藤岡

【会報994】 藤岡裕大の応援歌

fujioka4


ロッテ藤岡裕が内角攻めを「少し克復」 打席での立ち位置を変えてマルチ
4/29(日) 20:13配信

ロッテのドラフト2位ルーキー藤岡裕大内野手が、29日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で決勝点を叩き出した。

4-5と1点を追う6回2死一、二塁の好機。同じく社会人ルーキーの日ハム西村が投じた真ん中やや内寄りの150キロ速球を右翼線に弾き返し、逆転の2点三塁打とした。初回には無死二塁から右前打で一、三塁とし、続く中村の先制タイムリーにつなげる働き。28日の同戦で3試合ぶりに打順が2番に戻り、2試合連続でマルチ安打と結果を出した。

厳しい内角攻めにフォームを崩されて打順を9番に下げられたが、自力で這い上がってきた。「インコースを攻められて苦しかったが、この何試合か、きっちり振り抜けている。インコースを少し克服できた」と手応え十分。内角攻めの対策として、バットを指2本分短く持ち、バッターボックスでの立ち位置も変えた。

元々左投手の時は投手寄りに立ち、変化球の曲がりばなを打っている。だが、右打席でも投手寄りに立つようになり、内角が窮屈になった。その反省から打席では少し捕手寄りに立ち、内角もうまくさばけるようなったという。

一時は打率.197まで下げたが、2試合連続マルチで打率.244まで上げてきた。田中靖、大嶺翔と立ったお立ち台には「話すことは苦手で…」と苦笑いだったが、「(自分の)応援歌を作ってほしいです」と熱い声援を届けてくれるロッテファンにアピールしていた。
(フルカウントより)



早く作りましょうよ!個人応援歌。

チャンステーマ5、アタックテーマ、ナシオナルなど、繰り返し聞いてみると(最初は個人的には???でしたが)「いいな」と思える応援歌を作り出した今季の応援団に対し、一定の評価はできるのでは・・・ と思うようになりましたが、相変わらずの「個人応援歌軽視」は引き続き謎です。

今年2月に、当ブログの
【会報973】 2018年「マリーンズの応援」について
で取り上げましたが、過去の選手応援歌流用でもいいので一定数出場のある選手についてはきちんと個人応援歌を作ってほしいですね。

井上(4番打者ですよ!)・平沢・藤岡裕・菅野・大木・・・ あたりは今すぐにでもと思いますが。

ホントは新曲ですごく格好いいのがもちろんいいですが、作詞作曲はそう簡単ではないと思いますし、外した時のリスクを考えるなら流用もありですかね。

♪あふれる歓声 心に感じながら
雄大(裕大)な力出し切れ
今その時~♪
かっとばせー 藤岡!


2012年までマリーンズに在籍した渡辺正応援歌の流用で、雄大と名前の裕大はあえてかけてます。

これでも悪くないと思いますけれど、いかがなものでしょうか。

■渡辺正応援歌  動画協力:なんぶふじ様 ありがとうございます。




◆◇◆「藤岡裕のみならず、ある程度一軍出場のある選手の個人応援歌は早めに作成して欲しい」という方はぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報951】 2017年マリーンズイースタン袖ヶ浦開催 試合経過(2017年8月27日日曜日)

YUKA150701278597_TP_V


□試合結果(スコアボード)
DSC03029

□この日のマリーンズスタメン
image


イースタン(ファーム)マリーンズ主催 千葉・袖ヶ浦市営球場開催(2017年8月27日日曜日開催)を現地観戦しました。


イースタンリーグ公式戦 101試合50勝48敗3分 3位タイ
vs東京ヤクルト 10勝6敗1分
S 001 201 000 4 10 1
M 033 000 00x 6 5 0

勝 藤岡 3勝2敗1S
敗 梅野 1勝3敗
S 阿部 2勝1敗4S
本 なし

<投手>
S 梅野-屋宜-土肥-中尾-風張-秋吉
M 藤岡-原-東條-高野-阿部


【試合経過】
□1回表 投手:藤岡
1アウトから2番渡邉にレフトへのヒットを許し、3番原には三遊間を抜けそうなゴロを打たれるもサード高濱の好守で1塁はアウトに。 4番グリーンファーストゴロで無失点。


