高濱

【会報969】 2017年最後のZOZOマリン現地観戦は長~い試合に3

🔷試合結果。
DSC03299


🔷4時間39分・・・ 長すぎ。

DSC03300


~2017パ・リーグ公式戦 ZOZOマリンスタジアム~ 2017年10月4日(水)
公式戦140試合 52勝86敗2分  vsイーグルス 8勝14敗1分

マリーンズ  -  イーグルス

E 000 000 001 000 1 11 0
M 000 000 100 000 1 10 0

勝 

S 
本 

投手:E 岸-宋家豪-高梨-青山-釜田-西宮
   M 二木―内-松永-大谷―有吉

※詳細結果はこちら(スポーツナビ)


今季のマリーンズ一軍公式戦も残り4試合。
当ブログ管理人的にも(たぶん)今季最後のプロ野球現地観戦です。

今日はTEAM26特典の無料券を使って2階内野自由席でまったり見ていましたので観戦記がしっかりとあります。

先発はマリーンズがあと計2試合先発して、初の規定投球回数到達を目指す二木。
イーグルスが防御率2.85ながら8勝10敗と負けが先行している岸でした。


🔷この日のスタメン。
DSC03247

DSC03248

DSC03249 


🔷スタメン発表時はまたかなり席が空いていました。 一塁側一階内野席はまだマシでしょうか。
DSC03242

 DSC03243

DSC03245

DSC03244

DSC03246


🔷メンバー表の交換。
DSC03258

DSC03259


🔷二木。
DSC03260

DSC03261


🔷岸。

DSC03262

DSC03263


また、試合開始前に涌井の1,500奪三振記念セレモニーが行われました。
旧ライオンズユニのルーキー時代涌井が若すぎて驚きます。

DSC03250

DSC03251

DSC03252

DSC03253

DSC03254

DSC03255

DSC03256

DSC03257


■1回表 投手:二木
先発二木はイマイチコントロールが定まらず、2番藤田、4番ウィーラーにヒットを許し2アウト1・3塁のピンチを迎えますが、5番銀次をサードゴロに抑えなんとか無失点。 銀次のサードゴロは強い当たりでしたが、大嶺翔がなんとか捌きました。


□1回裏 投手:岸
2アウトから3番鈴木がセンター前ヒットで出塁するも、4番ペーニャがセンターフライに倒れ無得点。 上空の風は3m程度ですが、ペーニャの打球はかなり風に流されていました。 鈴木大地は登場曲を先日戦力外となった猪本の「BIG UP
~湘南乃風」に変更してましたね。


■2回表 投手:二木
先頭の6番聖澤にセンター前ヒットを許しますが、7番内田をショートゴロ併殺打、8番阿部をレフトフライに打ち取ります。
内田・阿部がスタメンって・・・。 イーグルスは既に2位を諦めたのでしょうか。


□2回裏 投手:岸
岸の前にあっさり三者凡退。


🔷試合開始後しばらくすると、一塁側は座席がそれなりに埋まってきました。
DSC03264


■3回表 投手:二木
二木も岸に負けずと三者凡退に抑えます。
1アウトから1番岡島の弱い当たりのファーストゴロをグラブトスで捌いた高濱は見事でした。


□3回裏 投手:岸
先頭の8番田村が二遊間を破るセンター前ヒット。
しかし9番大嶺翔は空振り三振。 大嶺翔は日曜の松井裕からの走者一掃の逆転タイムリーなどたまにいい働きをしますが、全般的にまだまだプレイが粗いですね。

続く1番加藤はピッチャーライナー。 1塁ランナー田村がベースに戻れずダブルプレーになっています。


■4回表 投手:二木
この回は内野手の好守が二木を救いました。
1アウトから4番ウィーラーの二遊間を抜けそうなゴロをショート中村が好捕。
送球後ファースト高濱の足が離れたと判断されたのか内野安打となりますが、続く5番銀次のセカンド右へのゴロをセカンド鈴木がやはり好捕しセカンド封殺。

6番聖澤は振り逃げで出塁し2アウト1・2塁とされますが、7番内田を空振り三振に抑えました。


□4回裏 投手:岸
先頭の2番荻野貴は変化球に泳がされますが、飛んだ場所が良くショートへの内野安打。 続く3番鈴木の打席、カウント3-1から荻野貴が盗塁を決めノーアウト2塁。

