牛久

【会報953】 イースタン(二軍)公式戦を電車内中吊り広告でも宣伝するファイターズ、最寄り駅にポスター一枚さえ貼ってないマリーンズ2

■9月2・3日イースタン茨城牛久・土浦開催を告げる車内中吊り広告。(つくばエクスプレス車内にて)
image


何気なくつくばエクスプレスに乗り込んで、ふと見上げるとある中吊り広告が。

「2017年イースタンリーグ公式戦 牛久・土浦開催」

えっ、イースタン(二軍)の試合なのに電車内に中吊り広告まで出しているの!?


ホントビックリ。
ビックリしてそこそこ混み合っている車内にもかかわらず中吊り広告を撮影(↑写真↑)してしまったので写真がブレブレです。(いいわけ)

しかもつくばエクスプレスは球場の周辺地域を走ってはいますが、厳密な最寄り路線ではないんですよね。
牛久・土浦の両球場とも鉄道でのアクセスはJR常磐線利用ですし。

ファイターズが今年から始めた「茨城県と北海道の架け橋に!茨城県西南地域でのスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト」の一環として組まれた茨城県内イースタンリーグ公式戦の緒戦ですから失敗できない、多くの観客を集めたいという意向がもちろんあるのでしょうが、相応の費用がかかる電車内の中吊り広告まで使って広告展開をするとは思ってもみませんでした。


一方のマリーンズ。
浦安・市原ゼットエー・柏の葉・船橋・成田・袖ケ浦・茂原長生の森と開催球場を増やしたはいいですが、相変わらずの認知度不足、宣伝不足は否めません。

一軍のZOZOマリンでの試合開催時もリボンビジョンでたまに案内を流すのみ、最寄り駅に開催告知ポスター一枚さえも貼られていない、かといって開催自治体や地域と密接なコミュニケーションが取れている感じさえ伺えない。

イースタン主催試合開催自治体を主にしてフレンドシップ協定は結んでいましたが、CHIBAユニフォームに都市名が入るのと地域後援会がちょこっとイベントをするぐらいでしかありませんからね。

試合告知が球団公式上にいつでも見られるようアップされたのは進化ですが、マリーンズに興味がある人達への訴求に効果は限定されそうです。


■一例として27日(日)にイースタン主催試合が開催された袖ケ浦市のJR袖ケ浦駅。 「氣志團万博」は大々的に告知されていましたが、マリーンズイースタン主催試合は告知ポスター掲示もなし。 立派な駅なんですけどね。
DSC02987

DSC02988

DSC02986


■ポスターそのものはありました。 球場には何枚も貼られていました。

DSC02992


野球の一軍成績のみならず、お金も知恵も経験も意欲も差があるが故にこういうことになるのでしょうが、マリーンズも少しはファイターズを見習って欲しいなと思いました。

最後に台風15号の影響か2日(土)の天気が怪しくなってきました。
牛久・土浦開催ともなんとか悪くない天気のもとで開催されて欲しいところです。

image


◆◇◆「二軍の試合を中吊り広告で宣伝するとは・・・ ファイターズの茨城地区プロジェクトに対する熱意を感じる」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報952】 2017夏~秋のマリーンズ・イースタン千葉・茨城県内試合一覧 ぜひ球場へ! その3

今回も当ブログ内で多く閲覧いただいているコンテンツ「○○球場に行ってみた」を中心として、この夏から秋に千葉・茨城県内での様々な球場で行われるマリーンズ イースタンリーグ(ファーム/二軍)の試合を紹介していきます。

3回目は9月開催分、ファイターズ主催の茨城県牛久・土浦開催もあわせて取り上げます。

もちろん当ブログ、管理人が既に全球場訪問済です。
それでは各開催の紹介に入ります。


□9月2日(土) 牛久市運動公園野球場
ファイターズvsマリーンズ
13:00開始


【会報760】 24日(日)イースタン公式戦開催! 茨城・牛久運動公園野球場に行ってみた

※ひたち野うしく駅~牛久運動公園間の「牛久市コミュニティバスかっぱ号」の運行時刻は変わっていないようですが、JR常磐線の時刻は変わっていますので、以下JR東日本ホームページにてご確認ください。