■1回裏 投手:梅野
1番平沢、2番大木とフォアボールを選ぶも、3番根元が5-3の併殺打。 4番細谷レフトフライでいただいた先制点のチャンスを生かせず。


□2回表 投手:藤岡
1アウトから6番飯原にレフト前ヒットを打たれ、盗塁で2塁に進まれるも後続を断ち無失点。


■2回裏 投手:梅野
スワローズ先発梅野の制球が定まらずフォアボール2つで1アウト1・2塁のチャンスを作ると、9番脇本、1番平沢、2番大木の3連続タイムリーヒットでマリーンズ3点先制! 3番根元もヒットで続くも走者がホームでタッチアウトとなり4点目はならず。  M3-0S


□3回表 投手:藤岡
2アウトランナーなしから2番渡邉にフォアボールを与えると盗塁を決められ、3番原にライトへのタイムリーヒットで1点返されてしまう。  M3-1S


■3回裏 投手:梅野
この回もスワローズ先発梅野は制球を乱し、フォアボール3つで満塁とすると、9番脇本が押し出しのフォアボール、1番平沢が押し出しのデッドボール、2番大木のセカンドゴロ併殺崩れの間に3点を追加。
M6-1S


□4回表 投手:藤岡
先頭の4番グリーンのセンターフライを薄暮の空の中センター三家が見失いポトリ。 その後5番廣岡のセンターへのヒットで1・3塁とされると、6番飯原の犠牲フライと2アウト後8番星野の右中間を破るタイムリー2塁打でやや不運な2点を失う。
M6-3S


■4回裏 投手:梅野→屋宜
1アウトから5番高濱がレフト線への2塁打を放つも、後続が続かず追加点ならず。


□5回表 投手:藤岡
先頭の1番三輪にレフト前ヒットを打たれるも、次の渡邉の打席でキャッチャー柿沼が盗塁を刺し3人で攻撃終了。


■5回裏 投手:八木→土肥
外野フライ3本であっさり終了。


□6回表 投手:藤岡→原
レフト:寺島 脇本:レフト→ライト 柴田:ライト→センター 三家:センター→サード
先頭の4番グリーンに右中間を破る2塁打を許すと、6番飯原に今日2打点目となるタイムリーヒットを打たれてM6-4Sと2点差に。


■6回裏 投手:土肥→中尾
キャッチャー:星野→井野
2アウトから4番細谷がフォアボールを選び二盗を決めるも、途中出場の5番寺島がサードゴロに倒れ追加点ならず。


□7回表 投手:原→東條
ファースト:根元→猪本
いきなり9番榎本、1番三輪に連続ファアボール。
ただなんとか後続を打ち取り無失点。


■7回裏 投手:中尾→風張
6番柴田・7番三家・8番柿沼と風張の前に三者連続三振・・・。


□8回表 投手:東條→高野
2アウトランナーなしから6番鵜久森にヒットを許すも、その他の3アウトは全部三振。


■8回裏 投手:風張→秋吉
2アウトランナーなしから2番大木にデッドボールで出塁するも、やはり途中出場の3番猪本がライトファールフライに倒れ無得点。 やはり秋吉はここでは格が違うか。


□9回表 投手:高野→阿部
キャッチャー:柿沼→宗接
危なげなく3人で切り抜け試合終了。 M6-4Sでマリーンズの勝利となり、スワローズと同率でイースタンリーグ3位タイに浮上しました!


スワローズ先発梅野の怒涛の制球難に助けられたマリーンズでしたが、先発藤岡は4回にセンターを守っていた三家が打球を見失うというアクシデントはあったものの、5回を被安打7の3失点とイマイチピリッとしない投球内容でした。 打線も梅野がマウンドを降りてからは、ヒットは4回の高濱の2塁打のみでもちろん追加点ならず。 マリーンズリリーフ陣も原・東條の2人はかなり危かっしい内容でしたが、なんとかしのぎました。


