の予定。

お出かけに便利な臨時列車で春本番の房総へ!!
(JR東日本 千葉支社ホームページ)


明日6日(土)は銚子発の「お座敷水郷号」となりますので蘇我は経由しませんが、少々面倒となるものの「海浜幕張→千葉みなと(または蘇我)→千葉」で移動すれば利用はできそう。

ちなみに「えきねっと」で検索したところまだ空席はあるようです。

ekinet

千葉18:38発ですので時間には余裕があるでしょうし、新宿方面へお帰りであればお酒とつまみを買って小宴会でもしながら(周囲の迷惑にならない程度に)帰路につくのもよいかもしれません。
まぁ先発二木の好投で「祝勝会」となればいいのですが・・・。


◆◇◆「お座敷車両」で祝勝会をしながら帰路につくとか最高! という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


【会報918】 2017年4月21日ダイヤ改正で廃止 東武線浅草~日光・鬼怒川・会津を走る(区間)快速に乗ってみた3

■東武6050系使用の区間快速 東武日光・新藤原行
 この姿が見られるのも今週20日(木)まで。

DSC00981


特急型車両「リバティ」の導入に伴う特急列車の増発を主としたダイヤ改正を4月21日(金)に行う東武線。(スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線など)

そのダイヤ改正に伴い、南栗橋始発・終着の急行・区間急行に置き換えられ役目を終える「(区間)快速列車」に乗ってみました。

現在は浅草と東武日光、鬼怒川温泉経由で東武線の終点新藤原、更には野岩鉄道・会津鉄道を経由し福島県の会津田島との間を、下りの一部列車は日光手前の下今市まで快速運転する「快速」、その他の列車は浅草~新大平下(栃木県)との間を快速運転する「区間快速」として運転されています。

車両は2つドアクロスシートの6050系を使用。

特別な料金は不要ですが、「旅気分」を味わうことができると思います。

そんな「(区間)快速」ですが、新特急車両リバティを使用した「特急リバティ会津」が浅草~会津田島間で運行開始となり、かつ日光への特急列車も純増することから廃止が決まったようです。

東武的には「長距離乗る客は特急料金を払って特急に乗ってね」ということなのかもしれませんが・・・。
 

さて、今回は春日部まで行き、そこから浅草まで「区間快速」を利用することにしました。


■区間快速 浅草行の発車案内。 見られるのもあとわずかです。
DSC00946


■ホーム上の乗車位置案内。

DSC00947


時分、会津田島と東武日光からやってきた6両編成の区間快速が春日部駅に到着します。

この日は平日でしたが、車内は混み合っていました。
春日部到着時で既に座席はほぼ埋まっており、更に春日部からもかなりの乗客が乗り込みましたので、立ち客が目立つ状況となりました。

ただ、よーく見ると4人がけボックスとなっているクロスシートに、4人座っていないところがあります。

・ワンカップ片手に2席占拠する老人。
・4人がけボックスに荷物を広げ、2人で悠々座っている中年夫婦。
・小学校高学年ほどの子供が2席使い居眠りしているにも関わらず、起こす素振りも見せずほったらかしのファミリー。


春日部で乗り込んできた大勢の人を見て席を詰めるなり譲るなりするのであればまだわかりますが、子供連れやお年寄りが乗り込んで来ても全員が「見て見ぬふり」。

いやぁ、ある意味清々しい程のマナーの悪さですね。

このマナーの悪さが故にクロスシートが並ぶ(区間)快速が廃止になったと言われてもおかしくないレベルです。


■区間快速の車内。 パッと見は席が空いていそうですが・・・。
 利用客のマナーが問われます。(一部修正あり)

tobukaisoku


■車内にある行先表示。 6両編成でも2両+2両+2両で行き先が違ったりしますから、車内にも案内が必要でしょうね。
DSC00950


そんなマナーの悪さに呆れつつ、区間快速は12時12分北千住に到着。

ここで半数近くの乗客が降りていきました。

車内は立ち客もいなくなり、その後10分弱でとうきょうスカイツリーに停車、そして12時25分、定刻に終点浅草へ到着します。

折り返し12時40分発の区間快速東武日光・新藤原行になるようで少し時間がありましたので、浅草駅で撮影をしてきました。


■6050系正面から。
DSC00983


■6050系やや右から。
DSC00978


■連結部種別・行先表示。 幕回転時に撮影したのでややぶれてます。
DSC00962

DSC00957

DSC00958

DSC00959

DSC00960


■区間快速 東武日光行種別・行先表示。
DSC00956

DSC00955


■区間快速 新藤原行種別・行先表示。  「鬼怒川温泉も通りますよ!」ということで(かっこ書き)なのでしょうね。
DSC00964


■6050系連結部分。 基本が2両編成なので3組つないでます。
DSC00961


■車内の様子。 2つドアでドア付近のみロングシート。 それ以外は4人がけのボックスシートが並んでいます。 ボックスシートには大きめの折り畳み式テーブルが設置されており、小グループやファミリーでの中~長距離利用にも配慮されています。
DSC00963

DSC00954

DSC00953

DSC00951

DSC00952


■それにしても東武浅草駅ホームのカーブ具合はすさまじい・・・。 この車両の傾き具合&隙間といい、渡り板を設置しないと危なくて乗車ができない状況といい・・・。
DSC00970

DSC00969

DSC00971

DSC00965


=ここからはおまけ=

■撮影中に台湾鉄道の特急「プユマ号」カラーの「りょうもう」がやってきました。
DSC00973

DSC00972

DSC00985

DSC00975


■更にはスペーシアも。
DSC00968


■東武浅草駅発車案内。
DSC00976


■東武線路線図。 まもなく「快速」「区間快速」の表示はなくなってしまいますね。

DSC00977


いよいよ運転終了までわずかとなった「東武線浅草~日光・鬼怒川・会津を走る(区間)快速」。

もし「あっ、最後に乗っておこうかな」と思われた方は残り5日間ではありますが乗りに行かれてはいかがでしょうか。
(マナーの件についてはスカイツリーライン全体が悪いとは思いませんので、今回はたまたまマナーの悪い客が多かっただけだと・・・ 思うことにしています)

東武線時刻表検索(東武鉄道公式)


◆◇◆「昔ながら」のイメージが残る(区間)快速電車がなくなってしまうのは残念 という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆
にほんブログ村 鉄道ブログ 関東の鉄道へ
にほんブログ村

記事検索
にほんブログ村 ランキング