ひたち野うしく駅 時刻表


【会報763】 茨城県・牛久市で初のプロ野球開催 4/24(日) イースタン 千葉ロッテ - 横浜DeNA 試合速報 → 試合終了
(昨年(2016年)マリーンズ主催で開催された際の試合経過です)

【会報772】 4/24(日) 茨城・牛久市運動公園野球場プロ野球初開催 イースタン 千葉ロッテvs横浜DeNA観戦記
(昨年(2016年)マリーンズ主催で開催された際の観戦記です)


2017年イースタンリーグ公式戦 牛久・土浦開催(2017年6月27日掲載)
(牛久市公式)

イースタン・リーグ公式戦in牛久・土浦チケット販売概要お知らせ(牛久・土浦共通)
(ファイターズ球団公式)


□9月3日(日) 土浦 J:COMスタジアム土浦
ファイターズvsマリーンズ
13:00開始


【会報943】 今月1日(土)リニューアルオープン 茨城県土浦市「J:COMスタジアム土浦」に行ってみた


イースタン・リーグ公式戦in牛久・土浦チケット販売概要お知らせ(牛久・土浦共通)
(ファイターズ球団公式)


■9月16日(土) 市原 ゼットエーボールパーク
マリーンズvsファイターズ
16:00開始


【会報799】 市原・ゼットエーボールパーク(市原臨海球場)に行ってみた

【会報806】 8/27(土)イースタンリーグ公式戦 千葉ロッテvs横浜DeNA ~千葉・市原臨海(ゼットエーボールパーク)~ 簡単に振り返る(昨年開催の様子です)

イースタン・リーグ 市原市開催概要
(マリーンズ球団公式)


■9月17日(日) 柏の葉公園野球場
マリーンズvsファイターズ
13:00開始


201709kashiwanohaver_title
【会報950】 9月17日(日)イースタン柏の葉開催の概要が発表される


■9月24日(日) 浦安市運動公園野球場
マリーンズvsライオンズ
13:00試合開始


【会報899】 2017年4月オープン! 浦安市運動公園野球場に行ってみた
 
【会報903】 イースタンリーグマリーンズ主催試合 浦安初開催ポータルサイト
(4月開催分について取り上げていますが、今開催も活用いただけるかと思います)


チケット情報はこちら
(マリーンズ球団公式)

イベント情報はこちら
(マリーンズ球団公式)


■・・・マリーンズホームゲーム
□・・・マリーンズビジターゲーム
※リンク先として特に記載のないものは当ブログの会報です。


牛久・土浦の2試合はファイターズが今年から始めた「茨城県と北海道の架け橋に!茨城県西南地域でのスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト」の一環としての試合開催。

プロ野球球団がなく、かつ人口も比較的多く 更にファーム本拠地の千葉・鎌ヶ谷からさほど遠くないという茨城県西南部(土浦以南?)という土地にファイターズは上手に目をつけましたね。

昨年牛久市制30周年として、牛久運動公園野球場でイースタン主催試合を行ったにもかかわらず、マリーンズは「試合をして終わり」で何も動けていなかったのかもしれません。 このあたりの営業力もマリーンズはファイターズにはかないません。


市原開催は今年3試合目となりますが、とにかくお客が入らない・・・。
3試合開催のうち2試合が一昨日で終了しましたが、6月17日(土)が1,086人、一昨日8月26日(土)が1,009人といくら二軍の試合とはいえ週末開催である以上この数字はひどいもの。

今年これまで週末に行った「マリーンズ イースタンリーグ千葉県内主催試合」はいずれも1,500人以上の観客を集めていることを考えると、市原開催の不人気ぶりが浮き彫りになります。

来年の市原は年1試合開催に戻されるかもしれませんね。 この入りの悪さでは。

当ブログ管理人も今年は市原に一試合も行っていません。 まぁ翌日曜日の試合(茂原・袖ヶ浦)を観戦しに行っているからですが・・・。


当ブログの最重点ポイント 柏の葉は今後も開催まで定期的に情報発信していきますので、よろしければ引き続きご覧いただけると幸いです。

浦安は7月22日(土)開催2試合目でも安定して集客(2,096人)できていましたし、球場も実質今年できた新しいもの。(人工芝が美しい!)
JR京葉線舞浜駅から徒歩10分というアクセスの良さもあり、来年以降も浦安での複数試合開催は継続されると良いなと思います。