【当日の様子】
□球場正面周辺(試合開始前)
DSC02991

DSC02993


□試合告知ポスター
DSC02992


□入場チケット 結構立派なものです。
DSC02994


□先発の藤岡
DSC02995

DSC02996


□外野の芝がやや傷んでいます
DSC02997


□外野席で観戦
DSC03000


□試合開始前の様子
DSC03002

DSC03003

DSC03004

DSC03005

DSC03006

DSC03007


□17時開始なので途中からはすっかりナイターの様相
DSC03008

DSC03009


□内野席の様子
DSC03023

DSC03024


□勝利のごあいさつ

DSC03027


◆◇◆「マリーンズイースタン袖ヶ浦開催の詳細がわかった!」という方はぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報938】 藤岡が一軍合流? イースタン茂原で大炎上だったのに(汗)2

■一軍に呼ばれました。
DSC01864


【ロッテ】涌井&石川を今季初めて同一カードに投入…23日からオリックス3連戦

ロッテがローテを再編し、23日からのオリックス3連戦(ほっと、京セラD)で今季初めて涌井秀章投手(31)と石川歩投手(29)を同一カードに投入する。

 この日はZOZO隣接の屋内練習場で全体練習。リーグ戦再開後、オールスター直前まで6連戦がないことから、当面は先発5人でやり繰りできる。英二投手コーチは「いい状態で、いい場所を選んで投げさせていく」と説明。24日の2戦目は唐川、27日からの西武2連戦(那覇)は二木、佐々木に託す予定で、20日から1軍に合流している藤岡は中継ぎで待機する。
(スポーツ報知より)



昨年の涌井と石川ならいざ知らず、今年の成績であれば二木をもう一方の軸と考えたと仮定すると、涌井と石川が同一カードに登板してもおかしくはないのですが。

あと佐々木は一旦ファームで再調整でいいのではないでしょうか。
スタンリッジや酒居がイースタンの試合で好投していますので、入れ替えで。
このまま一軍で投げさせていても、何かをつかんで劇的に改善する可能性は低いと思われますし。

ただ、この記事で一番気になったのは最下部にある

20日から1軍に合流している藤岡は中継ぎで待機する。

です。

当ブログをご覧いただいている方は既にご存知かと思いますが、今週18日(日)のイースタン ヤクルト戦で試合自体は雨天ノーゲームとなっているとはいえ2回7失点と大炎上でしたからね。

詳細はこちら

確かに、

・雨が強弱がありながらも降り続き、かつ風もある中でという悪いコンディションの中での登板であった。

・セカンド大木のフィルダースチョイス、ショート平沢のエラーなど守りに足を引っ張られた。


という面はありました。

ただ、それを差し引いてもイースタンで再度登板し調子が上がっていることを確認してから一軍昇格させるのが本来の姿でしょうけれど。

「先発が5人いればしばらくは足りる」という認識であれば、大嶺祐と入れ替わりで「負け試合の長めのリリーフ」が主戦場と思われますので、そこで藤岡がモチベーション高く登板できるのかとも思いますし。

このような状況だから「ダントツの最下位」なのでしょうし、もう迷走感がハンパないですが、せめて残り試合は「来季に何か希望をつなげられる戦い」をして欲しいです。

それが現状の「藤岡の再昇格」で成し遂げられると思えないのは、当ブログ管理人だけでしょうか。


◆◇◆「マリーンズはどれだけ投手層が薄いんだ・・・」と少し悲しくなった。 という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報914】 せめて動画中継ぐらい「見たい」と思わせてください・・・1

image


だけね。


~2017パ・リーグ公式戦 ZOZOマリン~ 2017年4月4日(火)
公式戦4試合 4敗  vsファイターズ 1敗

マリーンズ 1 - 6 ファイターズ

F 010 010 400 6 9 0
M 100 000 000 1 7 2

勝 高梨 1勝
敗 石川 1敗

投手:F 高梨―谷元―公文―石川直―鍵谷
   M 石川―藤岡―東條

※詳細結果はこちら(スポーツナビ)



仕事の帰り道、「パ・リーグTV」で動画中継でも見ようかなと思っていたのがちょうど6回裏が終わったところ。

先頭の井上がヒットで出塁するも、セカンドにも進められずあっさり攻撃終了。

「これでは・・・ 同点にも追いつけないのでは」 と思っていた矢先、続く7回の表は2番手藤岡を続投させて痛恨の4失点。

また中継を見ることがありませんでした。

勝ち負けはもちろんですが、せめてテレビや動画中継ぐらい楽しみを持って見れるような試合をして欲しいです。


昨日はファイターズもマリーンズに対して6四死球を与え、三振11を喫しており、(マリーンズは7四死球を与え、角中以外スタメン全員の三振15ですが・・・)決して内容が良いとも言えないとは思いますが、それでも5点差をつけて勝ち切るのが、チームとしての意識の差、そしてチーム力の差なのかもしれません。

