二木

【会報969】 2017年最後のZOZOマリン現地観戦は長~い試合に3

🔷試合結果。
DSC03299


🔷4時間39分・・・ 長すぎ。

DSC03300


~2017パ・リーグ公式戦 ZOZOマリンスタジアム~ 2017年10月4日(水)
公式戦140試合 52勝86敗2分  vsイーグルス 8勝14敗1分

マリーンズ  -  イーグルス

E 000 000 001 000 1 11 0
M 000 000 100 000 1 10 0

勝 

S 
本 

投手:E 岸-宋家豪-高梨-青山-釜田-西宮
   M 二木―内-松永-大谷―有吉

※詳細結果はこちら(スポーツナビ)


今季のマリーンズ一軍公式戦も残り4試合。
当ブログ管理人的にも(たぶん)今季最後のプロ野球現地観戦です。

今日はTEAM26特典の無料券を使って2階内野自由席でまったり見ていましたので観戦記がしっかりとあります。

先発はマリーンズがあと計2試合先発して、初の規定投球回数到達を目指す二木。
イーグルスが防御率2.85ながら8勝10敗と負けが先行している岸でした。


🔷この日のスタメン。
DSC03247

DSC03248

DSC03249 


🔷スタメン発表時はまたかなり席が空いていました。 一塁側一階内野席はまだマシでしょうか。
DSC03242

 DSC03243

DSC03245

DSC03244

DSC03246


🔷メンバー表の交換。
DSC03258

DSC03259


🔷二木。
DSC03260

DSC03261


🔷岸。

DSC03262

DSC03263


また、試合開始前に涌井の1,500奪三振記念セレモニーが行われました。
旧ライオンズユニのルーキー時代涌井が若すぎて驚きます。

DSC03250

DSC03251

DSC03252

DSC03253

DSC03254

DSC03255

DSC03256

DSC03257


■1回表 投手:二木
先発二木はイマイチコントロールが定まらず、2番藤田、4番ウィーラーにヒットを許し2アウト1・3塁のピンチを迎えますが、5番銀次をサードゴロに抑えなんとか無失点。 銀次のサードゴロは強い当たりでしたが、大嶺翔がなんとか捌きました。


□1回裏 投手:岸
2アウトから3番鈴木がセンター前ヒットで出塁するも、4番ペーニャがセンターフライに倒れ無得点。 上空の風は3m程度ですが、ペーニャの打球はかなり風に流されていました。 鈴木大地は登場曲を先日戦力外となった猪本の「BIG UP
~湘南乃風」に変更してましたね。


■2回表 投手:二木
先頭の6番聖澤にセンター前ヒットを許しますが、7番内田をショートゴロ併殺打、8番阿部をレフトフライに打ち取ります。
内田・阿部がスタメンって・・・。 イーグルスは既に2位を諦めたのでしょうか。


□2回裏 投手:岸
岸の前にあっさり三者凡退。


🔷試合開始後しばらくすると、一塁側は座席がそれなりに埋まってきました。
DSC03264


■3回表 投手:二木
二木も岸に負けずと三者凡退に抑えます。
1アウトから1番岡島の弱い当たりのファーストゴロをグラブトスで捌いた高濱は見事でした。


□3回裏 投手:岸
先頭の8番田村が二遊間を破るセンター前ヒット。
しかし9番大嶺翔は空振り三振。 大嶺翔は日曜の松井裕からの走者一掃の逆転タイムリーなどたまにいい働きをしますが、全般的にまだまだプレイが粗いですね。

続く1番加藤はピッチャーライナー。 1塁ランナー田村がベースに戻れずダブルプレーになっています。


■4回表 投手:二木
この回は内野手の好守が二木を救いました。
1アウトから4番ウィーラーの二遊間を抜けそうなゴロをショート中村が好捕。
送球後ファースト高濱の足が離れたと判断されたのか内野安打となりますが、続く5番銀次のセカンド右へのゴロをセカンド鈴木がやはり好捕しセカンド封殺。

6番聖澤は振り逃げで出塁し2アウト1・2塁とされますが、7番内田を空振り三振に抑えました。


□4回裏 投手:岸
先頭の2番荻野貴は変化球に泳がされますが、飛んだ場所が良くショートへの内野安打。 続く3番鈴木の打席、カウント3-1から荻野貴が盗塁を決めノーアウト2塁。