岸に強く(下参照)チャンスに弱い3番鈴木がどうなるか・・・ と思いましたがフォアボールを選びノーアウト1・2塁。

DSC03266


4番ペーニャは高めの143kmストレートに空振り三振。
続く5番角中はあわやホームランかとライトポール際への大飛球を放ちますが、一二塁間へのゴロに倒れ2アウト2・3塁。
そして6番中村は見逃し三振で無得点。
中村は最近「打席でだいぶ粘れるようになってきたのではないか」と思って見ていましたが、岸の前ではこんなものなのでしょうか。

ちなみに鈴木大地の登場曲、2打席目はいつもの「告白 ~FUNKY MONKEY BABY」に戻ってました。


■5回表 投手:二木
いやぁ、10月のZOZOマリンナイターはさすがに肌寒いです。
近くなるお手洗いに行って戻ったらもう2アウト。 1番岡島も三振であっさり三者凡退でした。


□5回裏 投手:岸
先頭の7番高濱はいい当たりもセカンド正面へのライナー。
8番田村はレフトフェンス際への大きなフライでしたが、レフト聖澤のグラブにおさまり2アウト。
9番大嶺翔は岸の変化球に全くタイミングが合わず空振り三振。

そして5回裏終了後は今季お決まりの魚です。

DSC03268

DSC03269

DSC03270

DSC03271

DSC03272

DSC03273

DSC03274

DSC03275


魚も最初は「センスゼロ。 発案者と承認者出てこい! と思いましたが、続けてみると馴染むもの。

ちなみに魚の登場テーマ「ミラクルをキミとおこしたいんです ~サンボマスター」は管理人お気に入りなので、来季も継続して欲しいですね。

↓参考までに↓
【会報947】 マリーンズ「魚」登場曲のPVは流山市・江戸川台の商店街で撮影されていた!


■6回表 投手:二木
1アウトから3番島内に一二塁間を破るヒットを打たれますが、4番ウィーラーのセンター頭上を越えそうな打球を荻野貴がナイスキャッチ!
続く5番銀次の打席で島内の盗塁を田村が刺し結果打者3人で切り抜けます。


□6回裏 投手:岸
1アウトから2番荻野貴がフォアボールを選びますが、3番鈴木はキャッチャーファールフライで2アウト1塁。

荻野貴が今日2個目の盗塁を決め2アウト2塁。
しかし4番ペーニャはストレートを続けられかすりもせず空振り三振。

今日の岸が投げている間は打てなそうです、ペーニャ。


■7回表 投手:二木
5番銀次レフト前への浅いフライ、6番聖澤、7番内田と連続見逃し三振。

危なげなかったですね、この回は二木。
そろそろ援護してあげてください。


□7回裏 投手:岸
🔷マリーンズのラッキー7。
DSC03277

DSC03276


先頭の5番角中はフルカウントから低めのストレートに手が出ず見逃し三振。
6番中村が一二塁間を破るライト前ヒット。

DSC03278


そして7番高濱がライトフェンス直撃のタイムリー2塁打!
中村が一気にホームインしマリーンズ先制! 高濱今季初打点!


DSC03279

DSC03280

DSC03281


なおも1アウト2塁のチャンスも8番田村ショートゴロ、9番大嶺翔三振で追加点ならず。

それにしてもマリーンズ公式応援団はチャンスにもかかわらずチャンステーマをやりませんね。 変なポリシーをお持ちなようであれば今季限りで撤回していただきたいところです。 方向性間違っていると思いますよ。


■8回表 投手:二木
8番阿部の代打枡田レフトフライ、9番嶋の代打茂木をセカンドゴロ、1番岡島を空振り三振。
枡田のフライに一瞬ヒヤッとしましたが、全般的に見ればこの回も二木は危なげなしでした。


□8回裏 投手:岸→宋家豪 藤田:セカンド→ショート 銀次:ファースト→セカンド
     代打枡田→ファースト 代打茂木→キャッチャー:足立

1アウトから2番荻野貴がフォアボールを選びます。(6回とまったく同じ)
荻野貴が今日3個目の盗塁を決め1アウト2塁。
ただチャンスが苦手(得点圏打率.185/この試合前まで)な3番鈴木はショートフライで2アウト2塁。

