パラデス

【会報971】 パラデス残留? 何言ってるの?2

パラデスに残留の可能性あり?
何を言っちゃってんですか。
推定年俸1億4,000万円でこの成績ですよ。

打席数:289
打数:269
安打:59
本塁打:10
打点:26
三振:97
四死球:19
出塁率:.270
長打率:.364
得点圏打率:.217
打率:.219

(10月9日現在)


打席数が1年間フル出場した鈴木大地(586打席)のほぼ半分という事を鑑みて、年間フル出場した場合の成績を単純に数値を2倍にして試算すると、

「本塁打:20」 まぁこれはまだしも、
「打点:52」「三振:194」「四死球:38」・・・。

打点と四死球は少なすぎ、三振はいくらなんでも多過ぎです。

年間200三振近くするのであれば、せめて「打率:.250 本塁打:40」ぐらいは残さないと。
「長打に期待」と言っても、長打率:.364は荻野貴(.374)より低い値ですから、何を根拠に期待できるのかさっぱりわかりません。

救いはチームにとけ込んでいるという性格面ですが、性格が良くても成績があんまりでは・・・。 正直性格でカバーできるレベルではないはずです。

山室球団社長は「もうちょっと見てみたい」とコメントしていますが、これ以上何を見るのか。
落ちる球であればほぼ何でも振る、ビミョーな球でも中途半端なスイングでストライクと見なされるなんていうのをもう見たくはありません。

残留する外国人打者はペーニャのみ、そして今年の反省を生かした外国人選手探しをしていただきたいと節に願います。


ロッテ ペーニャは残留へ 井口新体制で新外国人獲得にも着手

ロッテ・山室晋也球団社長(57)は9日、ウィリー・モー・ペーニャ内野手(35)を残留させる方針であることを明らかにした。

この日、ZOZOマリンスタジアムの本拠地最終戦を前に、「ウチの打線の中では必要と思っている」と語ったもので、来季もロッテでプレーすることが濃厚だ。

ロッテは来季から現役を引退した井口資仁内野手(42)が指揮を執ることが確実視されている。

水面下ではフロントと井口の間で戦力補強策が話し合われている模様で、すでに新外国人獲得にも着手している。

山室社長はジミー・パラデス内野手(28)については、「いろいろ修正しなければならないが、もうちょっと見てみたい」 と新外国人獲得の動向をにらみながら残留の是非を決める方針を匂わせた。

ペーニャは6月初旬に途中入団。8日現在、69試合で打率・242、15本塁打、38打点の成績を残している。パラデスは88試合で打率・214、9本塁打、22打点の成績。

ジェイソン・スタンリッジ投手(38)と左腕、チェン・グァンユウ投手(26)も残留の見込みとなっている。

マット・ダフィー内野手(28)、ロエル・サントス外野手(30)とは来季の契約を結ばない方向だ。

山室社長は、「(今季は)歴史的な大敗だった。応援してくれるファンのために応えるのがわれわれの使命だと思う。新監督のもとに団結して。基礎を作っていきたい」と来季の巻き返しを誓っていた。
(デイリースポーツより)



◆◇◆「パラデス? もう十分」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報929】 サントス獲得も現場とフロントで温度感ありあり2

【ロッテ】キューバの“走り打ち男”サントス獲得も
伊東監督「絶対必要ではない」



ロッテが5年ぶりの8連敗で借金が20に膨らんだ。先発・佐々木が6回4失点で4敗目。打線は9回に1点を奪ったが6安打に終わり、18試合連続1ケタ安打で59年ぶりに球団ワースト記録に並んだ。試合前にはWBCキューバ代表のロエル・サントス外野手(29)との契約で合意。どん底に沈むチームの救世主に対し、伊東監督は期待を口にしながらも、現場が要望する補強ポイントと球団のスタンスの違いに疑問を呈するなど、終始ちぐはぐだった。

今春のWBCで走り打ちで話題を呼んだリードオフマン候補のサントスの獲得が決まった。待ちに待った新助っ人だが、首脳陣、球団とも補強の最優先事項に挙げていたのは大砲。それだけに、伊東監督も戸惑いを隠せなかった。

「(1番タイプは)クリーンアップと同じくらい重要視はしていたんですが、外国人の2人が機能しないことには…。ここまで全体的に打てなくなると思ってなかったわけで、少し食い違いという言い方もおかしいけど、絶対的に必要という感じではないですよね」

開幕から主軸を期待されたパラデス、ダフィーの両助っ人が極度の不振。ともに底を脱した感があるとはいえ、4番の打率が依然1割台では苦しい。一方で1、2番の出塁率も課題で、林球団本部長は「理想的なリードオフマン」と喜んだが、現場の最優先事項は日本でプレー経験がある長距離砲獲得だ。指揮官が首をひねる理由はそこにあった。