岸に強く(下参照)チャンスに弱い3番鈴木がどうなるか・・・ と思いましたがフォアボールを選びノーアウト1・2塁。

DSC03266


4番ペーニャは高めの143kmストレートに空振り三振。
続く5番角中はあわやホームランかとライトポール際への大飛球を放ちますが、一二塁間へのゴロに倒れ2アウト2・3塁。
そして6番中村は見逃し三振で無得点。
中村は最近「打席でだいぶ粘れるようになってきたのではないか」と思って見ていましたが、岸の前ではこんなものなのでしょうか。

ちなみに鈴木大地の登場曲、2打席目はいつもの「告白 ~FUNKY MONKEY BABY」に戻ってました。


■5回表 投手:二木
いやぁ、10月のZOZOマリンナイターはさすがに肌寒いです。
近くなるお手洗いに行って戻ったらもう2アウト。 1番岡島も三振であっさり三者凡退でした。


□5回裏 投手:岸
先頭の7番高濱はいい当たりもセカンド正面へのライナー。
8番田村はレフトフェンス際への大きなフライでしたが、レフト聖澤のグラブにおさまり2アウト。
9番大嶺翔は岸の変化球に全くタイミングが合わず空振り三振。

そして5回裏終了後は今季お決まりの魚です。

DSC03268

DSC03269

DSC03270

DSC03271

DSC03272

DSC03273

DSC03274

DSC03275


魚も最初は「センスゼロ。 発案者と承認者出てこい! と思いましたが、続けてみると馴染むもの。

ちなみに魚の登場テーマ「ミラクルをキミとおこしたいんです ~サンボマスター」は管理人お気に入りなので、来季も継続して欲しいですね。

↓参考までに↓
【会報947】 マリーンズ「魚」登場曲のPVは流山市・江戸川台の商店街で撮影されていた!


■6回表 投手:二木
1アウトから3番島内に一二塁間を破るヒットを打たれますが、4番ウィーラーのセンター頭上を越えそうな打球を荻野貴がナイスキャッチ!
続く5番銀次の打席で島内の盗塁を田村が刺し結果打者3人で切り抜けます。


□6回裏 投手:岸
1アウトから2番荻野貴がフォアボールを選びますが、3番鈴木はキャッチャーファールフライで2アウト1塁。

荻野貴が今日2個目の盗塁を決め2アウト2塁。
しかし4番ペーニャはストレートを続けられかすりもせず空振り三振。

今日の岸が投げている間は打てなそうです、ペーニャ。


■7回表 投手:二木
5番銀次レフト前への浅いフライ、6番聖澤、7番内田と連続見逃し三振。

危なげなかったですね、この回は二木。
そろそろ援護してあげてください。


□7回裏 投手:岸
🔷マリーンズのラッキー7。
DSC03277

DSC03276


先頭の5番角中はフルカウントから低めのストレートに手が出ず見逃し三振。
6番中村が一二塁間を破るライト前ヒット。

DSC03278


そして7番高濱がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打!
中村が一気にホームインしマリーンズ先制! 高濱今季初打点!


DSC03279

DSC03280

DSC03281


なおも1アウト2塁のチャンスも8番田村ショートゴロ、9番大嶺翔三振で追加点ならず。

それにしてもマリーンズ公式応援団はチャンスにもかかわらずチャンステーマをやりませんね。 変なポリシーをお持ちなようであれば今季限りで撤回していただきたいところです。 方向性間違っていると思いますよ。


■8回表 投手:二木
8番阿部の代打枡田レフトフライ、9番嶋の代打茂木をセカンドゴロ、1番岡島を空振り三振。
枡田のフライに一瞬ヒヤッとしましたが、全般的に見ればこの回も二木は危なげなしでした。


□8回裏 投手:岸→宋家豪 藤田:セカンド→ショート 銀次:ファースト→セカンド
     代打枡田→ファースト 代打茂木→キャッチャー:足立

1アウトから2番荻野貴がフォアボールを選びます。(6回とまったく同じ)
荻野貴が今日3個目の盗塁を決め1アウト2塁。
ただチャンスが苦手(得点圏打率.185/この試合前まで)な3番鈴木はショートフライで2アウト2塁。