◆◇◆「9月のマリーンズ イースタン千葉・茨城開催も興味あり!」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報886】 イースタン茨城・牛久開催はハム主催 あと土浦も4

DSC07568


あてもなくNPB(日本プロ野球機構)のサイトを見ていたらこのようなニュースが・・・。


イースタン・リーグ公式戦開催球場変更のお知らせ

北海道日本ハムファイターズは9月2日(土)、3日(日)に鎌ケ谷スタジアムで開催を予定しておりましたイースタン・リーグ公式戦、千葉ロッテマリーンズ戦の開催球場を変更することになりましたので、お知らせいたします。
なお、本件は1月に発表した筑波大学発ベンチャー「(株)Waisportsジャパン」および筑波大学リサーチユニット「スポーツ環境デザイン」との産学官民連携プロジェクト、「茨城県西南地域でのスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト」の一環として開催するものです。

イースタン・リーグ公式戦開催球場変更

<変更前>

9月2日(土)vs.千葉ロッテマリーンズ(鎌ケ谷スタジアム、13:00試合開始)
9月3日(日)vs.千葉ロッテマリーンズ(鎌ケ谷スタジアム、13:00試合開始)

<変更後>
9月2日(土)vs.千葉ロッテマリーンズ(茨城県牛久市・牛久運動公園野球場、13:00試合開始)
9月3日(日)vs.千葉ロッテマリーンズ(茨城県土浦市・川口運動公園野球場、13:00試合開始)


なお、チケット販売概要などにつきましては、6月上旬頃、北海道日本ハムファイターズホームページなどで発表する予定です。

<茨城県西南地域でのスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト>
http://www.fighters.co.jp/news/detail/00000007.html
(ファイターズ球団公式より)



情報についてはより詳しい情報が載っていたファイターズの球団公式から引用しましたが、昨年牛久市制30周年を記念してマリーンズがイースタン主催試合を行った牛久運動公園野球場と、今年7月にスタンドの増築工事が終了するらしい土浦・川口運動公園野球場でファイターズがイースタンの主催試合を行うとのこと。

ファームの本拠地鎌ケ谷からは確かに遠くはありませんが、一軍の本拠地は札幌のファイターズがなぜ急に茨城でイースタンの主催試合を組んだのか。
その背景は以下のプロジェクトにあるようです。


茨城県と北海道の架け橋に!茨城県西南地域でのスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト


北海道日本ハムファイターズは、茨城県西南地域において筑波大学発ベンチャー「(株)Waisportsジャパン」および筑波大学リサーチユニット「スポーツ環境デザイン」と共同で、産学官民連携によるスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクトをスタートいたします。

北海道日本ハムファイターズの本拠地は、札幌市(1軍)と千葉県鎌ケ谷市(ファーム)にありますが、プロ野球フランチャイズの空白地である茨城県西南地域での様々な取り組みが日本野球界の普及・振興・育成につながり、暮らしやすさで注目されるつくばエクスプレス沿線でのスポーツナレッジを活用した新たな魅力創出、さらに地域間交流を深めて茨城県と北海道の架け橋となることに意義を感じております。産学官民および地域住民の皆様とプラットフォームを形成しながら、本プロジェクトを通じて新たなチャレンジを推進してまいります。


主なプロジェクト内容
(1)茨城県西南地域のイベントなどと連携した事業
(2)野球教室など当社ベースボールアカデミーに関連する事業
(3)東京ドーム主催試合と連携した事業
(4)イースタンリーグ公式戦主催試合
※詳細は決定次第、発表させていただきます。
(ファイターズ球団公式より)



「vsマリーンズ戦」を選んだのには、ある程度ビジターの観客を見込んだふしもありそうですが・・・。

それにしても、「地元筑波大学発のベンチャー企業と筑波大学本体と手を組んで、プロ野球球団空白地域である茨城県西南地域での様々な取り組みを・・・」 って、こういったものは昨年のイースタン主催試合開催できっかけを作ったマリーンズが先立って進めておくべきではなかったのでしょうか。