そもそも伊東監督は昨年10月、続投条件に挙げた大型&積極補強の確約を得て、要請を受諾した。ドラフトで佐々木ら好選手を獲得できたが、新入団は未知数の外国人とトライアウトの3選手だけ。外国人4人態勢に、選手からも補強を望む声が上がっていた。開幕後も補強は遅々として進まず、業を煮やした指揮官が公の場で「球団に本気で動いてほしい」と訴えたことが異常事態を物語っている。

もちろん、サントスに罪はない。指揮官は「一日でも早く合流してほしい。新しい風は誰が来ても欲しい」と期待を込めた。林本部長は「必ずしもいいとは言い切れないけど、一応調査は進めている」と長距離砲を含めたさらなる補強を示唆したが、どこか後味の悪さが残った。

 ◆ロエル・サントス(Roel Santos)1987年9月15日、キューバ出身。29歳。2008年から国内リーグのグランマでプレーし、昨季はカナダ独立リーグ、ケベックに派遣。今春のWBCでキューバ代表入り。キューバ国内での通算成績は576試合に出場し、打率3割1分6厘、25本塁打、198打点、93盗塁。173センチ、79キロ。左投左打。年俸は20万ドル(約2200万円)。
(スポーツ報知より)



底なしの8連敗で、最近は「常日頃負けている」といっても過言ではないマリーンズ。

ここにきてキューバ代表サントスの獲得が決まりましたが、現場の長である伊東監督に「絶対的に必要という感じではないですよね」と言われてしまうこの温度感。

この林という球団本部長はホントに野球を知らないか興味がないか、仕事だから仕方なくやっているかなのでしょうね。

日本で実績がある外国人を探してきて獲得するとシーズン途中からとはいえ年俸2,200万円では済まないでしょうから、「お手頃価格で補強してますアピール」したかったのかもしれません。

それにしても「チームを強くし、ファンを増やして円滑かつ安定した球団運営を行っていく」という理念はないのでしょうか。

別に球団が千葉に残ればオーナーがロッテでなくてもいいというのが個人的な意見ですので、どこかやる気のある企業に参入してもらえないだろうかという気持ちになりますね。


ただ、そのあたりの事情については、記事にもあるように「サントスに罪はない」ですから、マリーンズの一員となればしっかりと応援したいと思います。

1番サントスが塁に出て、3番角中が返すようなかたちができれば、いくらかは得点力も上がるでしょうし。


◆◇◆補強について現場とフロントの意見が食い違うようでは、そりゃチームも勝てなくなるはずだ・・・ と思われた方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


【会報928】 打つも守るもパラデスワールド炸裂 そして7連敗・・・

DSC01585


~2017パ・リーグ公式戦 ZOZOマリンスタジアム~ 2017年5月17日(水)
公式戦38試合 9勝28敗1分  vsライオンズ 2勝5敗

マリーンズ 4 - 8 ライオンズ

L 003 101 210 8 17 0
M 300 000 001 4 6 0

勝 高橋光成 2勝4敗
敗 大嶺祐 1勝1敗
本 秋山6号② パラデス1号①

投手:L 高橋光成-武隈―牧田―ガルセス―田村
   M スタンリッジ-大嶺祐-益田―酒居―土肥

※詳細結果はこちら(スポーツナビ)


今日は招待券をいただいたので、いつも内野自由か外野ばかりで観戦の当ブログ管理人としては珍しく内野指定席Sで現地観戦でしたが・・・。

初回の3点で「連敗ストップ&今シーズン10勝目?」と思ったのはまだまだ甘いってことですね。

それにしても3回表、9番岡田のレフト前ヒットをお約束のごとく後逸し3塁打にしてしまった「パラデスワールド」。

あの守備では打率.280 30本塁打ぐらいはしてくれないと元が取れません。

持ちこたえられず3失点してしまうスタンリッジもなんとかならないのかという気もしましたが。

ケチケチしないでさっさと補強し、パラデスワールドはお引き取り願いましょう。

打ってもこの有様ですもん。


□ミートはできず。
DSC01546


□バットも折られ・・・。

DSC01567


なんて9回表に書いていたら来日初アーチを放ちましたよ、パラデスが。
まぁ焼け石に水でしたが。


□来日初アーチ!
DSC01582


□たっぷりパラデス。 

DSC01519

DSC01518

DSC01522

DSC01544

DSC01545

DSC01566


パラデスのオープン戦唯一のホームラン(2月25日 vsスワローズ 沖縄浦添)も現地観戦していましたから、まだ個人的には「パラデスとの相性」はいい方かもしれませんけれど。