あと、

・藤岡は無論のこと、東條を3イニング近く投げさせるなど中継ぎ投手を引っ張り過ぎ。 ビハインド時の中継ぎが足りないのであれば、同じようなタイプの選手が4人も登録されている外野手のうち一人と入れ替えた方が良い。

・3人目の外国人野手探しましょう。 ボールになってもフォークボールを投げておけば現状OKのパラデス、オープン戦の好調はどこへ?のダフィーが今後どう調整するかはともかく、今のままでは「シーズン打率.230 10本塁打」でもスタメン安泰になりそう。 外国人枠を有効活用していないのであれば、2人に危機感を持ってもらう意味でも必要かと思います。


が昨日気になった点ですかね。

今日のマリーンズ先発はスタンリッジ。 6回までにリードして、大谷―内―益田につなげるかがポイントでしょう。 14時からのデーゲームになりますのでお間違いなく。


◆◇◆勝ち負けもそうですが、もう少し「見たい!」「応援したい!」と思える試合をして欲しい という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報778】 やっと角中がチャンスで打ったぞ4

~2016年公式戦~ 2016年5月8日(日)
35試合 20勝14敗1分 2位 vsオリックス 5勝3敗
*QVCマリンフィールド

千葉ロッテ 4 - 3 オリックス

B 210 000 000 3 13 0
M 020 000 02X 4 5 1

勝 松永 1勝
敗 西  2勝4敗
S 西野 2勝1敗9S
本 なし


明らかな「一軍先発登板最終試験」でもあったこの日の
先発でも、2回3失点で早々とノックアウトされた大嶺祐。

球団制作中継の解説だった有藤さんが、

・かわそうという気持ちが強すぎるんじゃないか
・すべてのボールに「強さ」がない


と大嶺祐を酷評していましたが、正にその通りという
感じですね。

既に防御率とか勝敗とかを気にするレベルではなく
「とりあえず自分のベストピッチをする」ことに専念
できる登板だったと思いますが、そこでひと味変わった
姿を見せられないのはハート面の弱さにも由来するのかな
という気がします。

それにしても伊東監督の代え時もある意味見事でした。

あれでもう1イニング大嶺祐を引っ張った場合、試合自体が
ぶち壊しになる可能性もありましたし。

3回・4回を投げた南、5回・6回を投げた藤岡はピンチを
作りながらもなんとか無失点に抑えましたからね。

南の投げていた4回、2アウト満塁で迎えるは3番糸井。
カウント3-1からの内角低めへのストレート。
審判が一瞬考えた後に「ストライク!」とコール。

これもこの試合のポイントでしたね。

ここで「ボール」と判定され押し出しで更に1点を失って
いれば、オリックスの一方的な試合になっていてもおかしく
なかったですし。


それにしてもオリックス1番西野に5打数5安打、3番糸井に
5打数4安打を許しながら結果先発大嶺祐の許した3点で
済んだ訳ですから、運がいいというかオリックスの拙攻に
救われたというか・・・ 微妙なところです。


打線は2回に2四球とヒットでノーアウト満塁のチャンスを
作り、7番根元の弱い当たりのセカンドゴロと8番田村の
セーフティースクイズで2点をあげた後はオリックス先発
西の前に沈黙していましたが、8回に2四球を絡め2アウト
1・2塁のチャンスを作ると、5番角中がライトフェンス
直撃のタイムリー3塁打を放ち一挙に4-3と逆転。

得点圏打率が2割に満たず、当ブログでも再三チャンス時
での弱さを指摘してきた角中がやっとチャンスを生かし
ました。

オリックスの中継ぎが不安定で、120球以上投げていた
先発西を8回まで引っ張らざるを得なかったのも一因かと
思いますが。

まぁこれでオリックス3連戦もなんとか勝ち越しで終了。

この勢いでソフトバンク戦も・・・ と思いきや
そうはうまくいかないのでした。


◆◇◆この日は「チャンスに弱かった角中がよく決めてくれた」という印象が強い という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
記事検索
にほんブログ村 ランキング