昨年、圏央道が東関道とつながったことにより(大成JCTまで)、茨城県西南地域から幕張地域への車でのアクセスは確実に向上した訳ですし。

ファイターズは鎌ケ谷にファームの本拠地があるとはいえ、一軍の試合が比較的間近で見られるのは東京ドーム開催の年7試合(2017年)のみ。

一方のマリーンズは依然茨城県西南地域から鉄道でのアクセスには難があるとはいえ、年70試合以上の一軍の試合が比較的間近で見られる訳ですから、本来はどちらの球団がこの地域へのアプローチをしておいた方がよかったかは明白でしょう。

まぁイースタンの地方開催主催試合でも地域と手を組んでプロジェクトとして進めるファイターズと、後援会主導の試合は主催試合であっても丸投げ感の強いマリーンズ。(柏の葉開催のことだ!)

茨城県西南地域の立場からしてみれば、どちらが良いかは言うまでもなさそう。

ホント、ファイターズの球団運営には見習うことが多いです。
唯一難があるとすれば、札幌ドームのビジター応援席を繁忙期以外指定席にしてくれないことですかね。

早々に札幌ドームに行って場所取りをする時間が無駄なので、週末についてはビジター応援席も指定席にして欲しいのですが・・・。


当ブログとしては昨年牛久運動公園野球場に行きましたので、今年は土浦訪問かな・・・ という感じですかね。


◆◇◆こういった「地域との連携」という点で見ると、マリーンズもまだまだだなと思う・・・ という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報772】 4/24(日) 茨城・牛久市運動公園野球場プロ野球初開催 イースタン 千葉ロッテvs横浜DeNA観戦記3

image
 
 
当ブログで散々取り上げ、前売り券まで購入しておき
ながら、前日には事情で行けなくなりそうだった先月
24日(日)の「イースタン牛久開催」でしたが、なんとか
都合をつけGo!

一旦スマートフォン一式を自宅に忘れ、ちょっと慌てつつ
も流山おおたかの森駅で乗る予定だった野田線の電車に
間に合いそう。

電車が入ってきたのが見えたので、小走り程度に階段を
降りたところ残り三段で足を捻り・・・。

ウキャーッ!(そして激痛)

なんとか野田線に間に合い、柏で乗り換えとなる常磐線にも
乗れたものの、駅の手摺りをたどって歩くサマに・・・。

やはり余裕を持って行動しないとダメですね。
正に「駆け込み乗車」はやめましょう でした。


さて、そんなこんなでJRひたち野うしく駅に到着。
 
DSC07612
 
 
運動公園に向かうコミュニティバス「かっぱ号」のバス停に
行列ができているかと思いましたが、そこまででもありま
せんでした。

それでもバスがやや遅れていたのもあり、本来は間に合わない
一本後の特別快速の乗客も合流し20人前後の列に。
 
DSC07613
 
 
さすがにイベント開催時に前回視察の際に来た「小型
マイクロバス」はないよね・・・。


と思ったら牛久市やってくれました。
 
DSC07614
 
 
いつもと同じですが・・・
何か?


ギリギリ並んでいた人達は全員乗れましたけど、他に車両が
あるのならさすがにちょっと考えましょうよ。

乗客が全員乗ってからはスムーズで5分程で運動公園内の
バス停に到着。

ただバスを降りてびっくり。


バックネット裏内野指定席の入場列。
 
DSC07615


当日券(内野の立見か外野席購入の列)
 