あとは写真で振り返ります。 いつもですが、ふた昔ぐらい前のデジカメ使用なので画質はご容赦ください。


□5月開催ポスター。
DSC01496


□100敗への夢ですか?
DSC01497


□子供向けふわふわマーくん。 ケチな球団にしては珍しく無料施設です。
DSC01498


□「TEAM26 有料会員向けグッズ」配布場所。  3塁側Fゲート下にありました。
 平日で球場外周に人があふれている訳でもないのですから、球場正面あたりで配布できないものですかね。 京成バス降車 → カモメの窓口 → 配布ステーション → ゲート という動線に無駄があり過ぎです。 
DSC01499


□どちらも一軍にいませんが・・・。(石川&角中)
DSC01500


□球場正面付近。 そこそこ賑わっていました。 
DSC01502


□小5に500票! 選択肢に入っているらしいですし。
DSC01503


□「イースタンリーグ千葉県内開催」のポスター作っていたんですね。 もっと掲示を!
DSC01504
 
DSC01505
 
DSC01506
 
DSC01507
 

□内野指定席S。 場所はやっぱりいいですね。
DSC01508
 

□座席についたら一回裏でした。
DSC01509
 

□ライオンズスタメン。
DSC01510


□マリーンズスタメン。
DSC01511


□一塁側の内野席はまずまずの入り。
DSC01512


□バックネット裏と二階(フロア4)席はあまり入っていません。
DSC01513


□5番井口のタイムリーで先制!
DSC01514

DSC01515

DSC01516


□ライオンズ先発高橋光成。 初回は苦しみましたが、2回からは立ち直ったのかマリーンズ打線が立ち直らせてあげたのか・・・。
DSC01517

DSC01520

DSC01521

DSC01523


□3点目となるタイムリーを放った7番清田。
DSC01524

DSC01525

DSC01528


□マリーンズ先発スタンリッジ。 3回3失点で降板。
DSC01527

DSC01529

DSC01530

DSC01531


□9番平沢。 お得意の「懲罰交代」か5回表に三木に代えられてしまいました。
DSC01532


□0-5で負けていた楽天が2回裏に一挙6点取って大逆転。 戦い方がマリーンズと雲泥の差。
DSC01533


□見逃し三振でベンチに戻る荻野貴。
DSC01534


□2打席目は凡退の根元。(初回の打席はフォアボール)
DSC01535


□3回は1点失いなおもピンチ。
DSC01538


□5番メヒア。 ここは空振り三振で切り抜けました。
DSC01539


□6番栗山。 この後同点タイムリーを打たれます。
DSC01540


□パラデスのレフト前ヒット後逸(記録は3塁打)を足掛かりに一挙3失点で同点に。
DSC01541


□4番ダフィー。 覚醒は東京ドームで終了でしょうか。
DSC01542

DSC01543

DSC01537


□スタンリッジを早々と諦め2番手大嶺祐。 防御率3.15とは思えない不安定さなのですが。
DSC01547

DSC01548

DSC01549

DSC01550


□おかわりくん中村。 ここで一発打たれたら4回で3-7となって試合終了かと思いましたが。
 結局は中村に打たれなくてもそれ以上に点を取られるんですけどね。
DSC01552


□あっという間に逆転じゃん。
DSC01553


□3.2.1 Victory Fire! 
DSC01554


□いつもながら花火は見事。
DSC01558

DSC01555

DSC01556

DSC01557


□マリーンズ3番手 益田。 ストッパーの面影さえなく・・・。
DSC01559

DSC01560

DSC01561


□またピンチですから。
DSC01562


□明日の予告先発はルーキー佐々木。
DSC01563

image


□ライオンズ2番手 武隈。 すっかり安定した中継ぎになりましたね。
DSC01564

DSC01565


□マリーンズ4番手 酒居。 メヒアの打球を受け途中降板。 大丈夫でしょうか・・・。
DSC01569

DSC01568

DSC01571

DSC01570


□7回表の秋山6号2ラン。 これで実質試合が終わりました。
DSC01572

DSC01573


□ラッキー7。 これだけファンが残っているのに、反撃の糸口さえつかめません。
DSC01574


□ライオンズ3番手 牧田。 まぁ打てませんよね。
DSC01576

DSC01575


□マリーンズ5番手 土肥。 8点目を失いましたが、その後の三者連続三振は見事でした。
DSC01577

DSC01579


□ライオンズ4番手 ガルセス。
DSC01581

DSC01580


□相手が弱くてラクでした。
DSC01583


□ホントに弱くてすみません。
DSC01584


□ライオンズ秋山 ヒーローインタビュー。 フラッシュかぶってます。
DSC01586

DSC01587


□バスタオルを配っても、チラシを配っても肝心の野球で勝てないんじゃね。
 1勝3敗ペースをも下回る成績では、モノで釣ってもお客は増えないでしょう。

DSC01590

DSC01588



◆◇◆2~3点先制したって「勝てる!」などとは思ってはいけないことを再認識した・・・ という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