そしてまたペーニャは高めのストレートにかすりもせず空振り三振。

ダラダラとした応援といい、6回裏のリプレイを見ているようでした。


■9回表 投手:二木→内
8回まで116球も無四球完封のかかっていた二木を代える理由がよくわかりませんが、内が出てきました。

DSC03282

DSC03283

DSC03284

DSC03285


先頭の2番藤田が初球に手を出してセカンドゴロ。
1アウトから島内が2打席連続で一二塁間を破るヒットで1アウト1塁。
島内の代走に田中。
4番ウィーラーは三遊間を緩い当たりで抜いて1アウト1・2塁。
5番銀次はレフトほぼ定位置へのフライ。 2アウト1・2塁。

しかし・・・。

6番聖澤 センター前同点タイムリーヒット・・・。

DSC03286


ほら、代えなきゃよかった。(結果論ですが)
この時点で二木の今季8勝目が消え、シーズン負け越しも確定的になりました。
(9敗してますし)

7番内田ライトへの大きなフライで3アウト。
二木には全く合っていなかった内田にも散々粘られましたね。


□9回裏 投手:宋家豪→高梨 代走田中→センター
5番角中外に逃げる変化球に空振り三振。
6番中村ファーストゴロ、7番高濱見逃し三振。

それにしてもこの高梨、変則フォームもあり左打者は相当打ちづらそうです。

🔷高梨。
DSC03287

DSC03290

DSC03291


■10回表 投手:内→松永
8番枡田三振、9番足立三振、1番岡島ショートゴロ。
松永さん、心配してすみませんでした。


□10回裏 投手:高梨→青山
8番田村ライトフライ、9番大嶺翔の代打肘井空振り三振。
1番加藤がセンター前ヒットを放つも2番荻野貴ショートライナーでチェンジ。

そういえば田村登場曲ひっそり変えました?
明らかに「ごきげんだぜっ! ~Nothing But Something~ 
DA PUMP」じゃないんですけど。 ズキュンズキュン言ってないんですが。
なんかドリカムみたいでしたよ。 曲名おわかりの方、ぜひコメント欄にお願いします。


🔷代打で登場の肘井。 細谷みたいに登場曲と応援歌揃えられませんかね。
 「少林サッカー」で。

DSC03293


■11回表 投手:松永→大谷 高濱:ファースト→サード 代打肘井→ファースト:井上
2番藤田ライトウォーニングゾーンへのフライで1アウトも、3番田中に一二塁間を破られるヒットを打たれ1アウト1塁。

島内の最後2打席含めイーグルスの3番打者に3打席続けて一二塁間を抜かれてます・・・。

4番ウィーラーレフト左へのヒット。 1アウト1・3塁。
八木山ベニーランドのチャンステーマがレフトスタンドから鳴り響きます。

5番銀次 空振り三振。 なぜ銀次から三振を取れるのに田中に打たれるの。
6番聖澤ボテボテのファーストゴロ。 チェンジ!
なんとか大谷が凌ぎました!


□11回裏 投手:青山→釜田
3番鈴木センター前ヒット → 代走:大木。
4番ペーニャ また三振。 今日のペーニャは全然ダメです。
この回は多少粘りましたが。
5番角中一二塁間を破るライト前ヒット → 代走:清田。
1アウト1・3塁→清田2塁へ→1アウト2・3塁。

6番中村敬遠→1アウト満塁。
7番高濱初球に手を出しボテボテのセカンドゴロ。
4-2-3のダブルプレー。

高濱くんが今季一軍に居場所がない理由がよくわかりますね。


🔷鈴木の代走大木。
DSC03295


🔷イーグルス5番手の釜田。
DSC03294


🔷高濱「あー やっちまった・・・」

DSC03296


■12回表 投手:大谷→有吉 代走:大木→セカンド
2アウトから9番足立がヒット。 1番岡島は粘りますが見逃し三振。

この時点で3位イーグルスが残り5試合に全勝しても79勝61敗3分以下、2位ライオンズが明日の最終戦敗れても79勝61敗3分となるので、対戦成績の差(イーグルスの8勝16敗1分)でライオンズの2位、イーグルスの3位が決まりました。