DSC07616
 
 
一塁側内野自由席入場列
 
DSC07621
 
 
外野席入場列
一塁側内野自由席の入場列には「QVCマリン開催のちらし」
を配布できる程係員に余裕がありましたが、外野席は
整理の係員がおらず列がごちゃごちゃに。
 
DSC07623
 
DSC07624
 
DSC07629
 
 
ちなみに開門が11:30に30分繰り下げられていました。

結局観客同士で「私はレフト側」「あなたはライト側?」と
確認しあい、通りかかった係員に声をかけてやっと列の整備
が始まりました。

まぁ初開催にありがちなところですね。
 
ちなみに外野席外周通路の外側は畑でした。
 
DSC07626
 
 
開門直後の様子。
 
DSC07637
 
 
一塁側内野自由席とライト側外野席はほぼ満席。

DSC07633
 
DSC07654
 
DSC07636
 
 
レフト側が外野席が広いので余裕がありました。
 
DSC07630
 
DSC07631


前売りで満席となっていたバックネット裏内野指定席
ですが、入場自体にかなり手間取っていた模様。
 
DSC07634
 
DSC07655
 
 
三塁側内野自由席はレフトポール寄りに若干空席あり。
 
DSC07653
 
 
荷物を置いて一息ついた後正午も近くなったので
昼食のネタを探しに行きます。

球場正面では「M-Splash」がダンスパフォーマンス中。
Coolもいました。
 
DSC07643
 
DSC07646
 
DSC07647
 
DSC07649
 
DSC07648
                   ↑Cool↑
 

球場正面向かいにいくつか仮設売店のテントが並んで
いましたが、がっつり食べる的な品揃えが少なくロースト
ビーフサンドやピザなど軽いものが中心。

ローストビーフサンドに食指が動いたのですが、オーダー
ごとに肉を切っており、お客一組にえらい時間がかかって
いたので、隣のテントにあったピザにしました。
 
DSC07617
 
 
牛久は「ワインとピザの街」らしいです。
 
DSC07650


席に戻りピザを食べビールを一杯。
ピザ一切れだとつまみで終わってしまいますね。

一部空いていた三塁側内野自由席も埋まって
きました。

キャッチボールをする大嶺翔と平沢。
 
DSC07657
 
DSC07658
 
DSC07660
 
DSC07661
 
DSC07662
 
 
スタメン発表があり、その後牛久市長のあいさつ。
そして昨日(23日)肝臓がんで逝去された山本功児
元監督を偲んでの黙祷がありました。

記念すべき牛久市初プロ野球試合のスタメンはこちら。
 
DSC07665
 
 
スコアボードにはスピードガン表示もされます。
 
DSC07680
 
DSC07679
 
 
そして12:59に定刻よりやや早く試合開始。

試合内容の詳細は、当ブログの会報にてご確認ください。

試合開始早々、高卒ルーキーの成田と原がブルペン入り
をしていました。(一部写真を修正しています)
 
DSC07674
 
DSC07685
 
DSC07684
 
 
ライト根元。
守備はそつなくこなしていましたが、バッティングでは
いいところなし。
 
DSC07675
 
DSC07676
 
DSC07677
 
 
ラッキー7ではM-Splash・Coolが登場。
 
DSC07686
 
DSC07687


8回から関谷をリリーフした黒沢。
9回につかまりました・・・。
 
DSC07689
 
DSC07690
 
 
9回表にDeNA宮崎に決勝タイムリーを打たれ、残念ながら
敗戦となってしまいました。

試合後はイースタン主催試合(ロッテ浦和・QVCマリン以外)
恒例のサイン会とベースランニング。
熊本地震の義援金募金活動も行われていました。
 
DSC07693
 
 
帰りは痛む足をおしてひたち野うしく駅まで歩く訳にも
いかず、コミュニティバス「かっぱ号」を待ちますが
なんと約25分の遅れ。

上記の通り足が痛いですから、ひたち野うしく駅まで30分
弱歩く訳にもいかずおとなしく待ちましたが・・・。


やって来たバスは牛久駅からのバス経路上でも他のイベント
が行われていたらしく、今度こそはマイクロバスではなく
中型路線バス車両を充当していましたが、それでも乗り
切れず積み残し多数。
 
DSC07694 
 
 
同じ車両がひたち野うしく駅を経由後、牛久駅向けで戻って
来るとはいえ、アクセス対応には課題が残りました。

ひたち野うしく駅に着いたら上り常磐線が行ったばかり。
球場で帰りがけに無料で配っていたスポーツドリンクを
飲みながら次の上り上野行を待って帰りました。


さて、初めてのプロ野球イースタン牛久開催。

前売りでバックネット裏内野指定席(ブロック指定)は
売り切れ、当日券は内野自由席も立ち見のみ。
開門待ちに長い列ができるなどかなりの盛況でした。
(観客数も3,025人と最近では昨年9月の柏の葉に
次ぐ動員数)