そしてまたペーニャは高めのストレートにかすりもせず空振り三振。

ダラダラとした応援といい、6回裏のリプレイを見ているようでした。


■9回表 投手:二木→内
8回まで116球も無四球完封のかかっていた二木を代える理由がよくわかりませんが、内が出てきました。

DSC03282

DSC03283

DSC03284

DSC03285


先頭の2番藤田が初球に手を出してセカンドゴロ。
1アウトから島内が2打席連続で一二塁間を破るヒットで1アウト1塁。
島内の代走に田中。
4番ウィーラーは三遊間を緩い当たりで抜いて1アウト1・2塁。
5番銀次はレフトほぼ定位置へのフライ。 2アウト1・2塁。

しかし・・・。

6番聖澤 センター前同点タイムリーヒット・・・。

DSC03286


ほら、代えなきゃよかった。(結果論ですが)
この時点で二木の今季8勝目が消え、シーズン負け越しも確定的になりました。
(9敗してますし)

7番内田ライトへの大きなフライで3アウト。
二木には全く合っていなかった内田にも散々粘られましたね。


□9回裏 投手:宋家豪→高梨 代走田中→センター
5番角中外に逃げる変化球に空振り三振。
6番中村ファーストゴロ、7番高濱見逃し三振。

それにしてもこの高梨、変則フォームもあり左打者は相当打ちづらそうです。

🔷高梨。
DSC03287

DSC03290

DSC03291


■10回表 投手:内→松永
8番枡田三振、9番足立三振、1番岡島ショートゴロ。
松永さん、心配してすみませんでした。


□10回裏 投手:高梨→青山
8番田村ライトフライ、9番大嶺翔の代打肘井空振り三振。
1番加藤がセンター前ヒットを放つも2番荻野貴ショートライナーでチェンジ。

そういえば田村登場曲ひっそり変えました?
明らかに「ごきげんだぜっ! ~Nothing But Something~ 
DA PUMP」じゃないんですけど。 ズキュンズキュン言ってないんですが。
なんかドリカムみたいでしたよ。 曲名おわかりの方、ぜひコメント欄にお願いします。


🔷代打で登場の肘井。 細谷みたいに登場曲と応援歌揃えられませんかね。
 「少林サッカー」で。

DSC03293


■11回表 投手:松永→大谷 高濱:ファースト→サード 代打肘井→ファースト:井上
2番藤田ライトウォーニングゾーンへのフライで1アウトも、3番田中に一二塁間を破られるヒットを打たれ1アウト1塁。

島内の最後2打席含めイーグルスの3番打者に3打席続けて一二塁間を抜かれてます・・・。

4番ウィーラーレフト左へのヒット。 1アウト1・3塁。
八木山ベニーランドのチャンステーマがレフトスタンドから鳴り響きます。

5番銀次 空振り三振。 なぜ銀次から三振を取れるのに田中に打たれるの。
6番聖澤ボテボテのファーストゴロ。 チェンジ!
なんとか大谷が凌ぎました!


□11回裏 投手:青山→釜田
3番鈴木センター前ヒット → 代走:大木。
4番ペーニャ また三振。 今日のペーニャは全然ダメです。
この回は多少粘りましたが。
5番角中一二塁間を破るライト前ヒット → 代走:清田。
1アウト1・3塁→清田2塁へ→1アウト2・3塁。

6番中村敬遠→1アウト満塁。
7番高濱初球に手を出しボテボテのセカンドゴロ。
4-2-3のダブルプレー。

高濱くんが今季一軍に居場所がない理由がよくわかりますね。


🔷鈴木の代走大木。
DSC03295


🔷イーグルス5番手の釜田。
DSC03294


🔷高濱「あー やっちまった・・・」

DSC03296


■12回表 投手:大谷→有吉 代走:大木→セカンド
2アウトから9番足立がヒット。 1番岡島は粘りますが見逃し三振。

この時点で3位イーグルスが残り5試合に全勝しても79勝61敗3分以下、2位ライオンズが明日の最終戦敗れても79勝61敗3分となるので、対戦成績の差(イーグルスの8勝16敗1分)でライオンズの2位、イーグルスの3位が決まりました。


□12回裏 投手:釜田→西宮
8番田村ライトへのヒット。 9番井上粘ってレフト前に落ちるヒット。
ノーアウト1・2塁!
井上→代走:柿沼

1番加藤見事に送りバント! 1アウト2・3塁。
2番荻野貴敬遠。 1アウト満塁。

3番は代走から守備についていた大木。 代打? パラデス? 福浦?
吉田かぁ・・・。
大木→代打:吉田 三球三振。
何のために出てきたの? パラデスならまだネタになるし、福浦ならなぜか許せちゃうけど吉田の三球三振なんてネタにもなりません。