【会報922】 スタンリッジに続きルーキー佐々木も好投報われず・・・ パラデスはやっと二軍へ2

image
(YAHOO!JAPANのトップニュースにも一時掲載)


~2017パ・リーグ公式戦 ZOZOマリンスタジアム~ 2017年4月20日(木)
公式戦16試合 5勝12敗  vsホークス 6敗

マリーンズ 0 - 4 ホークス

H 000 010 003 4 8 0
M 000 000 000 0 3 0

勝 バンデンハーグ 1勝2敗
敗 佐々木 1勝1敗

投手:H バンデンハーグ―森
   M 佐々木―内―大谷―松永

※詳細結果はこちら(スポーツナビ)



一昨日の再現のような貧打、貧打、貧打・・・。
6回1失点のスタンリッジに続き、7回1失点のルーキー佐々木にも無援護で負けをつけるダメ打線には呆れて物が言えませんね。

一応3安打ともに二塁打ではあるのですが、後続がまともにつなげない為1点にもなりませんでした。

先発のルーキー佐々木は千葉テレビ解説の「倉さん」こと倉持明氏に「シュート回転するボールがもったいない」と言われつつも、小気味のいいピッチングで最少失点に抑えたのですから文句のつけようがありません。

唯一の失点は5回、ソフトバンク1番中村晃のレフトフライをパラデスが目測を誤りバンザイしてタイムリー2塁打にしてしまったものですし。

あと9回の3失点は大谷がピリッとしなかったのがもちろん最たる要因で、2番今宮の回転のかかった打球をセンター岡田がダイビングキャッチしに行き、グラブをかすめるもキャッチできず3点タイムリー3塁打になってしまったのは仕方がないとしか言えないでしょう。


守ってはバンザイのパラデスでしたが、打つ方でも救いようのない3三振。
3打席目の三振に至っては、ゴルフでバンカーからボールを出す時のような「ちょこ~ん」とした振り遅れスイングで正直何をしたかったのかさっぱりわかりません。

さすがに伊東監督も限界だったのか、遅ればせながらパラデスの二軍調整を決めたようですが、正直何かが変わって一軍に復帰しバリバリ活躍する可能性はあの状況を見ていると限りなく低いと思います。


◆◇◆「パラデス二軍調整へ・・・」やっとかい! という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村


【会報919】 やっと長打 やっと打点2

image
(球団公式より)


一昨日16日日曜の西武戦。

先発唐川はヘロヘロ、中継ぎも6回・7回の2イニングで奪三振ショーを見せたチェン以外はもれなく失点。

打線も8回の三木のタイムリー2塁打とパラデスの犠牲フライの2得点のみと見せ場さえ作れませんでした。(2-10で大敗)

そのパラデスですが、この犠牲フライが公式戦初打点。

そして初回に放った2塁打が公式戦初の長打となりました。

もう開幕から14試合、パラデス自身48打席も打席に立ちながら、
守備堅めが中心でわずか2打席しか立っていない三木と同じ長打数・打点数とは驚き以外の何者でもないですが。
(上表参照)

「とりあえず落ちる球はなんでも振る」状態はいくぶん改善されてきている感じもしますが、いつまで気長に使い続けるのでしょうかね。

同じように外角球を容赦構わず振り回すダフィー同様、4月一杯見て明らかに良くなる兆しが見えなければ、「新外国人補強」を進めないとこのまま今シーズンを捨てることになりかねないかと。

球団フロントがどこまで危機感を持っているかやや疑問ではありますが。

15日(土)・16日(日)ともイベント試合「ALL for CHIBA」として開催し、天気も悪くはなかった上、15日(土)は先着20,000人にTシャツ配布までしたにもかかわらず、両日とも20,000人を超える程度と、さして良い観客動員数とは言えませんでした。

正直ここまで負けが先行している事が観客動員数に影響し始めている感もありますので、グッズ配布など目先の集客だけではなく、チームがある程度安定して勝ち星を上げ、その様子を見てファンに喜んでもらう「戦力補強という名のファンサービス」も怠らずに進めて欲しいと思います。


◆◇◆いくらグッズをもらえても、応援しているチームが黒星先行であればその価値も半減してしまうと思う という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
記事検索
にほんブログ村 ランキング