当ブログでは球団公式での告知不足を幾度なく指摘
してきましたが、それでも今回は地元牛久市が市役所
ホームページで3月中旬までに告知をするなど、地元と
しては早め早めに動けていたのが巧を奏した印象。

球場自体はスコアボードを含め立派ですし、来年以降も
ぜひ年1試合は定例で開催して欲しいですね。


まぁ今回は初開催でしたから致し方ないのでしょうが
もし来年以降も試合開催されるのであれば改善を
お願いしたい点は、

・ひたち野うしく駅~球場間のアクセス(バス)の
 増発 および 車両大型化。

・外野席の広さが極端に違う(レフト側が広く、ライト
 側が狭い)ことを踏まえ、三塁・レフト側をホームのマリーンズに。

・仮設売店の内容充実。 ピザ・ローストビーフサンド・
 地酒等の売店だけではお昼時はやや辛いです・・・。

・開門を定刻に。 今回は11:00の予定が11:30に。

・入場列整理の適切なチェック、管理、指示。


ですかね。

まぁでも開門後は再入場の案内を係員が客席を廻って
行ったり、再入場口する客ひとりひとりに声をかける
、試合中も合間合間に観客席を周回するなど頑張って
いる面も見受けられました。

あとこれは個人的感想なのでいろいろな意見があると
思いますが、マリーンズ側のライト側外野席で応援の
リードをしていた団体があまりに「自分たちだけ楽し
ければいい」という姿勢が垣間見えて、周囲で見ていて
あまりいい印象を受けませんでしたね。


コールリーダーがまともにできるのも一人いるかいないか。

しかも自分たちのグループ内でやりたい放題、急に夏限定
応援歌を歌い出してその他のマリーンズファンで応援に
参加している人達を驚かせたり。

あと同点・勝ち越しのチャンスにかける応援歌が「ター
ニングポイントテーマ」「チャンステーマ2」と個人的には
そのセンスにも首をかしげたく
なります。

いろいろな応援をするのはまだいいとしても、他のファンの
人達に気配り・根回し・目配りし、なるべくたくさんの
方が楽しめるようにしないとな・・・ とは個人的に
感じます。


昨年の袖ケ浦や柏の葉開催では外野席全体で応援を
盛り上げていた印象を受けましたから、リードをする
人間の差のようですし。

そういえばこの団体、確か昨年のイースタン船橋初
開催の時もいたのですが、その時も同じようなことを
感じてブログに書いた気がします・・・。

【会報460】 2015春のイースタンまつり 第3弾 
5/17(日)千葉ロッテvs横浜DeNA フォトレポート&
詳細試合経過


あと帰りもこの団体かどうかはわかりませんが、
運動公園の駐車場で明らかにマリーンズの応援を
して騒いでる連中がいました。

一部の連中のひとりよがりの為に、マリーンズファン
全体が白い目で見られかねませんから、「周囲に配慮する」
と当たり前をきちんとして欲しい
ですね。


◆◇◆「イースタン公式戦(プロ野球)の牛久初開催」 盛り上がりを見せたようで何より という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 
kashiwanaritahp
             http://www.nariku.co.jp

【会報763】 茨城県・牛久市で初のプロ野球開催 4/24(日) イースタン 千葉ロッテ - 横浜DeNA 試合速報 → 試合終了

■記念すべき牛久初開催のスターティングメンバー
image
 
image
 
 
■2016イースタンリーグ公式戦
 千葉ロッテマリーンズ vs 横浜DeNAベイスターズ
 試合速報 4/24(日)


天気:くもり時々はれ ~試合中~ 12:59開始
試合時間 約3時間5分  観衆 3,025人

ベイスターズ 111 000 001 4 11 2
マリーンズ  000 111 000 3 8 0
 


【投手】
ベ 飯塚ー久保裕―○大原慎―S熊原
マ 関谷ー●黒沢

【本塁打】
ベ なし
マ 大松3号① 大嶺翔1号①


【ゲームトピックス】
1回表 マリーンズ先発関谷は、先頭の西森をカウント
    3-2から見逃し三振。
    2番内村をライトフライに打ち取るも、3番白崎
    にレフトオーバーの2塁打。