4番ペーニャ 痛烈なライナー性の当たりもファースト枡田がナイスキャッチ。
ゲームセット。 あーあ。

試合時間4時間39分。
1試合半分ぐらいは見れましたが、二木のプロ初完封をわざわざなくし(二木に何かあったんですかね? 次が中5日で10日登板になるから?)、抑えの内がつかまり延長11回・12回の1アウト満塁のサヨナラ機をどちらも逸するなど、なんだか今季を象徴する試合でしたね。

お疲れ様でした。

DSC03301


🔷最後に6回来場記念でドリンク引換券をいただきましたが・・・。
 6回か・・・。 今年は弱かったからかZOZOマリン行きの回数も少なかったですね。
DSC03265


🔷試合開始前のステージイベント。 かかっている曲が「EAST END & YURIのまいっか」って、古すぎです。 もう20年ぐらい前じゃないですかね。

DSC03237

DSC03238

DSC03239

DSC03240




◆◇◆「二木のプロ入り初完封が見たかった気もする・・・」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報747】 ホームラン王鈴木大地の決勝アーチで逃げ切る4

~2016年公式戦~ 2016年4月1日(金)
6試合 4勝2敗 1位 vsオリックス 1勝
*京セラドーム大阪

オリックス 3 - 4 千葉ロッテ

M 010 100 110 4 11 1
B 100 000 200 3 7 0

勝 涌井  2勝
敗 佐藤達 1敗
S 西野  3S
本 鈴木3号①


7回に2安打と守備堅めで入っていたはずの高濱の
エラーで満塁とされ、糸井のセンターへのタイムリー
2塁打で同点とされた直後でしたから、

ホームラン王鈴木大地の
ライト上段に当たる決勝ホームラン


は本当に大きな一発となりました。

それにしてもどうしたんですかね。
昨年まででしたら「年間3本塁打」でもまぁ納得という
感じだったのですが。

ピークを持ってくる時期を間違えた(オープン戦前半は
絶好調)感のある清田の調子が上がりませんから、好調な
岡田―細谷の1・2番を生かす意味でも、「3番鈴木大地」
もアリなのかもしれません。

ちなみに、

三塁打王細谷圭
 
(2本) であったりもしますが。

それにしても勝ち越した後の内―西野のリレーは安心感
がありますね。
大谷の不在を感じさせませんし。

まぁ大谷が戻れば、登板間隔を踏まえながら余裕を持った
投入ができるようになり、更に盤石になるんでしょう
けど。

涌井もヒットは許しながらなんとか試合は作りましたし
全く調子の上がらない中村や上記の清田、また外角低めの
変化球にバットが回り出したデスパイネ、攻守に精彩を欠く
高濱と不安材料は多々あるものの、開幕6試合で4勝2敗で
あれば上々の結果ではないかなと思います。

今日の先発は大嶺祐。
先週土曜の「変化球でストライクが取れない状況」を脱する
ことができているか、まずはそこに注目ですかね。


◆◇◆「鈴木大地の6試合で3ホームラン」にはさすがにびっくり! という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報743】 好投スタンリッジを援護できず・・・

~2016年公式戦~ 2016年3月27日(日)
3試合 2勝1敗  vs北海道日本ハム 2勝1敗
*QVCマリンフィールド

千葉ロッテ 0 - 1 北海道日本ハム

F 000 010 000 1 4 0
M 000 000 000 0 6 0

勝 有原     1勝
敗 スタンリッジ 1敗
S 増井     1S
本 なし


日ハムより多い6安打を放ちながら完封負け。
スタンリッジが日ハム先発有原より4つ多い
5四死球を与えていましたので、出塁数は日ハム
の方が多いですし、唯一の失点も5回先頭の9番
中島卓、1番陽への連続フォアボールが原因
でしたが。

それでも7回まで被安打2の1失点ですから、なん
とか打線の援護が欲しかったところ。

有原が良かったこともありますが、初回岡田が
レフトへのヒットで出塁した後、高濱に強攻させて
併殺打というのも、開幕からバッティングでは
いいところなし。 逆に細谷スタメンに代えない
のが不思議だった今の高濱であれば確実に送らせた
方が良かったように感じました。