□12回裏 投手:釜田→西宮
8番田村ライトへのヒット。 9番井上粘ってレフト前に落ちるヒット。
ノーアウト1・2塁!
井上→代走:柿沼

1番加藤見事に送りバント! 1アウト2・3塁。
2番荻野貴敬遠。 1アウト満塁。

3番は代走から守備についていた大木。 代打? パラデス? 福浦?
吉田かぁ・・・。
大木→代打:吉田 三球三振。
何のために出てきたの? パラデスならまだネタになるし、福浦ならなぜか許せちゃうけど吉田の三球三振なんてネタにもなりません。

4番ペーニャ 痛烈なライナー性の当たりもファースト枡田がナイスキャッチ。
ゲームセット。 あーあ。

試合時間4時間39分。
1試合半分ぐらいは見れましたが、二木のプロ初完封をわざわざなくし(二木に何かあったんですかね? 次が中5日で10日登板になるから?)、抑えの内がつかまり延長11回・12回の1アウト満塁のサヨナラ機をどちらも逸するなど、なんだか今季を象徴する試合でしたね。

お疲れ様でした。

DSC03301


🔷最後に6回来場記念でドリンク引換券をいただきましたが・・・。
 6回か・・・。 今年は弱かったからかZOZOマリン行きの回数も少なかったですね。
DSC03265


🔷試合開始前のステージイベント。 かかっている曲が「EAST END & YURIのまいっか」って、古すぎです。 もう20年ぐらい前じゃないですかね。

DSC03237

DSC03238

DSC03239

DSC03240




◆◇◆「二木のプロ入り初完封が見たかった気もする・・・」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報780】 いきなり突発的炎上しちゃった1

~2016年公式戦~ 2016年5月11日(水)
37試合 20勝16敗1分 2位 vs福岡ソフトバンク 2勝4敗1分
*ヤフオクドーム

福岡ソフトバンク 9 - 5 千葉ロッテ

M 000 010 040 5 9 0
H 401 000 31X 9 10 0

勝 和田 4勝1敗
敗 二木 2勝4敗
S なし
本 今宮1号① 長谷川5号③ 松田6号①
  デスパイネ7号① 井口2号② ナバーロ1号①


懸念していた二木の「突発的炎上癖」ですが、いきなり
初回1アウトから勃発するとは思いませんでした。

今季打撃不振で打率2割に満たない2番今宮にドカンと
1号ソロ。 その後3番柳田にフォアボール、4番内川に
ヒットでランナーをためられ5番長谷川に5号3ランです
からね。

ただでさえ勢いに乗るソフトバンクと勝ったり負けたり
のマリーンズとの対戦でこんなことをしていては
そりゃあ勝てるはずがありません。

二木は勉強の意味も込めてか、5失点ながら6回まで
投げますが、7回に登板した香月良が2アウト1・2塁
から今宮・柳田に連続タイムリーを許し更に3失点。

8回には復帰登板した大谷が6番松田に一発を食らう
といういらないおまけもありましたが、まぁ8失点
した時点で試合終了でしょう。

香月良は残念ながら、来週「6番手の先発投手」が
一軍に上がるタイミングでファーム行 → 金森と
共にファームの勝利の方程式結成ですかね。

それにしても、

・先発投手がどちらも5失点
・安打数は9本と10本でほぼ同数
・ホームランも3本ずつ


なのに、このチーム力の大きな差を感じる負けっぷり
はなんなんですかね。

まぁ打撃不振の今宮に2安打3打点を献上したり、この
2試合とも相手の先発投手がバテてきたタイミングで
やっと反撃に転じている反攻の遅さも原因なので
しょうが。

今日は「負けなし月間MVP男」涌井と東浜の予告先発。
今季好調とはいえ東浜はバンデンハークや和田より
組しやすいでしょうから、ひとつは勝って千葉に戻って
欲しいところです。