    そして4番宮崎にライト前に運ぶタイムリーヒット
    を打たれいきなり失点。

    5番白根にはライトライン際に落ちるヒットを打たれ
    これで3連打。 なおも2アウト1・3塁。

    6番黒羽根はセカンドゴロでなんとかチェンジ。


1回裏 1アウトから2番根元がフォアボールで出塁するも、3番  
    加藤が初球に手を出しショートゴロ併殺打・・・。


2回表 先頭の7番渡邊雄に二遊間を破るセンター前ヒットを
    許すと、8番青柳が送って1アウト2塁。

    9番百瀬はサードファールフライ。
    トップに戻って西森はレフト前に落ちるヒット。
    2アウトながら1・3塁。
    そして内村には3-1から高めに外れ満塁。

    白崎にはデッドボール・・・ 2点目を献上。

    なんとか宮崎はセカンドゴロ。

2回裏 2アウトから6番平沢がライトオーバーの2塁打を放つも   
    7番大嶺翔がファーストゴロで反撃ならず。


3回表 1アウトから黒羽根にライトフェンス直撃の3塁打を
    許し、渡邊雄へライトに犠牲フライを打たれて
    3失点目。

    なんとか青柳は三振で切り抜ける。

3回裏 先頭の柿沼がヒットで出塁するも、後続が続かす・・・

4回表 1アウトから西森にフォアボールを与えるも、続く
    内村をサードライナー併殺打に打ち取りなんとか
    無失点。

4回裏 1アウトから4番大松かライト場外に飛び込む3号ソロ!
    1点を返しました!

5回表 この回は三者凡退!
    関谷がやっと立ち直ってきました。

5回裏 先頭の大嶺翔が今季1号となるソロアーチを
    レフトスタンドへ。 2-3と1点差に。

6回表 1アウトから渡邊雄にライト前ヒット。
    しかし後続を絶ち関谷はこの回も無失点。

6回裏 1アウトから加藤・大松の連打で1・3塁とすると
    青松のライトへの犠牲フライで3-3の同点に!

7回表 西森、内村の代打嶺井とあっさり打ち取るも
    白崎にライト前ヒットを許す。
    しかしなんとか宮崎を打ち取り無失点。

7回裏 ベイスターズ投手 飯塚→久保裕
    大嶺翔がフォアボール、脇本がデッドボールで
    1アウト1・2塁のチャンスを作るも、伊志嶺が
    ショートゴロ併殺打・・・。

8回表 マリーンズ投手 関谷→黒沢
    先頭の白根にセンター前ヒットを許すと、黒羽根が
    送って1アウト2塁。

    渡邊雄は三振、青柳も三振!

8回裏 ベイスターズ投手 久保裕→大原慎
    先頭の根元三振も加藤がセンター前ヒット。
    大松凡退も青松がレフト前ヒット。
    レフト西森が処理にもたつく間に1・3塁と
    するも平沢三振で勝ち越しならず・・・。

9回表 先頭の百瀬三振。 西森がセンター前ヒット。
    嶺井は低めの変化球で空振り三振。
    白崎はフォアボールで1・2塁。

    宮崎の強いゴロはファースト青松が飛びつくも
    グラブを弾いてライト前へ・・・。

    ベイスターズ勝ち越し。 3-4。

9回裏 1アウトから柿沼がフォアボールで出塁するも、
    途中から守備に入っていた大木が送りバント失敗。
    伊志嶺セカンドゴロでゲームセット。

 
◆◇◆「試合速報 役に立ちました!」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 
 
【スタメン】
□ベイスターズ
1 左 西森
2 指 内村 → 嶺井
3 遊 白崎
4 三 宮崎
5 一 白根
6 捕 黒羽根
7 右 渡邊雄
8 中 青柳
9 二 百瀬
投   飯塚 → 久保裕 → 大原慎 → 熊原


■マリーンズ
1 指 伊志嶺
2 右 根元
3 中 加藤
4 一 大松  → レフト
5 三 青松  → ファースト
6 遊 平沢
7 二 大嶺翔 → サード
8 捕 柿沼
9 左 脇本 → セカンド大木
投   関谷 → 黒沢


■試合結果
image
記事検索
にほんブログ村 ランキング