開幕戦の大谷相手の時は初回から送りバントをさせ
ていましたから、「有原相手ならなんとかなるだろう」
という思いがあったのかもしれませんが、高濱の
状態がそれ以上に良くなかったということだと
思います。

デスパイネ・角中が好調な中で井上が積極性をはき
違えているようなバッティングになってきているのも
気になります。
26日(土)の試合でもカウント3-0から高めに中途半端に
浮いた変化球に手を出してセカンドライナーに倒れる
なんてこともありましたし。

昨日27日(日)の浦和でのイースタン公式戦を現地観戦
しましたが、「これならすぐ一軍で!」という選手は
見当たりませんでしたし、ナバーロ復帰までは現状の
戦力でのやりくりとなるのでしょうが、開幕カード
勝ち越しという「結果」は出たものの、先に向けて
やや不安要素も感じた昨日の一戦でした。


◆◇◆「昨日の内容のスタンリッジであれば、なんとか打線が援護してあげて欲しかった・・・」という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報585】 大谷をやっと攻略 高濱の好守備も光る

■ヒーローインタビューは角中
DSC00330

 
■試合結果(スコアボード)
DSC00327

 
 
~2015公式戦 9月2日(水) 東京ドーム~
対北海道日本ハム 7勝12敗
2015公式戦通算 56勝58敗1分 4位

北海道日本ハム 2-4 千葉ロッテ

M 200 001 100 4 10
F 000 002 000 2 4
 
勝 石川 9勝11敗
S 西野 1勝2敗29S
敗 大谷 13勝4敗
本 角中6号② 荻野貴2号① 陽5号①

M 石川-内-西野
F 大谷-浦野-石井-ライブリー


今シーズン延べ2試合、18イニングで1点も取れて
いなかった大谷から、初回ノーアウト1塁から
2番角中の先制6号2ランで幸先良く2点を先制。

マリーンズ先発石川は5回までフォアボール1つ
以外はパーフェクトという素晴らしい内容。

そして6回には1アウト1・3塁から6番クルーズ
がセンターへのタイムリーを放ち3点目。

難攻不落の大谷から3点も取ったのですから
そのまますんなりとは… いきません。
なにせ相手がハムですから。


今日は仕事終わりに現地観戦だったのですが、
予想以上に仕事が長引き東京ドームに着いたの
がちょうど6回裏。

 
■22番ゲート脇のビジョン 試合途中経過
DSC00313

 
 
缶ビールをコップに移し替えている最中に
1番陽にこの日のハム初ヒットとなる5号ソロを
打たれ1-3。 
 
■陽に一発を食らい・・・ この日初被安打で
 1失点  この直後田中賢にもやられます

DSC00314

 
先に入っていた友人と落ち合い着席してすぐ
田中賢にタイムリーヒットを打たれ2-3。

まぁ着いた瞬間に見事に打たれ、これでは正に
マリーンズの疫病神
です。

それを払拭してくれたのが7回表 1番荻野の2
号ソロ。 日本ハムのピッチャーが大谷から
浦野に代わっていたとはいえ、貴重な追加点と
なるホームランです。

続く角中もライト前ヒットで出塁しますが、
3番清田の打席で三振ゲッツー。

8回も先頭の5番福浦がデッドボール、クルーズ
がヒットで続きますが、7番の「パワプロ的小技
E」の鈴木大地が何をしたい、させたいのか
わからないまま空振り三振。
6回の「中村の代打井口」後守備に入っていた
三木はセカンドゴロ併殺打。

チャンスは作れど追加点は奪えません。

そして迎えた8回裏、ケガで戦列を離れた大谷
の代役セットアッパー 内がこの日もピンチを
迎えます。

先頭の8番市川にヒット、9番中島卓 陽に
連続フォアボールでノーアウト満塁。

2番西川へもカウント3-1まで行き、「あ~ 押
し出しするぐらいならど真ん中に投げてくれ~
打ち損じるかもしれないし~」
と思って見て
いたら西川がホントに打ち損じてくれ、前の回に
福浦の代走→ファーストの守備についていた
高濱の前へのゴロ。