◆◇◆「最低でもひとつは勝って千葉に戻ってきて欲しい」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報771】 二木の突発的炎上癖勃発 デスパ3打点も相変わらず角中がチャンスに打てず3連敗1

~2016年公式戦~ 2016年5月4日(水・祝)
31試合 17勝13敗1分 2位 vs東北楽天 4勝3敗
*Koboスタ宮城

東北楽天 5 - 3 千葉ロッテ

M 100 010 100 3 9 0
E 010 040 000 5 10 1

勝 美馬  3勝
敗 二木  2勝3敗
S 松井裕 7S
本 デスパイネ6号① 銀次1号③ ウィーラー3号①
 
 
二木がローテーションをきちんと守って投げられる
一人前の先発投手になるには、「突発的炎上癖」を
なんとかしないといけませんね。


本調子ではない銀次相手でもど真ん中に甘い変化球、
外国人選手のウィーラーに中途半端な高さのストレート
では「打ってください」と言わんばかりですし。

いつ崩れるかわからないようであれば、首脳陣も長い
イニングを投げさせるのをためらいがちにならざるを
得ません。

まぁ今年は一軍実質一年目ですから、7~8つ勝てれば
御の字ではあるのでしょうが、高卒3年目で一軍の
先発ローテーションに入れる素材ですから、中途半端な
レベルで足踏みして欲しくないですしね。


打線はね・・・。

デスパイネは6号ソロを含む3打点と気を吐きましたが、
全イニングで最低ひとりはランナーを出しながら、
その3点のみですから、3安打1四球と出塁を重ねた中村と
上記のデスパイネ以外がいかに機能していないかですね。

特に角中。
基本昨年以外はシーズン打率より得点圏打率が低く、
「チャンスにあまり期待できない打者」ではあるのですが
今日も3回得点圏にランナーを置きながらいずれも凡退。

5番打者をほぼ一年間努めながら打点が50台と毎年少ない
ですし、今シーズンも得点圏打率は低め安定の.180以下。

清田が今はそれ以上にひどい状態ですから、消去法でも
クリーンナップでしょうが、角中が結果チャンスで凡退
ばかりだと1イニングにまとめて点が取れませんからね・・・。

外国人投手で一軍登録されているのがスタンリッジだけ
で、チェンもイ・デウンも今季はイマイチですから、
デスパイネ、ナバーロの他にもう一人外国人野手
(ファーストが守れれば可)と契約して、11~12年前の
フランコ、ベニー、イ・スンヨプのように外国人野手で
クリーンナップトリオを組ませるのもアリかもしれません。

それであれば角中を「1番」で固定できますしね。

まぁ1日(日)の3回以降を日本ハム 大谷に抑えられて
からすっかり低調な打撃陣でありますが、今日は中5日で
涌井が連敗ストップをかけて登板しますから、そろそろ
きっちり援護が欲しいですね。

今日連敗が止まらないと、貯金なんてあっという間に
使い果たしそうな気がしてなりません。


◆◇◆「二木の突発的炎上癖と角中のチャンス生かせない病の早期改善を希望!」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報754】 二木がプロ初勝利を1失点完投で飾る5

~2016年公式戦~ 2016年4月12日(火)
15試合 9勝5敗1分 1位 vs東北楽天 2勝1敗
*楽天Koboスタジアム宮城

東北楽天 1 - 7 千葉ロッテ

M 010 002 400 7 10 0
E 000 000 000 1 8 1

勝 二木 1勝1敗
敗 辛島 1勝2敗
S なし
本 なし


昼過ぎに球団公式を見ていたらスタメンが出ていて
「???」。

いくら仙台とはいえそろそろナイター開催かと
思ったのですが、今日12日だけはデーゲーム だったん
ですね。

既に子供達も新学期が始まっている中でのデーゲーム
開催。
それでも21,520人もの観衆が集まるのですから、楽天
球団の営業判断もさすがです。

そんな中「さすが」のピッチングを見せたのは、プロ
初勝利をかけてマウンドに上がったマリーンズ先発の
3年目二木でした。

開幕から好調を維持する楽天打線に8安打を許しますが
9回茂木のセンター犠牲フライの1点のみに抑え、133球
完投で見事プロ初勝利。
8回までは被安打6で無失点でしたから、あわや「プロ
初勝利=完封」
かと思いましたが。