ここで高濱が好守備を見せます。

捕球した直後、ファーストランナーの陽にタッチ
をしに行きますが、深追いすることなくホーム
に送球し、まずホームフォースアウトで1アウ
ト。

そしてキャッチャー田村がセカンドに送球し
ますが、高濱が陽にタッチをしにいったことに
より、陽のスタートが遅れていた為セカンドも
アウトとなり見事併殺に。

内は続く田中賢を空振り三振に抑え、この回の
大ピンチをなんとかなんとか切り抜けましたが
高濱の一瞬の判断がチームを救ったといっても
過言ではない
でしょう。

9回は先日テレビで「ボークを修正しようと工夫
しても、やはりボークになってしまう」と揶揄
されていたライブリーから、フォアボール2つ
とライブリー自身の悪送球で1・3塁のチャンス
を作りますが、4番デスパイネがカウント3-0
から打ちたいオーラ丸出しだけどバットに当た
らずの空振り三振。

デスパイネももう少し確実性を上げてもらわな
いと… ですね。

公式戦中抜けありのこの成績で年俸2億5,000万
では正直割に合わないと言わざるを得ないですし。

その裏は西野が三者凡退に抑え、そのまま2-4
で試合終了。
途中ピンチはありましたが、久々ハムに勝てま
したね。
 
 
■試合終了
DSC00325
 

DSC00326
 
 
それにしてもこの日の東京ドームは31,077人
の観衆。
試合の途中から開放した3階席はそこまでの
入りではありませんでしたが、それでも平日の
ナイターとしては上々でしょう。

マリーンズ的には如何ともし難い話ですが、
やはり「立地の良さ」「アクセスのしやすさ」
は重要ポイント
であることを再認識させられ
ました。
 
 
■この日の観客席の様子
DSC00315
 
DSC00316
 
DSC00317
 
 
あと、先週土曜日に改善が見られた外野席の
応援ですが、この日はまたなんかグダグダして
ましたね。

外野席を埋め尽くす程のマリーンズファンが
押し寄せているわけですから、せっかく先日
見せた改善の流れを継続できていれば良かった
のですが。

それにしても二次会で「チャンテ1!」「チャ
ンテ1!」の声が上がっても、人気の高いチャ
ンステーマ1は意固地になっているのかと疑いたくなるぐらいやりません
ね。

「応援団」はある意味エンターテイナーな訳
ですから、周囲の期待に適度な範囲で応える
必要性もあるかと。

まぁ、昨今の「応援団」がそこまで高い意識を
持っているとは残念ながら思えないのですがね。


◆◇◆とりあえずハムに勝てて、そして大谷を攻略できて良かった! という方は、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

【会報85】 やっぱり止めたか…

~2014公式戦 5月1日(木) コボスタ宮城~
対東北楽天 3勝3敗
2014通算 14勝13敗1分

東北楽天 8-4 千葉ロッテ

勝 森 2勝2敗
敗 唐川 4敗
本 ジョーンズ7号②・8号①


唐川好きの方には大変申し訳ないのですが、
やっぱり(連勝を)止めたか…
という印象のみです。

3週前は「先発KO→連投で敗戦処理の
リリーフ」。
2週前もまたダメで二軍落ちし、
調整期間を設けて再起を期しての先発登板
「3回1/3を被安打7 6失点」です
から、代役の先発投手がいればもう
すぐにでも先発ローテーションから
外しでしょう。

グライシンガーに復帰のメドがたたない
現状、交流戦までの2回の先発を唐川に
託すのか、最近やっとファームで安定感が
出てきた大嶺祐にバトンタッチするのか
ぐらいしか選択肢はなさそう。
(交流戦は成瀬・藤岡・石川・涌井・古谷
+谷間で大嶺祐 で回せますが)

後は失点の取られ方が良くないです。
初回に井口のタイムリーで1点先制した
ものの、その裏にジョーンズのホームラン
て2失点。

3回にも井口・サブローの連続タイムリーで
2-3と勝ち越すも、4回に「ヒット・フォアボール・
バント・ヒット」であっさり2失点し楽天に
逆転を許す有様。

2番手上野も代わり端にダブルスチールを
食らったり、ジョーンズに一発を食らったりと
散々でしたが、唐川がもう少し粘れていれば
試合の行く末さえもわからなかったと
思います。

あとは9回にヒットは打ちましたが、打率2割前後
から抜け出せない井上も一旦ファームで
調整させた方が良いのでは?

伊東監督は「開幕4番」に据える程評価
しているのはわかりますが、「先発投手」と
違い、バッターは「ファーストを守れる」という
条件だけでも青松・高濱とファームで
「打率.360」前後の好調打者がいますので。



◆◇◆後援会の発展に向け、ぜひクリックをお願いします◆◇◆

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
記事検索
にほんブログ村 ランキング