これまで2回の一軍先発登板では打者がニ巡目に入ると
捕らえられる傾向にありましたが、今日はそれもなか
ったですし。

そして一人で投げ切ったことにより、リリーフに休みを
与えることもできました。
明日のマリーンズ先発はイ・デウン。
先日(先月27日)の浦和で見たところ から相当調子を上げて
いない限り、リリーフ総動員となる可能性がありますし。

打線は鈴木大地が犠牲フライとタイムリーの3打点、スタ
メン2試合目の井口がレフト線へのタイムリー2塁打を放ち
2打点、そして4打数1安打ながらリーグ首位打者キープの
細谷がタイムリーを放ち1打点。
9番セカンドの中村も2安打と調子を上げてきていて、この
ままだと2週間後にナバーロが一軍復帰した時どうするのか
正直嬉しい悲鳴になるかもしれません。
(清田かデスパイネと入れ替えという、想定外の事態もあり
得なくはなさそう)

さて明日13日(ナイター)は前回の対戦時に100球たらずで
完封されてしまった美馬との対戦。
好調な打撃陣でリベンジをしたいところですが・・・。


◆◇◆「二木、プロ初勝利おめでとう!」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報751】 先発二木が4回途中でKO 打線は19三振を喫するもなんとか引き分ける4

~2016年公式戦~ 2016年4月5日(火)
9試合 5勝3敗1分 1位 vs福岡ソフトバンク 1分
*ヤフオクドーム

福岡ソフトバンク 4 - 4 千葉ロッテ
※延長12回 規定により引き分け

M 000 002 020 000 4 10 0
H 000 310 000 000 4 8 0

勝 なし
敗 なし
S なし
本 清田1号②


・先発二木が4回途中3失点ノックアウト
・ソフトバンク先発和田相手に4回まで毎回の
 9三振
・更に2番手藤岡まで失点


苦手のヤフオクドームでこの3点が揃った時点で残念
ながらこれまではほぼ負け確定。
ビミョーに2-4ぐらいまで追い上げるものの、8回9回
を五十嵐―サファテに抑えられてそのまま・・・ と
いう絵が目の奥に浮かんできそうな感じでしたが、
とにかくよく踏ん張りました。

3番手として2イニングを投げた松永、8・9回の内・西野
10・11回をわずか17球で凌いだ益田、昨年はファームでも
コントロールに苦しんでいたのが嘘のような12回の南と
6回以降の計7イニングをわずか2安打2四球で抑えたのですから
言うことはありません。

10回にはセカンド三木の好守備でソフトバンクのチャンス
の芽を摘み取ることもできましたし。


打線は6回にホームランテラスを利した清田の1号2ラン
で2点を返し、8回には中村の代打荻野貴・1番岡田の
連続2塁打とソフトバンク バリオスのワイルドピッチで
4-4の同点に。

なおも1アウト3塁のチャンスでしたが、3番清田、4番
デスパイネが連続三振。
欲を言えばここで勝ち越したかったですが。

あと9回も先頭の5番角中がヒットで出塁するも、井上の
代打高濱が送りバントを小フライにしてしまい進塁できず。

高濱はバッティングの調子は上がらない、守備を含め
細かいプレーでのミスがやや目立ちますので、このまま
だと2週間後ナバーロとの入れ替わりでファーム行が濃厚
かと・・・。

細谷はバッティングで、三木は守備で結果を出しましたから
高濱もなんとか良いところを見せて欲しいですね。

まぁ途中出場の吉田が3打席3三振するなど、結果19三振
もしていたのには驚きましたが。


さて、石川の寝違えは予想以上に重傷で残念ながら治療の
為に一旦一軍登録抹消。
今日はチェンがイースタンの試合から中3日で先発となり
ました。

イースタンの試合では打球を受けての降板で1イニングしか
投げていませんでしたが、果たして投球内容も含めて
「チェンチェンダイジョウブ」となるのか・・・。

いや、なって欲しいところです!


◆◇◆「どちらかというと劣勢な試合展開の中、よく引き分けに持ち込んだと思う」方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
記事検索
にほんブログ村 ランキング